愛される女になる

恋愛では女性が尽くすとうまくいかない

恋愛では女性が尽くすとうまくいかない

私が恋愛のことを勉強して驚いたことの一つが、女性が尽くすとうまくいかない、ということです。

驚いたと同時に、たしかにこれまで尽くしまくってうまくいかなかった・・・とも思いましたけれど。

女たるもの、男性に尽くすのが当たり前だと思っていたし、好きな人には尽くしたい!って思ったし、尽くせば尽くすほど、「こんなイイ女はいない!」と男性が思ってくれるだろう、なんて思っていました。

男性は、健気に尽くしてくれる女性が好きなのだと思い込んでいたのです。

ところがどっこい!

女性が尽くすのではなく、男性に尽くしてもらったほうが恋愛は断然うまくいくのです。

それはなぜかというと、男性は自分が尽くした女性に愛情が募っていくからなんですね。

女性に尽くしてもらったからと言って、「ありがたいなぁ」とは思っても、好きにはならないし、むしろ余計なお世話!なんて思われてしまう場合もあるのです。

もう長年、男性に尽くすことを当たり前だと思っていたので、「女性は男性に尽くさない方がいい」と知っても、すぐには尽くすことをやめられませんでした。

女性なのに気が利かない女だなぁ、と思われて嫌われるのではないかという思いが拭えなかったのです。

さんざん彼氏に尽くしてきて、ことごとく恋愛がうまくいかなかったのに!

過去の恋愛では、彼氏に尽くしても思うように愛情をもらえなければ、「まだ尽くしたりないんだ!」と、ますます尽くすばかりで・・・。

一方的に尽くす恋愛が長くつづくはずはありませんよね。

彼氏はべつに、私に尽くされたいなんて思っていなかった。

よく「尽くすのに疲れた」なんて発言を聞きますが、男性は「尽くしてくれ!」なんて頼んでいない。

女性が勝手に尽くしているだけです。

女性が尽くせば、男性は尽くすことができなくなります。

もし、彼氏が全然尽くしてくれない!と嘆いているのだとしたら、それはあなたが尽くしているからなんですね。

男性は愛する女性のために尽くしたいと思っているのに、そのチャンスを与えられず、なんだか物足りない思いをしているのですよ!

そもそも尽くすとはどいうことかというと、「彼のために」がベースになっている行動です。

大好きな彼のために、何かをしたくてしょうがない!

大好きな彼を喜ばせたくて、大好きな彼の役にたちたい!

この思いが「尽くす」という行動につながります。

「彼のために」をやめると愛される!
「彼のために」をやめると愛される!先日、日本テレビの番組『有吉ゼミ』で放送された「ヒロミ、ハワイの別荘を作る完成披露SP」はご覧になりましたか? といっても、私も全...

もちろん、「彼のために」何もしてはいけないわけではありません。

「俺のために頑張って料理をつくってくれた!」という思いは男性も嬉しいものです。

しかし、女性が「彼のために」をベースに行動することが当たり前になっている恋愛は、女性が追いかける恋愛になっています。

「俺のために」が嬉しいのは、女性が一方的に追いかけていないから。

男性と女性の気持ちの大きさが同じぐらいか、男性の気持ちの方が大きいからこそ「俺のために」が嬉しいのですよ。

「彼のために」という思いが強くなればなるほど、男性はあなたの気持ちでお腹がいっぱいになるだけです。

私が尽くすのをやめて、尽くされる恋愛ができるようになって気づいたのは、私に尽くす彼がとても幸せそうだということです。

私のために何かをしたいし、私を喜ばせたい。

それが、とても嬉しそうなんです。

いま、彼氏に尽くしていて全然恋愛がうまくいっていないのなら、尽くすのをやめてみてください。

尽くすことが当たり前になってしまっていると、やめることも勇気がいりますが、いま尽くしていて愛されないのなら、これ以上尽くしても愛させることはないでしょう。

それよりも、男性に尽くしてもらってください。

尽くさせてあげて、あなたを愛する喜びをプレゼントしてあげてください。

女性ががやるべきことは、「彼のため」に何かをするのではなく、「自分のため」に自分に尽くしてあげることです。

そして、彼が「あなたのため」に何かをしてくれるようになったら、「ありがとう♡」と受け取ってあげること。

そうすると彼は、あなたからの「ありがとう」が聞きたくて、あなたの喜ぶ顔が見たくて、尽くしてくれるようになりますよ。

愛される女性は、本当に受け取り上手です。

私も利用してます♡OZmallが厳選したエステサロンで綺麗になろう。

イトイハナのお気に入り
イトイハナのお気に入り

美容系や雑貨、ファッションなど、私のお気に入りアイテムをたまに更新していきます。お時間があれば、ぜひのぞいてみてくださいね。

イトイハナのお気に入り