愛され力を磨く

男性に守ってもらおう、大切にしてもらおう!

男性に守ってもらおう、大切にしてもらおう!

先日テレビをつけていたら、ヒロミさんとオリエンタルラジオの藤森さんが、一般のご家庭にドッキリ訪問するというコーナーをやっていました。

そのお宅の長男(小学生)がヒロミさんが大好きらしくて、ヒロミさんは、終始その男の子と一緒にいたのですが(優しいですよね〜ファンの男の子とずっと一緒にいてあげてるなんて!)

「ちゃんとお母さんを守るんだぞ!」

とその男の子に言っていました。

まぁ、それはよしとして、

お母さんが、「ヒロミさんのつくるパスタが食べたい!」とリクエストをしたので、ヒロミさんと男の子は一緒に買い出しに行き、そしてパスタをつくりました。

で、ヒロミさんのつくったパスタを食べた男の子が、言いました。

「お母さんがつくるのより美味しい」

って。

子供なりに、ヒロミさんが喜ぶかなと思って気を遣ったのではないかと、私は思いました。

そして当然、ヒロミさんも嬉しそうな顔をするんだろうなぁと思っていました。

しかし!

テレビではそれほどクローズアップされてはいませんでしたが、

「お母さんがつくるのより美味しい」

と言った男の子に対して、ヒロミさんは、

「そんなこと言っちゃだめ!」

と口にこそしませんでしたが、そう言っているのだろうなという表情をしていました。

これには私もとても驚きました。

お母さんがいる前で、そんなこと言っちゃだめだぞ、って男の子に諭したんですね。

そして、思ったんです。

ヒロミさんにとって、女性は守るべき存在で、大切にするべき存在なんだなぁと。

「なんて優しくてかっこいい男性なんだ!」と。

そして、そのことを小さな男の子に教えているんだな、と。

そうなんです、

女性は守られるべき存在で、大切にされるべき存在なんです。

いま、彼氏からないがしろにされていたり、雑な扱いを受けているとしたら、あなたは、あなたが守られるべき存在で、大切にされるべき存在なんだ、ってことをすっかり忘れてしまっていると思います。

だから、思い出してほしのです。

とはいっても「女性は守られるべき存在なのよ!」「男性は女性を守って当然なのよ!」という態度でいては、男性も守りたい、なんて思わないでしょう。

そうじゃなくって、

自分のなかで「男性に守ってもらう、大切にしてもらう」ことを許可する、ということです。

本質的に、男性は女性を守ろうとします。
とくに好きな女性を守りたいと思います。

しかし、あなたが許可をしていないと、男性も守ることができません。

男性に「守ってほしい」と訴えるのではなく、「わたしは男性に守ってもらっていいんだ」と認めること。

なにかあると男性から助けてもらえる女性と、そうでない女性の違いは、「守られるべき存在なんだ」と認めているか、いないかだと思うんです。

認めているから、できないことはできないと言うことができるし、男性に弱い部分も見せられてしまう。

へんに一人で頑張ろうとしないし、自分を自分以上に大きく見せることもしません。

そうゆう女性には、男性からみて守りたくなる隙が生まれるのです。

彼氏からないがしろにされたり、雑な扱いを受けていると感じている女性は、一人で頑張りすぎているのかもしれません。

ふたりの関係をうまくいかせようと、一人で頑張っているのかもしれません。

だから、一度頑張るのをやめてみてください。

そして、「わたしは男性に守られていい」って認めてあげてください。

ヒロミさんをみて「なんて優しくてかっこいい男性なんだ!」と感じたように、女性を守る、女性を大切にする男性って、すっごくかっこいいんです。

そして、男性って、かっこよくいたいんです。

だから、女性を守る、女性を大切にすることは男性にとっても望みなのです。

売れてる恋愛・結婚本TOP100
売れてる恋愛・結婚本TOP100

わたしも恋愛本を何冊も何冊も読んで研究しました!どの恋愛本を読もうか迷っている方は、Amazon.co.jpで売れている「恋愛・結婚本」のランキングをチェックしてみましょう。ランキングは1時間ごとに更新されます。

>> 売れ筋ランキングを見る!