価値を上げる

身なりを整えることが大切にされる女性になる一歩

手っ取り早く大切にされる女になるには身なりを整えること。

身なりを整えるとは、たとえばシワシワの洋服を着ないことや、いかにも「安物」と思わせるような安い生地の洋服を着ないこと(これは年齢によります)。

髪にも手入れが行き届いていて、メイクも濃すぎず薄すぎず、TPOにあっているメイクであること。

汚れたスニーカーや、擦れて傷がついているヒールやサンダル、ブーツを履かない…など。

もしあなたが、周りから、好きな男性から「大切にされていない」と感じるなら、身なりを整えることから始めるといいでしょう。

身なりを整えると大切にされる女になる理由

人は相手の身なりよって態度を変えることが、世界のさまざまな実験で証明されています。

シワシワのシャツに汚れたスニーカーを履いている女性より、アイロンがかけられたシャツに磨かれたヒールを履いている女性のほうが大切にされることは、想像がつきますよね。

冬なら毛玉がついたニットを着ている女性より、毛玉がついていないニットを着ている女性のほうが、大切にしたいと思わせます。

「人間は中身だ!」
「人を見た目で判断するなんて!」

と騒いだところで、人は視覚からの情報が約90%をしめ、どうしたって見た目で判断してしまうものなのです。

そして、中身が外側に現れているのであり、身なりを整えている女性は、自分のことを大切にしている、ということ。

あなたは、自分の大切な人に、「これ着て!」とシワシワなシャツをプレゼントしないでしょう?

ちょっとしたプレゼントでも、そのまま「ハイ!」と渡されるより、綺麗にラッピングされているほうが、より価値を感じてしまうのと同じで、

身なりが整っている女性は価値があると感じさせるのです。

人が大切にしようと思うものも「価値がある」と感じるもの。

身なりを整えるだけで価値があると感じさせ、大切にされる女になるのですね。

身なりを整えることは相手を敬うことにもなる

身なりを整えることは、相手を敬うことにもなります。

もしデートで相手の男性が、まるで家着のような服装で現れたらどう思うでしょうか?

「もう少しお洒落してきてくれてもいいのに!」
「私のこと好きじゃないのかな」
「私のこと大切に思ってくれていないのかな」
「今日のデート、全然楽しみじゃないのかな」

などと感じるでしょう。

反対に、すごくお洒落をしてきてくれたら、「私とのデートを楽しみしてくれたんだ!」と嬉しくなりますよね。

身なりを整えるということは、相手にたいしても「大切な人だと思っていますよ」と伝えていることになるんです。

高級ホテルのスタッフさんの洋服がシワシワだなんて見たことがありませんよね。

身なりを整えるとは自分のためでもあり、相手を不快にしないためでもあるのですね。

なにを着るかで自己イメージも変わる

私は、ファッションは自分の好きなテイストの洋服を着るのが一番だと思っていますし、実際に男ウケより自分ウケするファッションのほうが、自分らしさが発揮でき、それが魅力につながります。

しかしそれでも、女性らしいファッションをするだけで男性からの扱い方が変わるのも事実。

そしてある程度年齢を重ねた女性なら、全身プチプラで身を固めると、どこかで安っぽさが出てしまいます。

私もプチプラのお店でお買い物はしますが、全身プチプラで固めることはまずありません。

というのも他にも理由があって、1,980円のスカート、990円のブラウスなどプチプラで身を固めていると、「私は安物を着ている」というセルフイメージが出来上がってしまうからです。

他人にはプチプラに見えなくても、自分は「安物を着ている」と知ってしまっているので、セルフイメージが下がるんですね。

(この値段は、その人が感じる安い、高いになる値段になります)

アクセサリーにしても、私も300円ショップのイヤリングを買うことはありますが、彼とのデートのときは3,000円のイヤリングをつけるなどしていました。

値段の違いだけで気分が違ってくるからです。

女性って自分に手をかけてあげることで心が満たされてしまう生き物。

自分のできる範囲で自分にお金をかけてあげることも大切なことなんですね。

ファッションは自己肯定感にも影響を与えます。

ファッションを変えることで自己肯定感を高めることにも繋がっていくし、理想の自分が着ているであろうファッションを先取りして着ていると、本当に理想の自分になっていく。

無理に高い洋服を買うことをすすめているワケではなく、安くても「可愛い♡」とキュンときた洋服は買って正解!

ただ、「安いから」という理由で買うクセがついてしまうと、「私は安物を着るのにふさわしい」というセルフイメージがついてしまう、ということです。

これは下着など見えない部分も同じで、着古された下着を自分につけていると「私はこの程度」というセルフイメージがつき、これをメッセージとして周りにも発信しています。

もし、あなたが「私はちゃんと素敵な洋服をきて身なりを整えているけど、大切にされていない」と感じるのなら、

着古した下着をつけていたり、見えない部分に手を抜いて「私はこの程度」という無意識のセルフイメージを、まわりに発信しているのかもしれません。

一見綺麗な女性がぞんざいに扱われるのも、こうしたセルフイメージの低さにあるのです。

男性は女性の口元に目がいく…
歯医者のホワイトニング

スターホワイトニング
ABOUT ME
イトイハナ
イトイハナ
【愛されオンナ研究家】男性心理を中心に心理学や引き寄せの法則を学び思考を変え、追いかける恋愛から大好きな人に愛される恋愛が叶う。その経験などを元に”スルッと愛される女になる!” をテーマに恋愛ブログを執筆中。パートナーと暮らしながら、愛される女性について研究しています。→プロフィール