愛される女になる

職場の片思いしている男性へのアプローチ法

職場の片思いしている男性へのアプローチ法

現在はフリーランスとして働いている私も、以前は会社員をしていました。派遣をしていたこともあります。

そして、ガッツリとした職場恋愛ではないものの、常駐ではなく、たまーによそから職場に来る男性とお付き合いをしたことがあります。

その時は、「カッコいいなぁー」と思っていたら、相手からアプローチされて、割とすんなりとお付き合いができました。

このブログでよく書いている「好き♡」はチラ見せしても、「どうにかしたい!」は出さない、ってやつですね。

なので、職場恋愛でも「好き」のチラ見せ+どうにかしようとしない、は有効ですが、今回はまた別のアプローチ法を書いていきたいと思います。

さて、私は以前、ある劇団と深く関わる仕事をしていました。

その劇団の劇団員さんのほとんどが男性で20人ぐらいはいたと思います。

で、その中でひとりの男性と仲良くなりました。

まだLINEが普及していない頃で、携帯メールでたまーにやり取りをするようになりました。

それである日、仕事でその劇団の稽古場へ足を運んだんですね。

劇団員さんに「お疲れ様です」と声をかけていたんだけれど、その仲良くなった彼と目があった時、

私は無意識に「お疲れ様です」とは声をかけずに、誰にもバレないような素振りで小さく手を振ったんです。

ふつうに「お疲れ様です」と声をかければいいだけなんだけど(笑)、なんだか気恥ずかしくて。

で、その夜、彼からメールが来ました。

「今日、すっごくドキッとした!」って。

それからストレートに誘われるようになって、私は恋愛感情はまーったくありませんでしたが、その頃も男友達とはよく二人で遊んでいたので、彼とも友達になれるかもと、お台場に遊びに行ったりするようになりました。

結局、告白はお断りをしたんだけれど・・・。

同じようなことは趣味のサークルの場でもあって、そのサークル内の男性とLINEでやり取りするようになりました。

だけど月に2回のサークルで会う時には、彼とはあからさまに仲良くしたりはしないで、先ほど手を振ったように、彼にだけわかるように笑いかけたりしていたら、

やっぱり好意をもってくれました。

そんな私が導き出した、職場での片思いを成就するアプローチ法がコレ!

といっても、もうほとんど書いていますが・・・

・とりあえずLINEできる仲になる!
・職場ではよそよそしく!
・彼にだけわかる合図を!

です。

そもそも、デフォルトでは男性にとって女性って上の存在なんです。

女性にあまり慣れていない男性にとっては、話しかけることもできなかったり、ましてやボディタッチなんてできません!

相手が好きな男性となると、その男性を崇めすぎてしまって、勝手に女性自ら下の立場になろうとしてしまいます。(私は何度も経験済み)

そうすると、片思いが成就しにくくなるんです。

なので、このアプローチ法は「私は女なのよ♡」という余裕をもって、進めていってくださいね。

片思いの男性の下手に出てしまっては、片思いはなかなかうまく行かなくなってしまうんです。

さて、このアプローチ法がなぜ効くのか?

それは、

・あなたは私にとって特別よ感
・二人だけの秘密感

が、職場での片思いを加速させるのではないかと思います。

あえて、職場では仲良くしすぎないことで、プライベートでLINEをしていることが、二人だけの秘密になってしまう。

女性は特別扱いされるのが好きですけど、男性も特別扱いされるのがどうやら好きみたい。

むかし、何かの本で、男性は特別扱いされても何も思わない!というのを読みましたが、私の経験では、男性も特別扱いは喜びます。

そもそも男性は「俺は他の男とは違う!」と思いたい生き物ですからね。

だけどね、

この特別扱いもやっぱり、自分よりちょっと上にいる女性からだから、特別扱いが嬉しかったりします。

しかし「えー、私自信ないしー」という女性でも大丈夫!

先ほども書いたように、男性にとって、デフォルトでは女性は上にいるんです。

片思いの男性を必要以上に「上」の人にしないで、そして自分で勝手に「下」に行かなければ、大丈夫ですからね!

男性だって、女性からキッカケをつくってくれないと、なかなか自分からは行けない場合も多いんです。

それはやっぱり、女性を上だと思っているから。

もしまだ、片思いの男性とLINEをするような仲でないのなら、まずはLINEからはじめてみてくださいね。

私も利用してます♡OZmallが厳選したエステサロンで綺麗になろう。

イトイハナのお気に入り
イトイハナのお気に入り

美容系や雑貨、ファッションなど、私のお気に入りアイテムをたまに更新していきます。お時間があれば、ぜひのぞいてみてくださいね。

イトイハナのお気に入り