LINE・連絡

連絡くれない彼氏が連絡をくれるようになる伝え方

本サイトはプロモーションを含みます

連絡をくれない彼氏に悩む女性は、本当に多いですよね。一番多い悩みなのではないかと思うほどです。

なんでこのような悩みが起きるかと言うと、

「会っていない時も彼氏と連絡をとってコミュニケーションしたい女性」に対して、男性は「会っていない時に連絡をとってコミュニケーション取りたい女性の気持ちがわからない」からです。

人は、自分がされて嬉しいことを相手にしたいと思うし、自分がされて嫌なことは相手にしたくありません。

自分も連絡をとりたいタイプの男性なら、彼女に連絡したいと思うでしょう。

しかし、自分がとくに連絡をとらなくても平気なら、彼女も別に連絡はいらないだろうと考えます。

忙しいときに連絡をもらっても困ると思うタイプの男性なら、彼女にも連絡をしないで、ひとりの時間を作ってあげたいと思います。

それでは、連絡をくれない彼氏に、どのような伝え方をすれば、彼氏は連絡をくれるようになるのでしょうか?

彼氏に「連絡をくれると嬉しい」ことを伝える

男性は、彼女が喜ぶことをしたいと思っています。

喜ぶことをしたいと思っていてもできないこともありますが、できる限り、喜ばせてあげたい。

しかし、彼女がなにをすれば喜ぶのかはわかりません。

だから、連絡をくれない彼氏にちゃんと「連絡をくれると嬉しい」と伝える。

基本はコレなんです!!

ただ「連絡がほしい」だけではなくて、「あなたから連絡をもらえると、私はすごく”嬉しい”」ということを彼氏に教えてあげるのです。

「面倒かも、重いと思われるかも」をやめる

愛される女性は、 連絡がほしいことに限らず「私はこうされると嬉しい」ということを、ちゃんと伝えています。

伝えているから、彼氏は彼女を喜ばせることができ、喜んでくれる彼女をみて「もっと彼女を喜ばせんたい、彼女の笑顔をみたい」と、愛されスパイラルに突入します。

一方で愛され下手さんは、「私はこうされると嬉しい」ということを伝えません。

なぜなら、めんどくさいと思われたくないから、重たいと思われたくないから。

この、伝えると、

「めんどくさいと思われるかも」
「重たいと思われるかも」

という考えが、まさに愛されない女性の考え方です。私もそうだった…。

愛されない女性の考え方のままで、下手に出ながら彼氏に伝えるから、彼氏に「連絡をくれると嬉しいな」と伝えても、彼氏は「連絡しなくてもいっか」と思ってしまう。

女性が勝手に、彼氏より下の立場に自分を置いているからです。

連絡をくれない彼氏が、あなたに連絡をするようになるには、「連絡をしたい」と思わせる女性であることが大前提。

彼氏にとって、魅力的であることが大前提なんです。

だから、「連絡くれると嬉しい」と伝えるなら、「迷惑かも、重いと思われるかも」と言う前提を取っ払って、伝える。

「連絡をくれると嬉しい」ことを明るく伝える

彼氏が連絡をくれないことで悩んでいるとき、女性はたいてい暗くなっています。

暗い気持ちのまま伝えても、彼氏はなかなか「連絡をしよう」とは思いません。

重くて怖いからです。

連絡をして、彼女が喜ぶ様子が目に浮かばないからです。

男性は、彼女が喜ぶ姿が見たい。喜ぶ姿が想像できないのに、連絡しようとは思えません

そして、暗い雰囲気で伝えると、「No」って言ったら絶対に不機嫌になるよな、と感じさせます。

不機嫌になるから「連絡しよう」とは思えなくて、じつは、本当は「Yes」だとしても「No」って言いたくなってしまうんです。

男性が願いを聞きたくなるのは、たとえ「No」と言っても、それを受け入れてくれる女性。そのときは「No」でも、あとから願いを叶えてあげたくなったりするのです。

だから、暗く伝えるのではなく、明るく伝える。

「連絡くれなくてもいいけど、連絡くれたら嬉しい」ぐらいの気持ちで伝えると、彼氏も受け入れやすいです。

彼氏に「連絡をくれる人」だと伝える

もう一つ、連絡をくれない彼氏に対する、おすすめの伝え方があります。

ラベリング理論という言葉を聞いたことがありますか?

自分とは何者か?というアイデンティティを形成する際に、周りから貼られたラベルが影響するというものです。

「あなたは悪い子」というラベルを貼られた子供は、悪い子の行動を取るようになり、「あなたはいい子」というラベルを貼られたことは、いい子の行いをする、と考えるとわかりやすいかもしれません。

周りが、その人のアイデンティティを形成していくのですね。

しかし、過去の私もふくめて、愛され下手な女性がやってしまうのが、間違ったラベリング理論です。

「Aくん、全然連絡くれないよね」

なんて言ってしまったことがある女性も、いるのではないでしょうか。

相手を責めている時点で、いい伝え方ではありませんが、こういう場合、女性の本音は「連絡がほしい」ですよね。

しかしやっぱり「連絡がほしい」と言って、面倒だと思われたり、重いと思われたりするのが嫌だから言えなくて「連絡くれないよね」と言ってしまう。

これでは、Aくんは、連絡をくれないままです。

「俺は、キミに連絡をしない人だ」と認識し、連絡をしない人として行動するからです。

連絡をくれないことに限らず、恋愛下手さんは「してくれない」ことに注目し、「してくれない」人というラベルを相手に貼りがちです。

上手にラベリング理論を使うなら、

連絡をくれない彼氏に、あなたは連絡をくれる人だというラベルを貼るんです。

そもそも連絡をくれない人に、どうやってラベルを貼るの?と思いますよね。

大丈夫、たまーーにしか連絡をくれなくても、先にラベルを貼っちゃっていいんです。

明らかに連絡をしてくない彼氏に

「Aくん、ちゃんと連絡くれるよね」と言っても、さすがに「えっ?そう?」と相手は思います。

だから少しにごして、

「Aくん、忙しくてもちゃんと連絡くれるよね」

などと伝える。

もしくは、あなたから彼氏に連絡をして返信をもらい、彼氏に連絡をしていると錯覚させてから、

「Aくん、ちゃんと返信とか連絡くれるよね」と伝える。

彼氏に「あなたはちゃんと連絡を取り合ってくれる人だ」というラベルを貼るのです。

ぜひ、使ってみてくださいね。

ABOUT ME
イトイハナ
イトイハナ
男性心理をはじめとする心理学や潜在意識を学び思考を変え、追いかける恋愛から大好きな人に愛される恋愛を叶えた恋愛ブロガー。