恋愛がうまくいく方法

恋愛に年の差は関係ない!気にするからうまくいかないだけ

ハッキリ言って、恋愛に年の差は関係ありません。

女性の場合に多いのは、うんと年下の男性を好きになり、自分の年齢や相手の男性との年の差を気にしてしまうというもの。

せっかく誰かを好きになったのに、「うんと年上の私は相手にされないだろう」と何もせずに諦めてしまう女性もおり、なんてもったいないのだろうと思ってしまいます。

男性は本気で好きになれば年の差なんて関係ありません。

むしろ女性のほうが、年の差を気にしすぎて恋愛をダメにしてしまうのです。

年の差を気にするから恋愛がうまくいかない

「私は若くないから無理だ」と自分の年齢を気にするほど、周りに現れるのは、女性を年齢で見るような男性たちです。

自分が自分にたいして思っていることを、外側の世界は見せてくれるから。

SNSを見ながら「年の差のある恋愛はうまくいかない」などの情報を脳はキャッチし、そうして自分から「やっぱり無理だ」とあきらめようとします。

「無理だ!」と思っていると、脳は「無理だ」の証拠集めをしてしまうんです。

そして自分から恋愛の幕を閉じる行動を、無意識にとってしまう。これが人間に備わっている防衛本能ですね。

だから、年齢を気にする人ほど、年の差のある恋愛はうまくいかないのです。

また相手の男性はあなたとの年の差にたいして何も感じていないのに、女性のほうが年の差を気にしていると、

そのうち男性のほうも「やっぱり年の差がある恋愛はうまくいかない」と思いはじめます。

男性は気にしていなかったはずなのに。

もちろん逆パターンもあって「年上の男性からみたら、うんと年下の私なんて子供に思うのだろうな」なんて思っていると、

相手の男性はあなたに対して子供扱いなんてしていないのに、女性のほうが「やっぱり子供扱いされている」と、すべてを自分が思っている方へ結びつけてしまう。

そしてやっぱり、自分から恋愛の幕を閉じようとするのですね、無意識に!

恋愛に年の差なんて本当に関係ありません。

気にしているからうまくいかないだけなんです。

恋愛に年の差は関係ない

「年の差のある恋愛はうまくいかなかった、長くつづかなかった」というのなら、それは、年の差が原因ではなくて、ほかのところに原因があったのでしょう。

都合のいい「年の差」というワードを持ち出しているだけで、年が近くても価値観が違って別れることもあれば、すれ違いで別れることもある。

もちろん大前提として「好み」という問題はあり、私も年下の男性が好みです。

しかしこれも、相手が魅力的であれば年齢を覆すことだってあるのでしょう。

要するに恋愛は「魅力を感じるか、感じないか」なのだから。

これから、ひと周りほど年上の女性に恋をした男性のはなしと、ひと周りほど年下の女性と結婚した男性の話をご紹介します。

「あー、年の差って関係ないんだなぁ」と感じることでしょう。

ひと周り年上の女性に恋をした男性

私の男友達に、年上の女性に恋をしている男性がいます。

相手はひと周りほど年上の女性です。

そして彼は、もともと年上の女性が好き、というわけではなく、なんと、今までの彼女はみんな年下なんです。

しかし、仕事で彼女と接しているうちに、仕事ではとてもしっかりしているのに、たまに見せる無邪気さや、優しさ、屈託のない笑顔にどんどん惹かれていきました。

(年上のお姉さんなのに、可愛い!というギャップに男性は弱い♡)

最初は「ひと周りも年上の女性を好きになることなんてあるのか?」と自分の気持ちに疑問を抱いたのですが、

その気持ちとは裏腹にどんどん好きになっていき、彼は勇気を出してお誘いし、一緒にデートまでする仲になりました。

しかし彼女は年上の余裕なのか、モテる女性の定番!?である思わせぶりな態度で、イマイチ本心がわからない。

ということで、私に相談してくれました。

彼の周りの人に話すと「ひと回りも年上の女性なんてやめた方がいいんじゃない?」という人もいるのだそう。

彼と同じぐらいの年齢で可愛らしい子は、職場にもたくさんいるのに、なぜあえてその人なのか、と。

しかし彼いわく、

「本気で好きになったら、周りの反対なんて関係ないし、年齢なんて全然関係ない!」

「彼女じゃないとダメなんです。」

とのこと。

(これだけカッコいいことが言えるなら、年下NGの女性だって、惚れちゃうってものですよね。)

そして、彼にとって気になるのは、相手の年齢より自分の年齢です。

「やっぱり、年上の女性にとって、俺は物足りないのではないか。」と感じており、「女性にとっての包容力ってどういうこと?」などと、可愛らしい質問をしてくれました。

そんな彼は、私から見ても年下なのですが、私はもともと年下の男性とお付き合いをしてきたので、

「年下でも全然大丈夫だよ〜!」

と言うと、彼はホッとした顔をし、私が年下男性のよさを熱弁すると、「彼女を振り向かせるために頑張る!」と、とてもフレッシュな笑顔を見せてくれました。

日本ではどうしても、女性は若い方がいい、みたいな文化が根付いているので、とくに恋愛の場面では年齢を気にしてしまう女性も多いかもしれません。

しかし年齢を気にするから、年齢を気にする男性が周りに現れるのは、最初にも書いたとおりです。

私の周りでも、アラフィフで結婚をした女性を二人知っています。

もし今、あなたが年下の男性を好きになっているのなら、以下の記事も読んでみてくださいね。

年下の男性を好きになった時に大切な3つのこと
年下の男性を好きになった時に大切な3つのこと私は年上の男性とはお付き合いをしたことがありません。 と言うと驚かれることが多いのですが、一人をのぞいて(同じ年)、みんな年下の男...

大切なのは、年齢を気にすることではなくて、魅力的であること。

やっぱり、人を惹きつけるのは、その人の魅力なのだから。

もっと自分の魅力を信じて、恋愛を楽しみましょうね。

ひと周り年下の女性と結婚した男性

そして反対に、ひと周りほど年下の女性と結婚をした男友達もいます。

なんと彼女は大学生!

男性のほうが完全に惚れていて、そもそものところで男性も女性も年の差をまったく気にすることはない様子でした。

女性のほうに余裕があり、男友達は彼女のマイペースな性格に翻弄されていて、「返信がこない!」などヤキモキしていたのも、今となっては懐かしい思い出。

男性は「早く自分のものにしたい!」と付き合って早々にプロポーズをし、すぐに結婚となりました。

しかしこの男友達、最初は私を狙っていたんです(笑)。

私がまったく興味がなかったのでいつの間にか仲のいい友達になりましたが、つまり年齢は関係ないとうことですね。

男性は女性の口元に目がいく…
歯医者のホワイトニング

スターホワイトニング
ABOUT ME
イトイハナ
イトイハナ
【愛されオンナ研究家】男性心理を中心に心理学や引き寄せの法則を学び思考を変え、追いかける恋愛から大好きな人に愛される恋愛が叶う。その経験などを元に”スルッと愛される女になる!” をテーマに恋愛ブログを執筆中。パートナーと暮らしながら、愛される女性について研究しています。→プロフィール