引き寄せ力を磨く

どうしても彼からの愛を感じられないのなら

どうしても彼からの愛を感じられないのなら

前提というのはとっても大切で、彼から愛されている前提で彼に向き合うのと、彼に愛されていない前提で彼と向き合うのとでは、あなたの彼に対する行動が違ってきます。

行動が違えば、とうぜん結果も違ってきます。

彼に愛されていないと思い込んでしまっていると、無意識にも、そうゆう結果に導いしてしまう行動をとってしまう、ことが多いです。

愛されていないと思い込んでいれば、あなたの脳は、愛されていない理由を探すようにプログラミングされてしまい、どんどん愛されていない現実ばかりを見てしまいます。

そんなことをしていては、とうてい彼に愛されている現実はやってこないでしょう。

あなたは、愛されていない現実じゃなくて、愛されている現実を見たいのですよね?

だったら、彼に愛されているという前提、愛されていると思い込むこと、です。

とはいっても!

「でもでも、やっぱり、愛されているように思えない!」

という方もいるでしょう。

そんな時はどうしたらいいかというと、

彼から愛されている、愛されていないは、ひとまず横に置いておきます。

で、彼がどうであろうと、

わたしは彼を愛している。

という、ただただあったかい「愛」の気持ちで彼を思うのです。

恋愛がうまくいかない女性は、彼に対する「愛」をどこかへ忘れてしまっていることが多いです、とっても。

彼を自分の「敵」であるかのように、「どうしたら彼を不安な気持ちにさせることができるだろうか」とか、彼に対して「なんで私ばっかりこんなに寂しい思いをするんだろう。ムカつくなぁ!彼も寂しい思いをすればいいのに!」

などと、

彼を攻撃することを、ついつい考えてしまいます。

「彼にギャフン!と言わせてやりたい!」なんてのは、「愛」とはいいませんよね?

こんな気持ちでいれば、相手にはどうしたって伝わってしまうものです。

たとえば、あなたには「あの人、わたしのこと苦手に思っているだろうなぁ」と感じる人はいませんか?

あからさまに態度で示してくる人は置いておいて・・・、そうではなくて、なんとなーく、「ちょっと私のこと苦手なんだろうなぁ」という人。

人って、目には見えないけど波動を発しているから、無意識に感じ取ってしまうんです。

つまり、あなたが彼に対して「愛」ではなく「敵」のように思っていれば、彼もなんとなーく感じてしまうわけです。

そうやって自分を敵対視している女性を「愛そう」とはならないのも、わかりますよね。

「愛」を出すから「愛」がやってきます。

「愛」を出さないから「愛」がやってこないのです。

「愛」のある人のところには「愛」が引き寄せられてきます。

「愛」がないから「愛」がやってこないのです。

とってもシンプルなんです。

だから、彼に対しては、ただただ「愛」の気持ちで思っていればいいだけ。

「執着心」や「敵対心」のような、「愛」に見せかけた、にせものの「愛」じゃなくて、純粋な「愛」です。

あったかーい「愛」です。

あなたは彼を愛していますか?

売れてる恋愛・結婚本TOP100
売れてる恋愛・結婚本TOP100

わたしも恋愛本を何冊も何冊も読んで研究しました!どの恋愛本を読もうか迷っている方は、Amazon.co.jpで売れている「恋愛・結婚本」のランキングをチェックしてみましょう。ランキングは1時間ごとに更新されます。

>> 売れ筋ランキングを見る!