LINE・連絡

男性へのLINEに余計な気遣いはいらない

男性へのLINEに余分な気遣いはいらない

女性同士のLINEなら、気遣いがあると嬉しかったりします。

だけど、相手が男性なら、ましてや好きな男性なら、余計な気遣いをしない方が、お互いに楽しいLINEができますし、断然、距離が縮まります。

ところが!

恋愛ベタさんは、好きな人が相手のLINEになると、ことさら余計な気遣いをしてしまいがちです。

そうやって気遣いをする理由は、「いい子って思われたい」とか「面倒だと思われたくない」など、

じつは相手を気遣っているのではなくて、自分が傷つかないための言葉である場合が、多いです。(私もよく書いていたからわかります…)

だから、その気遣いは相手には伝わるはずもなくて、相手の男性にしてみれば、なんだか距離を感じるLINEになってしまいます。

本当に自分を気遣ってくれている時って、それはちゃんと伝わるものだから。

恋愛ベタさんは、「嫌われたくない」「面倒だと思われたくない」などの思いが根っこにあるので、無意識のうちに、自分から距離を取ってしまうんですね。

返信はいいよ、返信しなくて大丈夫だよ

女性が、好きな男性へのLINEに入れがちな気遣いの言葉といえば、コレ!

「返信はいいよ」
「返信しなくて大丈夫だよ」

男性の忙しさを知っている上での、本当に心から気遣うための、「返信はいいよ」「返信しなくて大丈夫だよ」だったら、男性は嬉しいんです。

しかし例えば、

自分の気持ちだけを一方的に伝えた上での、自分勝手な「返信はいいよ」「返信は大丈夫だよ」とか、

彼にLINEをしたいけど、迷惑かなぁ。

でも、やっぱり送りたい!

そうだ!「返信はいいよ」「返信は大丈夫だよ」ってつけよう。

なんて言う、返信がこないのが怖くて保険をかけての、自分が傷つかないための「返信はいいよ」「返信は大丈夫だよ」は、

絶対的に必要ありません!!

相手の男性にとっては、「返信はいいよ」の一言に乗っかっている「思い」が、「重たい」と感じます。

そして、LINEをしてきておいて「返信はいいよ」という、謎の言葉を相手がどう解釈するかは、相手次第。

結局、誤解を生むだけです。

そしてなにより、「返信はいいよ」と書いておきながら、返信がこなければ、こないで落ち込むのなら、絶対に書かないほうがいい。

それよりも、男性が返信をしなかったとき、つまり返信が来なかったときに、そのことを気にしない女性が、男性にとって楽なんです。

男性の既読スルーをスルーする能力が恋愛には必要
既読スルーを気にしない女は好かれるLINEが一般的なものとなってから、あらたに「既読スルー」という問題が出てきました。「既読」になっているのに返信がこない、というものです...

忙しかったら無理しないで

そして、デートなどの約束をする際の、「忙しかったら無理しないでね」も、まーーったく必要はありません。

本当は会いたいのなら、「忙しかったら無理しないでね」は、絶対にいらない!

もちろん、書きたくなる気持ちも本当によくわかります!

だけど、女性のほうは気を遣っているつもりでも、「ほんとは会いたくないのかなぁ」と、男性が思ってしまう場合があります。

せっかくあなたと会う予定をたてようと思っているのに、「忙しかったら無理しないでね。」と言われてしまえば、

「なんで、こんなやる気をなくすことを言うんだろう。じゃあいいや。」なんてことにもなりかねません。

あなたも、もし好きな男性からのLINEに「忙しかったら無理しなくていいよー」なんて一文が書かれていたら、どう思いますか?

「気を遣ってくれてるなんて優しいなぁ」と思う人もいれば、

「えっ、私とはそんなに会いたくないのかなぁ」にはじまり、「じつはそんなに乗り気じゃない?だったら会わない方がいいのかな」なんてことにまで発想が飛ぶ場合だってあるでしょう。

私も、女友達へのLINEには入れることがあります。

相手がもし乗り気でないのなら、断りやすいように。

だけど、相手が男性であり、好きな人であるのなら、LINEでは素直になるのが一番です。

LINEは文字だけなので、そもそも誤解をうみやすいものだから。

素直じゃないから、恋愛がうまくいかない。

本当は会いたいのなら「忙しかったら無理しないでね」とつけ加えるのではなく、「一緒にご飯食べたい♡」でいい。

男性は素直なLINEのほうが、好きだから。

恋愛を制する女のLINEは軽い

「返信はいいよ、返信しなくて大丈夫だよ」も、
「忙しかったら無理しないでね」も、

どこかで、「気遣いのできる女性だと思われたい」とか「自分が傷つきたくない」という思いがあるなら、これは気遣いではないですよね。

こういった余計な思いこそが、相手との距離がなかなか縮まらない原因であり、恋愛が思う方向へ進んでいかない原因です。

彼とのLINEで一喜一憂してしまうぐらい、
彼とのLINEに翻弄されてしまうなら、

余計な気遣いを書かない。

なにより男性は、「ポン、ポン、ポン」って、軽〜くLINEで会話できるほうが好きです。

「この子とは波長があうな〜」
「この子とLINEするの楽しいな〜」

って思います。

余計な気遣いには、余計な思いがあって、重い。

恋愛上手な女性のLINEは、本当に軽やかです。

女性はちょっとぐらいワガママなほうが、男性にとって可愛いですから。

「忙しかったら無理しないでね」より、「わぁーーい!会えるの楽しみにしてるね」のほうが可愛いんです、楽しいんです。

男性も嬉しいんです。

もっと、楽しく、軽やかにLINEをしましょうね。

Twitterしてます。フォローや「いいね」本当にありがとうございます♡

ABOUT ME
イトイハナ
イトイハナ
【愛されオンナ研究家】男性心理を中心に心理学や引き寄せの法則を学び思考を変え、追いかける恋愛から大好きな人に愛される恋愛が叶う。その経験などを元に”スルッと愛される女になる!” をテーマに恋愛ブログを執筆中。パートナーと暮らしながら、愛される女性について研究しています。→プロフィール
関連記事