モテる女になる

ちょっとぐらい図々しい女性はモテる

ちょっとぐらい図々しい女性がモテる

図々しい女性って、あんまり好きじゃないなぁ。

と女性なら思うかもしれません。

私も図々しい女性ってなんか嫌だなぁ〜と感じてしまいますし、実際に、図々しいというと、あまり良い意味では使われませんよね。

しかし男性にとっては、遠慮の塊である女性より、ちょっとぐらい図々しい女性の方が好きです。

そして、ちょっとぐらい図々しい女性はモテます。

「あの女の人、すごく図々しい!」と不満を漏らすのは、同じ女性である場合が多いのも、それを表しています。

図々しい女性って、なんでそんなに図々しいかと言うと、「私は嫌われる」なんて思っていないから。

つまり、図々しい女性って、セルフイメージが高いのです。

「私ってこんなに可愛いから♡」
「私ってすごくモテるから♡」
「私ってすごく魅力があるから♡」
「私って人に好かれるから♡」

と、図々しいぐらいにセルフイメージが高いので、恋愛もうまくいきやすいのです。

人はどうしてもセルフイメージの通りに行動してしまいます。

私は可愛くない、魅力がないと思っていれば、恋愛でも積極的になれませんし、好きな人を必要以上にスゴイ存在にしてしまうので、相手と対等になれません。

そうすると、好きな男性からは下に見られてしまい、それ相応の扱いを受けてしまったりするのですね。

反対に、図々しい女性はセルフイメージが高く、「こんなことを言ったら嫌われちゃうかも」「こんなことをしたら男性に好かれないかも」など思わないので、

たとえば、飲み会でも、図々しい女性はサラダを取り分けることをしません。

なんなら男性に「○○くん、サラダ取り分けて〜」なんて言っちゃうかもしれません。

そうすると、同じ女性からは「○○さん、何にもしないで、食べて飲んで、男と喋って!」とムカつかれてしまいます。

しかしその一方で、男性には「あれ取って〜」「私も、それ飲みたーい!」なんて遠慮することなく言えてしまい、

男性は、せっせとサラダを取り分ける女性より、何にもしないけど、図々しくお願いごとをしてくれる女性に「ズキュン」と心を射抜かれたりするのですね。

私の友人の、旦那さんに溺愛されているAちゃんも、そう。

まぁ、私はAちゃんの図々しさは全く気にならないのですが、「一緒にお茶でもしよ〜」という話になると、

「時間はこれぐらいがいいな〜♪」
「待ち合わせはココがいいな〜♪」

(と言いながら、当日、Aちゃんの都合で変更になったりする)

てな具合です。

「時間はこれぐらいでどうかな?」
「待ち合わせはココでどうかな?」

じゃないんです。

「○○がいいな〜」と「○○でどうかな?」は似ているようで、全然違いますよね。

「いい子でいなきゃ!」と思ってしまう女性は、「○○がいいな〜」なんて図々しくて言えないかもしれませんが、

愛される女性は「○○がいいな〜」と言えてしまうのです。

さて、文章だけ読むと、「なんだかAちゃんって嫌だわ!」と感じてしまうかもしれませんが、なんで私はAちゃんの図々しさが気にならないのかと言うと、

「私を信頼してくれているんだな」というのが伝わるから。

「○○でどうかな?」じゃなくて「○○がいいな〜」は、信頼の証、なんですね。

図々しいにも2種類あって、

単なる傍若無人な女性と、相手を信頼している女性です。

そして、男性にモテてしまうのはもちろん、相手を信頼している方の図々しい女性です。

飲み会のサラダにしても、男性に「私サラダ取り分けるの下手だから、○○くん、サラダ取り分けて〜」なんて、普通の女性は言えません。

だけど、男性にとってみれば「俺を信頼してくれてる」と思わせるのですね。

こういう図々しい女性は、男性と距離を縮めるのが上手です。

だって、そんなに仲良くない人に、図々しいお願いごとって、普通はできないでしょう?

だけど、図々しい女性は、いとも簡単に、そんなに仲良くないうちから図々しさを発揮できるので、男性との距離もスルスルと縮まっていきます。

友人のAちゃんにしたって、「私だから、こんな図々しい態度を見せてくれるんだな」と、私に思わせます。

男性にモテて、大好きな人に愛される女性って、いい子じゃないんですよね、こういう、ちょっとぐらい図々しい女性なんです。

図々しいって、文字だけ見ると嫌な印象がありますが、相手を信頼しているからこそ、図々しくなれます。

そういうところが、男性にとってはたまらなく可愛いのですね。

私も利用してます♡OZmallが厳選したエステサロンで綺麗になろう。

イトイハナのお気に入り
イトイハナのお気に入り

美容系や雑貨、ファッションなど、私のお気に入りアイテムをたまに更新していきます。お時間があれば、ぜひのぞいてみてくださいね。

イトイハナのお気に入り