愛されオンナ磨き

恋を呼ぶLINEのアイコンは自然な自分

恋を呼ぶLINEのアイコンは自然な自分

スポンサードリンク

わたしはフリーでお仕事をしていますが、フリーで仕事をする上では自分をブランディングするということが大切になってきます。

そして、とくにネット系の仕事をしている人は、ブランディングにおいて、SNSのアイコンを重要視しています。

「この人に仕事をお願いしたい!」
「この人と一緒に仕事がしたい!」
「この人のサイトが見てみたい!」

などと、いかに興味をもってもらえるか。

そして、親近感をもってもらいたいのか、仕事がデキる人だと思ってもらいたいのか。など、自分をどう見せたいかによって選ぶ写真も変わってきます。

しかしそれが・・・

例えば、飼っている犬の写真だったり、風景の写真だったりすれば、その人の魅力はまーったく伝わらないわけです。

わたしの周りにはフリーで仕事をしている人や、起業している人など、ネットを通じて仕事をしている人がたくさんいますが、

そうゆう人たちは、当たり前ですが、みんなSNSのアイコンは自分です。

アイコンを自分にすることに慣れてしまっているので、当然、LINEのアイコンも自分なわけです。

そして私も、LINEのアイコンは自分です。

アイコンを自分の顔にすることにはまったく抵抗がないのですが、やっぱり、とくに女性は自分の顔をアイコンにすることに抵抗がある人が多いのか、わたしのLINEの友だち一覧には、自分の顔のアイコンの人がとっても少ないです。

男性でも、自分の顔をアイコンにしている人は少ないです。

「ナルシストに思われそう!」
「自分大好きって思われそう!」

という心理が働くのかもしれませんね。

しかし!

「恋をつかみたい!」
「好きな人と結ばれたい!」

のなら、LINEのアイコンは自分にするほうが効果的です。

男性は目で恋をすると言うぐらいですから、アイコンを自分にしないなんてちょっともったいないなぁと思います。

「ナルシストかよ!」
「自分大好きかよ!」

なんて思う人は、ひねくれものだと思って、放っておけばいいんです。

そうゆう人は、ほんとは自分も、自分の顔にしたいけど抵抗があるから、うらやましくてそう思っていたりするんです。

で、なんでLINEのアイコンを自分にするといいかというと・・・

その人を印象づけるものだから、です。

たとえば、LINEのアイコンが、大勢の友達と映っている写真なら、賑やかなことが好きなんだな、とか、仲間を大切にする人なんだな、とか思います。

それが飼っている犬や猫だったりすれば・・・とくになにも思いません。「犬飼ってるんだな、犬が好きなんだな」ぐらいは思いますけれど。

それが風景だったりすれば・・・とくになにも思いません。「綺麗なとこだな、どこだろう」ぐらいには思いますけれど。

そして、LINEのアイコンを自分の顔にしている女性・・・

「かわいい♡」って思われます。

しかし!

自分の顔の写真といっても、芸能人の宣材写真のようにキメキメの写真じゃなくて、かといって自撮りの写真でもなくて、

その人らしさが伝わる、自然に撮られた写真がベスト!

できれば笑っている写真!

なんです。

自然な写真といっても「はい、チーズ!」で撮った写真がいけないんじゃなくて、証明写真のような写真にはならないように、ってことね。

芸能人の宣材写真のような写真じゃないですよ、ってことね。

仕事をする上でのSNSのアイコンは、ちゃんと撮ってもらった写真の方がいいかもしれませんが、LINEのアイコンは、そうとは限りません。

男性って、楽しそうな女性が好きだし、なにかに夢中になっている女性が好きだし、笑ってる女性が大・大・大好き。

だから、旅行中の楽しそうな写真だったり、趣味を楽しんでいるときの写真だったり、そうゆう、その人らしさが出ている楽しそうな一面を見て、「かわいい♡」って思うのです。

というのも・・・

わたしも一時期は、カメラマンの友達がなんとなく撮ってくれた、といっても、プロが撮るので、まるで宣材写真のような出来上がりの写真をLINEのアイコンにしていたのですが、

(わたしはその写真をとても気に入ってはいたのですが)

その写真に飽きてしまって、あるとき、趣味を楽しんでいるときの笑っている写真に変えたんです。

そうしたら!

「この写真すごくいい!」
「かわいい!」

っていろんな人に言ってもらえるようになりました。

男性ウケもものすごくいいです(笑)。

LINEをするたんびに、いい印象を与えることができるって、ある種の洗脳のようなもの!?

映える写真より自然なあなた!
そうゆうあなたを見て「かわいい♡」が生まれるのです。

自撮りの写真じゃ伝わるのはただのあなたの顔、だけですものね。

男性とインスタの話をしていた時に芸能人のインスタの話になりました。芸能人のインスタのアイコンって、そりゃお仕事の一環なのですから、ちゃんと撮った宣材写真のような写真だったりが多いです。事務所の方針もあるのかもしれません。

だけど中には、日常を切り取った自分を写真にしている方もいて、そうゆうかっこつけてないアイコンの芸能人のほうが、なんかいいよね〜。好感もてるしなんか興味そそられるわ。

と話していました。

で、名前があがったのが上野樹里さん(2019年6月のアイコンの話なので、後日変わると思いますが・・・)。どこかのカフェで撮ったような笑顔の写真のアイコンが、男性に好感度大でした。

男性はどこまでいっても、やっぱり楽しそうな顔、笑ってる顔が好きなんだなぁと思いました。

彼のLINEの反応がよくなった話

↑上の記事では、LINEのたかが行間の話題を書きましが、今回はたかがアイコンです。そう、たかが、かもしれませんが、ちょっとのことで相手の反応って変わるものなんです。

スポンサードリンク