愛されオンナ磨き

安い女は雑に扱われる

安い女は雑に扱われる

スポンサードリンク

我が家にはわりと多くの食器があるのですが、100均で買ったものもあれば、お皿ひとつが2,000円以上するような、作家さんがつくった食器もあります。

かりに100円と2,000円だとして、たった1,900円の差です。だけど、この差が大きい。自分のなかで、100円の食器に対する扱いと、2,000円の食器に対する扱いが、申し訳ないですが、全然違ってくるのです。

そして、もし仮におんなじようなデザインの食器がふたつあって、一方が100円、一方が2,000円だったとします。そうするとやっぱり、見た目はほとんど同じにも関わらず2,000円の食器のほうが価値があって、よく見えてしまう。そして扱いも丁寧になりますし、大切にしようと思います。

だけど実は・・・勘違いで100円の食器と2,000円の食器が逆だったとします。そうすると、100円だと思っていた食器の価値がうんと跳ね上がり、よく見えてしまうのです。

人間は、高いものには価値があると思い込むし、高いものは丁寧に扱おう、大切にしようと思うもの。

そして反対に、安いものにはなかなか価値を見出そうとしないし、安いものは雑に扱ってしまいがちです。雑に扱ってもいいと思ってしまうのです。

不思議なもので・・・私にはお気に入りの300円ショップがあるのですが、そのショップに「可愛いなぁ」と思う食器がありました。でもその食器は300円じゃなくて、700円ぐらいしました。

そして、私がお気に入りの雑貨屋さんがあるのですが、そのお店で「これ、素敵だなぁ」と思った食器が500円ぐらいで販売されていました。

といっても、小さな食器なので、500円ぐらいでも、まぁおかしくはないのですが、

安いものを販売するお店の700円より、高いものを販売するお店の500円の食器のほうが、うんと価値があると思ってしまうのです。そして、素敵に見えるのです。

みなさんも、コンビニで買ったビニール傘なら、もしどこかに忘れてしまっても、「あ、しまった!」と思うけれど、「まぁ、いいや」って思ってしまいませんか?

だけどそれが、デパートやお気に入りのお店で買った傘だとしたら、ビニール傘を忘れたときに比べて、「あーー忘れたーー」というショックが大きいと思います。

人は、そのものの価値よりも、そのものに付随するものによって、価値を判断してしまう傾向があります。

その最たるものが、安いか高いか、です。

ほとんど見た目がおんなじでも、安いか高いかによって、その価値が変わってしまう。

これは人にも言えることで、

好きな人にとって安い女に認定されてしまえば、残念ながら価値が低く思われてしまうし、扱いも雑になります。

そして、好きな人にとって高い女に認定されれば、この女性は価値があると思ってくれるし、扱いも丁寧になり、大切にされます。

それではさて、男性にとって安い女とは、どんな女性のことを言うのでしょうか?

それは・・・

自分の言うことをなんでも聞く女性。
自分に媚びへつらう女性。

「彼に嫌われたくない!」と思って彼に接する女性は、好きな彼にとって、安い女になってしまいがちです。

そして、俗に言う「簡単に手に入る女性」も、やっぱり安い女に思われてしまいます。安いものって簡単に買えるでしょう?だから、簡単に手に入るものって、安いと思ってしまうのです。

どちらにしても、

安い女になるか高い女になるかは自分次第ですし、一度安い女だと思われてしまっても、あとからいくらでも高い女になることは可能です。

自分で自分をどう思っているか。

自分で自分を価値があると思い、自分を大切に扱うことをすれば、男性にとって安い女にはなりません。

自分より好きな彼を優先してしまうから、その彼にとって安い女になってしまう。

誰よりも大切な自分は一番優先すべき人です。

食器の例で、300円ショップの700円より、雑貨屋さんの500円のほうがよく見えると書きましたが、

ハロー効果って聞いたことがありますか?

たとえば、趣味の場で知り合った男性がいるとします。とくにその男性に対してなにも思わずに過ごしていたある日、その男性が会社を経営していると知ったとします。

その瞬間に、その男性に対して、「すごい人なんだ!」「仕事ができる人なんだ!」といいイメージがついたりするわけです。

これがハロー効果です。

これはもちろん女性にも言えることで、「じつは管理栄養士の資格を持っていた!」となれば、料理が上手で家庭的な女性に違いない、健康に気を使うちゃんとした女性だろうな、といい印象を与えることができてしまう。

300円ショップという「安さ」を売りにした肩書きでは、そこに置いてあるものはどれも安く見えてしまいます。

(まぁ、私は300円ショップ大好きですけどね!)

仮にまったく同じものが、人気のセレクトショップに置かれていたら、300円ショップに置かれているより、いいものに見えてしまうのです。

つまり、

自分の印象はコントロールできるということ。

単純に身なりを綺麗にしておくだけで、いい印象を与えることができるし、反対に服装に無頓着だったり、シワシワの服ばかり着ていれば、安っぽい印象を与えてしまいます。

大好きな彼に雑に扱われている、大切にされていないのは、必ずしも彼が悪いのではなく、自分で「雑に扱ってもいい」という安い女に成り下がっている可能性が大きいです。

だから、「自分は安い女じゃないわよ!」と、誘いを断って、簡単に手に入らない女性になればいいかとうと、

残念ながら、ただ単に誘いを断るだけで安い女を脱却できるとは限りません。

それ以前に、男性がその女性にどれだけの価値を感じているかが大きく影響してきます。

それが、自分を価値のある女性として大切に扱う、ということ。

自分は価値があると再認識して、それにともなう行動をしていくことで、安い女を脱却できるのです。

スポンサードリンク