引き寄せ・潜在意識

幸せをよぶ!私が朝にやっている7つの習慣

幸せをよぶ!私が朝やっている7つの習慣

朝の過ごし方で一日が決まる、なんて言われるぐらい、朝は大切な時間です。

みなさんは、朝をどんな風に過ごしていますか?

今回は、私がやっている、朝の幸せ習慣をご紹介したいと思います。

その時々で変わるので、この朝の幸せ習慣は、今、やっていることです。

大切なのは、義務化しないこと!

「やらなきゃ」と義務になってしまうと、むしろ逆効果なので、やりたくてやるのがベストです。

それでは早速、私が、朝目が覚めてからやっている順番に、7つの習慣をご紹介していきます。

7つもあるの!?と多く感じるかもしれませんが、1分もかからないものもあるので、それほど時間はかかりません。

【1】脳にワクワクをインプットする「ワクワク宣言」

朝、目覚めるときに、心のなかで「今日もワクワクするぞ〜!」と言いながら、目覚めます。

ひとり暮らしの方は声に出してもいいと思いますが、私は心の中で「ワクワクするぞ〜!」と宣言しながら起きます。

そうすると、その日一日、脳のアンテナが「ワクワク」を探すようになります。

私は、この宣言をするようになってから、本当にワクワク探しが上手になりました。

以前なら「めんどくさいから、いいや」なんて、めんどくささを優先していたようなことも、「ワクワクするぞ〜」宣言をはじめてから、そのめんどくささは飛んでいき、行動的になるんです。

