LINE・連絡

LINE送らなきゃよかった!と後悔した時はこう考えよう

好きな人や彼氏、復縁したい元彼にLINEを送ったあとに「送らなきゃよかった!」と後悔。

これは恋愛のあるあるですね。(あなただけじゃないから安心してください!)

私も何度も「送らなきゃよかった!」と後悔したことがあります。

返信が来なかったり、そっけなかったりして、「あー送るんじゃなかった」と後悔し、その後悔した気持ちをどうにかしたくて、追いLINEしていました。

「送らなきゃよかった」と後悔したあとにやってはいけないこと、それは追いLINEです。

自分の不安を解消したくて、自分が安心したくて、そんな、自分を守りたいだけの追いLINEをすれば、なおさら後悔する結果となります。

自分のことしか考えていないLINEをもらって、相手の女性の印象がよくなることはないから。

そんな私もLINEを送ったあとに「送らなきゃよかった」と後悔することがすっかりなくなり、後悔することがなくなると、恋愛自体も楽しめるようになったんですね。

私がなぜ後悔することがなくなったのか、その考え方をご紹介していこうと思います。

LINE送らなきゃよかった!と後悔しても追いLINEしない

友人が復縁したい元彼にLINEをしました。

しかし既読スルー。

友人は「送らなきゃよかった」と後悔し、追いLINEがよくないことはわかっていても「やらない後悔より、やった後悔だ!」と思って、一週間後に追いLINEしたそうです。

結果…相手からはただ一言そっけない返信が来て「送らなきゃよかった」とさらに後悔。

これは「やらない後悔より、やった後悔」ではなくて、単純に短期的欲求を満たしたいだけの追いLINEだったので、うまくいかなかったのです。

恋愛がうまくいかないのは長期的視点が抜けているから
恋愛がうまくいかないのは長期的視点が抜けているから人生なにが起こるかわからないし、明日どうなっているかわからない。 だから、「今の欲求を満たしたい!」という考え方もあっていいと思い...

追いLINEもしていい場合と、したら後悔する結果になる場合の2種類ありますが、既読スルーされても追いLINEしていい場合は、既読スルーを気にしていない場合です。

LINEを送らなきゃよかったと後悔し、どうにか挽回したいと思ったり、どうにか安心したいと思っての追いLINEはやめた方がいい。

たとえ同じ文章でも感情(エネルギー)は伝わってしまうものなので、不安からのLINEは相手にも重たく感じるんです。

ただ一言「おはよう」でも、自分を追いかけている男性からの「おはよう」は重く感じたりするでしょう?

「LINE送らなきゃよかった」と後悔しているなら、追いLINEせずに時間をあけた方が、あとあと後悔しない結果になるんです。

LINE送らなきゃよかった!と後悔した時はこう考えよう

私がLINEをしたあとに「送らなきゃよかった」と後悔しなくなったのは、考え方を変えたから。

「これが今の私の精一杯」だと思えるようになったからです。

後悔してしまうのは、他の選択肢もあったと考えるからなんですね。

LINEを送らないという選択肢もあったと思うから後悔するのであって、だけど、その時の私は「LINEを送る」ことを選んだのであり、その時の私の精一杯の選択だったんです。

つまり「私がLINEを送りたくて、送った」と認めること。

自分が選んだ行動をちゃんと受け入れることで後悔することはなくなります。

そして、ちゃんと受け入れると、そもそも激しく後悔するようなLINEも送らなくなるんです。

恋愛って、失敗から学んでいきます。

「あー、やってしまった!」など失敗したと思ったとき、激しく後悔をして挽回しようとするより、受け入れてしまった方がちゃんと学びにできるんですね。

LINE送らなきゃよかった!と後悔しないLINEとは?

そもそも「送らなきゃよかった」と後悔するLINEを送らないようにするにはどうしたらいいのか?

それは、自分がLINEを送る意図を考えることなんです。

というと難しく聞こえるかもしれませんが、以下のような意図のあるLINEは送らないと決める。

・安心がほしいためのLINE
・反応を欲しがるLINE
・わかって欲しがるLINE
・満たされたいだけのLINE

これらの意図があってLINEを送った場合、既読スルーされようものなら激しく後悔します。

なぜならネガティブよりの感情が出発点となって送るLINEだから。

たとえば好きな人や彼氏に「会いたい」とLINEを送るとき、相手からの「俺も会いたい」という反応を欲しがるなら送らない。

ただ素直に彼に「会いたい」と思っているなら送る。

「会いたい」気持ちをわかってよー!「寂しい」気持ちをわかってよー!とわかって欲しがるなら送らない。

「返信がこなくてもいい」
「自分が送りたいから送る」

という覚悟があるなら送る。

結局、ポジティブよりの感情で送るLINEってほとんど後悔しないんです。

「彼、私のこと好きで仕方がないんだな〜」と思えている時は、相手から返信がこなくても気にならなかったりするんです。

「私とデートするために仕事頑張ってるんだな」って本気で思える。

私も彼からの既読スルーが本当に気にならなくなって、そうすると彼も気楽にLINEができるので、そんな私との関係が心地よかったようです。

男性の既読スルーをスルーする能力が恋愛には必要
既読スルーを気にしない女は好かれるLINEが一般的なものとなってから、あらたに「既読スルー」という問題が出てきました。「既読」になっているのに返信がこない、というものです...

恋愛って自分の感情をいかにコントロールできるかが大切です。

恋愛を壊してしまう女性は、たいてい自分の感情をコントロールできないことが原因です。

LINEを送って後悔したときも、そこで感情をコントロールできると追いLINEをしてさらに自分を追い込むこともなくなります。

\まずは一歩踏みだす♡/

婚活・再婚活マッチングアプリ
マリッシュ(marrish)
ABOUT ME
イトイハナ
イトイハナ
【愛されオンナ研究家】男性心理を中心に心理学や引き寄せの法則を学び思考を変え、追いかける恋愛から大好きな人に愛される恋愛が叶う。その経験などを元に”スルッと愛される女になる!” をテーマに恋愛ブログを執筆中。パートナーと暮らしながら、愛される女性について研究しています。→プロフィール