片思い

恋愛は自然体だからうまくいく!好きな人の前で自然体でいるには?

好きな人の前で自然体でいるには

好きな人の前だと、なんだか自然と可愛くなってしまう。

無意識に「女」の部分が出て、可愛い自分になってしまいますよね。

この可愛さには男性もキュンときますし、これはこれで、ある意味自然体です。

しかし!

「自分をよく見せたい!」と、自分じゃない自分を装ってしまったり、「どうにかして好きになってもらわなきゃ」「嫌われないようにしなきゃ」と頑張ってしまうと、

せっかくのあなたの魅力が、1mmも発揮されなくなってしまいます。

だから、自然体でいられる、なんとも思っていない人には好かれるのに、好きな人の前では自然体でいられなくて、好かれない、ということが起きたりするのですね。

恋愛は自然体だからうまくいく

先日、日曜日の朝に放送している『ボクらの時代』を見ていたら、未公開シーンを特集していたんですね。

それで、ワンオクのTakaさんが、こんなことを言っていました。(一字一句正確ではなく、こんなことを言ってたよね〜というニュアンスで書いてます)

本当は自然体でいるほうが好かれるのに、自然体の自分だと自信がないから、ついよく見せようとして、ガンガンアプローチして、うまくいかない。

「自然体の自分だと自信がないから」だなんて、さすがアーティストですよね!

私のことについて書くと、彼は最初は、私に好意を持ってくれていました。

しかしその後、私が彼のことを大好きになり、「もっと好かれよう」と、自分じゃない自分を演じてしまうようになってから、彼が私に抱いていたはずの好意を感じなくなったんです。

自分じゃない自分は、きっと、そのまんまの自然体の自分よりも気が利くいい女で、物分かりのいい女で、扱いやすい女だったと思います。

だけど、そういう女になっても、全然好かれなかった。

彼が最初に私に好意を抱いてくれたのは、私が自然体だったから。

まだ私が「彼を好き」だと確信する前、私がそのまんまの自分でいた時に、彼の目に私は止まったのです。

なのに、私が彼を好きになってから、急に自分らしさを封印してしまい、よく見せようとし、追いかけまくり…長い片思いがはじまったのですね。

その後、彼が最初に、私に好意を抱いてくれたのは、私が自然体だったからだと気づき、

「どうにかして好きになってもらいたい!」という思いで接するのをやめてから、また関係がよくなりました。

なんとも思っていない男性には、自分をよく見せようとしなくても、気がきく女にならなくても、好意を抱かれたりしますものね。

人は、自然体でいる時にもっとも魅力が出ます。

男性が女性を好きになるのも、自然体でいる姿です。

男性は、取り繕った姿を見せる女性ではなくて、自然体の女性に惹かれてしまうのですね。

自分を装うと、どこにでもいる女になる

そのまんまの自分を封印して、自分じゃない自分を装ってしまうと、結局、どこにでもいる女になってしまうんです。

NIziUが生まれたオーディション番組『Nizi Project』でも、リマちゃんが、よく見せようとするより、自分らしさを出せるようになってから、変わったんですよね。(懐かしい!)

恋愛って、本当に、本当に頑張らない方がうまくいきます。

仕事や趣味に一生懸命な女性は素敵だけれど、恋愛に頑張る女性って、相手の男性にとって魅力がなくなってしまうんです。

そこには「俺に好きになってもらいたいんだな」という、コントロールが見え隠れするから。

男性は「好きになって!」と言われて、そういう態度を見せられて、女性を好きにはなりません。

「あなたが好き♡」という、好意を寄せられて好きになることはあっても。

女性からの好意のカケラを感じとって、「あ、俺、彼女のこと好きかも」と思い始めることも多いんです。

笑顔の女性がモテるのも、「もしかして俺のこと好きなのか?」と感じるからなんですね。

だから、「好きになって!」じゃなくて、ただ「あなたが好き♡」でいられるといい。

この二つは似ているようで、全然違います。

好きな人の前でも自然体でいるには?

そうは言っても、好きな人の前で自然体でなんていられない!その気持ちもよくわかります。

好きな人の前で自然体でいられなくなってしまうのは、「好きになってもらいたい」とか「嫌われたくない」という気持ちがあるからであり、

自然体の自分では「好かれない」と思っているからです。

これは恋愛にかぎらず、人付き合いにおける基本なのですが、「好かれよう」としない方が、返って好かれるものなんです。

べつに「嫌われてもいい」と思っている方が、嫌われない。

もちろん、わざわざ嫌われるようなことをするのとは違いますが、結局「どう思われるか」を気にしないから、自然体でいられるし、

そんな女性が魅力的にうつるんです。

私は男性と仲良くなるのが得意ですが、それは「どう思われるか」を気にしていないからです。

というより、「嫌われることはないだろう」と思っている。

そう、そう簡単に、女性であるあなたが男性に嫌われることはありません!

男性って、女性が大好きです、ほんとに。

嫌われるとしたら、相手をコントロールしようとするからです。

「どう思われるだろう?」と、男性の目を気にしすぎるから距離が縮まらないし、男性がなんだか惹かれてしまう魅力が発揮されないのですね。

好きな人に「どう思われるだろう」を気にするより、相手のことを知ろうとしてみる。

これが、好きな人の前でも自然体でいられる方法です。

「彼はどんな人なんだろう?」と、彼に興味を抱いてみるんですね。

なにより、人は自分に興味を向けてくれる人を好きになるんですよ。

Twitterしてます。フォローや「いいね」本当にありがとうございます♡

ABOUT ME
イトイハナ
イトイハナ
【愛されオンナ研究家】男性心理を中心に心理学や引き寄せの法則を学び思考を変え、追いかける恋愛から大好きな人に愛される恋愛が叶う。その経験などを元に”スルッと愛される女になる!” をテーマに恋愛ブログを執筆中。パートナーと暮らしながら、愛される女性について研究しています。→プロフィール
関連記事