愛されオンナ磨き

バレンタインのチョコをあげる・あげない問題

バレンタインのチョコをあげる・あげない問題

一年に一度やってくる「バレンタインデー」。デパートのチョコレート売り場に行くと、なんだか気持ちがワクワクしてきますよね。製菓店にも女の子がいっぱいいて、みんな好きな人にあげるのかなぁ〜って思うとキュンときちゃいます。と同時に発生するのが「チョコをあげる・あげない問題」。あげる一択の人も多い一方で、関係性によっては悩んじゃいますよね。あなたはどうしますか?

スポンサードリンク

海外では男性から女性にプレゼントを贈るのが一般的で、日本のバレンタインとは逆。

とむかし聞いたとき、
「いいなぁ〜!わたしももらう側になりたい!」
って思いましたが・・・

もし好きな人にもらえなかったら、
それはそれでショックを受けそうだなぁ、
と今は思います。

男性は毎年、そんなソワソワした気持ちを味わっているのですね。

イベント事には女性ほど興味を示さない男性ですが、バンレンタインにおいては、意識していない風をよそおって、じつはめちゃくちゃ意識している!

という男性が多い!

わたしの周りにも、とっても多い!

みんな、チョコは欲しいらしい。

で、一方で女性はというと、

「チョコをあげるか、あげないか問題」
が発生するのですね。

おつきあいしている彼がいたり、
好きな人とうまくいっていれば、

あげる一択!

という女性が多いと思います。

だけど、そうでない場合などに、
あげるか、あげないか問題が発生する。

それは、相手がどう思うかを意識しすぎているから!

「あげないと、好意がないと思われちゃうかな」
「あげて、迷惑がられてもやだな」
「あげて、好意がバレすぎるのもやだな」
とか。

相手がどう思うかを気にしすぎるんですね。

それはたしかに、仕方がないこと。

わたしは、頭で考えるより、自分がどうしたいかが正解だと思っています。

あげるメリット・デメリット、
相手がどう思うかを
ぐるぐると頭で考えるのではなくって、

「あげたい!」
と思うならあげる。

「あげたくない!」
と思うならあげない。

それが正解。

自分がどうしたいのかが、一番大切。
そこを忘れてしまっているから、
永遠に悩んじゃう。

ところでわたしのバレンタインはと言うと、

バレンタインのチョコは感謝の気持ち、だと思っています。

だから、

愛の告白とか、好きの気持ちをあらわすのではなく、
日頃の感謝の気持ちを、チョコという形で贈る。

もちろん、感謝の気持ちと言っても、彼にしかあげないけれど。

そして、手書きのメッセージは必ず添えます。

男性は手書きのメッセージにキュンとくる

もしバレンタイン前後に、
あげる・あげないで迷っている人に会う予定があるのなら、

「感謝の気持ち」
といって渡すのもアリだと思います。

だって、本当に感謝しているでしょ?

そして、バレンタイン当日にこだわらなくてもいい。

バレンタインの前でもいいし、あとでもいい。

男性は、そのプレゼントの内容よりも、気持ちが嬉しいから。

手書きのメッセージも、気持ちがこもっているから嬉しい。

だから、

バレンタインから一週間遅れたっていいと思うし、一週間前でもいいと思う。

バレンタインが終わってからだと
気持ちが盛り下がっているかな

って思ってしまうけれど、

「もらえないと思っていたのに、もらえた!」
って、これはこれで、けっこう嬉しい!!

愛の告白をする日だとか、
相手の気持ちを考えすぎると、
ものすんごーーく悩んでしまうけれど、

あなたの気持ちが大切♡

あげたいのか、あげたくないのか!

だって、あげるのはチョコにのせた、あなたの気持ちだから。

スポンサードリンク