愛される女になる

両思いになりたい!を叶えるために必要な5つのこと

両思いになりたい!を叶えるために必要な5つのこと

私も数々の片思いを経験し、叶った片思いもあれば、追いかけすぎてしまってフェイドアウトした片思いもあります。

最初は向こうも私のこと好きだったはずなのに!

と悔しい経験もしました。

自身の経験や、たくさんの男性との話、男性心理を含めた人の心理などを勉強していく中で、好きな人と両思いになるには、これから紹介する5つのことが必要だと気付きました。

いま、好きな人と両思いになりたい!と思っている女性の参考になれば幸いです。

【1】対等であること

片思いしている相手の男性のことを、憧れの芸能人!ぐらいに、勝手にすごい人にしてしまうと、なかなか両思いにはなれません。

憧れの芸能人まではいかなくても、好きな人のことを自分より上の存在にしてしまうと、自分はどうしても下の立場になってしまいます。

男性が好きになりたいのは、自分より下にいる女性ではなくて、ちょっと上にいる女性だから。

といっても、もちろん彼を見下していいわけではなく、あくまで彼の下手にはでないこと!

両思いになるには、好きな人と対等でいることが必要になってきます。

好きな彼の下手に出ないで対等に!
好きな彼の下手に出ないで対等に!好きな人の下手には出ない! これってよく、男性向けの恋愛ネタとして書かれていることなんです。 好きな女性の下手にでるな! ...

【2】自分アピールより彼を知ろうとすること

好きな人の前では、「可愛い自分を見てもらいたい!」と、自分アピールに必死になってしまうことがあります。

自分のいいところを知ってもらいたくて、いわばプレゼンのように、彼に自分をよく見せようとしてしまいます。

しかし、好きな人と両思いになりたいのなら、自分アピールより、彼を知ろうとすることが大切です。

人は、自分に興味を持ってくれる人に対して、好意的に思います。

だから、自分アピールを頑張るより、彼に「俺ってカッコいいでしょ?」アピールをさせてあげる方が、好きになってもらいやすい。

自分アピールを頑張ろうとすると、どうしても自分ばかりが話すことになりますが、人はだれもが、自分のことを話したいと思うものです。

そして、自分がたくさん話せた相手には、また会いたいと思います。

「また会いたいなぁ」は両思いへの第一歩ですからね。

好きな人には、たくさん話をさせてあげてください、そして彼の話を聞いてあげてくださいね。

【3】好かれようとしないこと

好きな人に好かれたいのは当たり前!

だけど、好かれようとすることばかり考えて行動してしまうと、自分の一番の魅力であるはずの、自分らしさを発揮することができません。

いい子でいなきゃ、嫌われることはしないようにしなきゃ。こんな女性は、とてもつまらない。

世の中には、可愛い女性、綺麗な女性、優しい女性、スタイルがいい女性、料理が上手な女性、才能がある女性、そんな女性はいくらでもいます。

そんな中で、好かれようとしたところで、他の女性たちの中に埋もれてしまうだけです。

それよりも、自分らしさを大切に、とことんそのままの自分で彼と向き合うのです。

そしてまた、好かれようと思っていると、必然的に彼の下になってしまいます。

【1】で書いたように、やっぱり自分より下にいる女性を、なかなか好きにはならないのです。

恋愛は好かれようとしない方がうまくいく
恋愛は好かれようとしない方がうまくいくもしも今、 あなたの恋愛がうまくいっていないなぁと感じているのなら、 恋愛がまったく進んでいないのなら、 ☆彼に好かれよう...

【4】男性の役目を奪わないこと

過去の私のように、恋愛に対して積極的すぎる女性は、男性の役目を奪いがちです。

もちろん、女性から誘うのも私はアリだと思っていますし、最初のキッカケは女性が作ってもいいと思っています。

女性に拒まれることを恐れる男性も多いので、「私は誘っていいよ!」と教えてあげるのは必要です。

しかし!

毎回、毎回自分から誘っていては、男性の役目を奪うことになってしまいます。

「どうやって誘おうかな?」
「彼女は何をすれば喜ぶかな?」
「彼女はどうすれば振り向いてくれるかな?」

こういうことを考えるのは、男性の役目であり、恋する男性の楽しみでもあるのです。

だから、その役目を、なるべくなら奪わない。

男性にあなたのために労力を使ってもらうことが大切だし、放っておいても誘いがくる女性に対しては、価値を感じにくくなります。

だって、価値のあるものって、頑張って手に入れないといけないものだから。なかなか手に入らないから価値があるわけです。

恋愛で悩むのは男性の役割
恋愛で悩むのは男性の役割昨日書いた以下の記事で、焦って男性を追いかけて返信がこなくなったと悩んでいた女性のことを書きました。 https://i-sare...

【5】好きを認めること

「私は彼のことが好きなんだ」と潔く認めてしまいましょう。

彼の前で好きじゃないフリをしてしまったり、LINEでそっけなくしてしまったり、返信を翌日にしてみたり、彼を「好き」なのに、必要以上に「好き」であることを隠そうとすると、恋愛が楽しめなくなってしまいます。

「好き」が伝わりすぎたら、「あー、引かれたらどうしよう」と後悔をし、

「好き」を隠し過ぎれば、「あー、好きじゃないって思われちゃったかな」と後悔する。

これって、楽しくないですよね?

恋愛は楽しんでいると、あれよあれよとうまくいったりするものです。

恋愛を楽しんでいる女性って、男性から見てもとっても可愛くて魅力的なんです。

恋をすると女性は綺麗になるっていうでしょう?

あれは、恋愛を楽しんでいるからです。

恋愛を楽しんでいないどころか、苦しくなってしまえば、逆におブスさんの道を歩んでしまいます。

男性は女性から好かれることは嬉しい。

だから「あなたのことを好きですよ♡」という気持ちで彼に接していればいい。

男性が嫌がるのは、あまりにアプローチが激しいこと。

まぁ、なかには女性からのアプローチは大歓迎!なんて男性もいるけれど、基本的には、女性からあまりにガツガツこられてしまうと、尻込みしてしまいます。

男性はやっぱり自分から追いかけたいし、自分が追いかけたくなる女性が価値があると思うから。

私も利用してます♡OZmallが厳選したエステサロンで綺麗になろう。

イトイハナのお気に入り
イトイハナのお気に入り

美容系や雑貨、ファッションなど、私のお気に入りアイテムをたまに更新していきます。お時間があれば、ぜひのぞいてみてくださいね。

イトイハナのお気に入り