もし、朝起きるときに「はぁ、会社行きたくないなぁ」なんて思いながら起きるのだとしたら、それはとてももったいないです。

これは、脳のアンテナに「嫌なことを探して」と命令を出しているようなものだから。

もちろん、どうしても「行きたくない」と感じるぐらいなら、仕事を見直すなど、何か他の手立てを考える必要はありますが、

自分は朝目覚めるときに、どんな気分で目覚めているかに注意してみるといいと思います。

とくに朝目覚めてすぐの時間は、潜在意識と繋がりやすいので、ポジティブな宣言をするといいです。

【2】空気を入れ替えて気の循環をする

これは昔からよく言われていることですね、朝起きて、空気の入れ替えをする。

私はもう何年も前からずーっと、朝起きて空気の入れ替えをしています。

と言っても、寒くて窓を開けたくない日は開けないし、毎日というわけではありませんが、窓を開ける日の方が断然多いです。

朝、窓をあけて空気の入れ替えをすることで、前日のよどんだ空気を新鮮な空気にする、というのはもちろんのこと、

運気も上がると言われています。

その場に停滞しているエネルギーを循環させることができるからですね。

【3】朝に白湯を飲むのは体にとてもいい

キッチンにいってお湯をわかして、白湯をつくります。

私は朝一に白湯を飲むようになってから、むかしに比べて体が乾燥しなくなりました。

なにより、体の調子がとてもいいんです。

体の調子がいいことは、幸せの基本のキ!ですからね。

朝一に白湯を飲むことで、内臓を温めることができます。

体の不調って、体の冷えから来ることが多いので、朝に体を温めてあげることはすごくいいんです。

内臓を温めることで、基礎代謝もあがり、消化機能も活発になり、体にはいいことづくめなんですね。

【4】太陽の光をあびて幸せホルモンを分泌

白湯を飲みながら、何をするかというと…一つ目が、太陽の光を浴びることです。

女性は男性にくらべて、セロトニンが半分ぐらいしか分泌されず、それゆえ、男性にくらべて不安になりやすいです。

セロトニンが不足すると、鬱々としたり気分が落ち込んだりし、逆にセロトニンを上手に増やすことができると、幸せホルモンが分泌されて、気分がポジティブになります。

安心感や多幸感などをもたらしてくれるんです。

その、セロトニンを増やす効果があると言われるのが、朝、太陽の光を浴びることです。

このあとにも、またセロトニンを増やすためにやっている項目が出てきますが、私は意識してセロトニンを増やす習慣を行うことで、

本当に不安を感じにくくなりました。

むかしは、気分がズドーンと落ち込む時期がやってくると「あ、そろそろ生理かな?」なんて、PMSを予期していましたが、

今では、PMSもほっとんど感じないぐらいに、不安になることが少ないです。

【5】ノートを書いて潜在意識にインプット

白湯を飲みながらすることの2つ目は、ノートを書くこと。

太陽の光が届く明るい場所にデスクがあるので、そこで白湯を飲みながらノートを書いています。

書くことは、その日によって違いますが、朝と夜では、人は夜の方がネガティブに傾きやすいので、私は朝にノートを書くことが多いです。

(夜には、その日あったいいことを書いたりすることも、あります)

私が朝に書くことと言えば、たとえば、以下のようなことです。

・その日したいことを書く
・今週やりたいことを書く
・今月やりたいことを書く
・理想の一日を書く
・理想の未来を書く
・キャラ設定を書く

などなど、その日の気分で書くことが変わりますが、同じことを毎日書いている時期もあります。

「こうなりたい!」というのを潜在意識にインプットさせるために、なんとなく毎日書いたりしもします。

また、自分の気持ちを上げるために、理想の未来などを思い描いてワクワクします。

「キャラ設定」というのは…、たとえばゲームに出てくる人って、キャラ設定があるでしょう?

ゲームをやらないので詳しくはわかりませんが、こんな性格で、こういう場面で強くて、みたいな。

自分が主役の人生で生きる、自分のキャラ設定を時々書いて、思い出させてあげるんです。

たとえば…

・周りに可愛がられる存在
・お金を稼ぐ力がある
・いつも笑顔でニコニコしている
・私の存在が周りを幸せにする

のような感じで、自分のキャラを設定するんです。

要するに、セルフイメージの上書きをする、というイメージでしょうか?

また以前は、以下の記事で紹介した「すごろくノート」を朝に書いていましたが、今は、朝ではなくて、思いついたときに、書いています。

『最速で夢をかなえる!すごろくノート術』(原麻衣子 著)
『最速で夢をかなえる!すごろくノート術』(原麻衣子 著)最近読んで、本に書かれていることを実際にやってみて、「これ、よかった!」とオススメしたい本があるので、今回はそれをご紹介したいと思います...

【6】軽くストレッチをしてセロトニンを増やす

ノートを書いたら、軽くストレッチをします。

ストレッチだけでなく、朝に軽くランニングすることもあるのですが、朝に体を動かす(リズム運動)ことも、セロトニンを増やすのにはよいとされています。

また朝にストレッチを行うことで交感神経のスイッチがONになり、自律神経が整います。

【7】味噌汁を飲んでセロトニンを増やす

家で朝ごはんを食べるときの基本は、ごはんとお味噌汁に、おかずです。

さて、なぜ朝にお味噌汁を飲むといいのか?

それもやっぱり、セロトニンです!

幸せホルモンと呼ばれるセロトニンって、90%が腸にあり、腸でつくられて脳に届くのだそうです。

つまり、腸内環境をよくすることが、セロトニンを増やすには欠かせないのです。

なにより私は、朝の白湯と、味噌汁を習慣にしてから、便秘知らずになりました!

味噌は腸内環境を整えてくれるんですね。

Twitterしてます。フォローや「いいね」本当にありがとうございます♡

ABOUT ME
イトイハナ
イトイハナ
【愛されオンナ研究家】男性心理を中心に心理学や引き寄せの法則を学び思考を変え、追いかける恋愛から大好きな人に愛される恋愛が叶う。その経験などを元に”スルッと愛される女になる!” をテーマに恋愛ブログを執筆中。パートナーと暮らしながら、愛される女性について研究しています。→プロフィール
関連記事