愛されオンナ磨き

恋愛では北風と太陽の太陽になろう!

恋愛では北風と太陽の太陽になろう!

イソップ童話『北風と太陽』の教訓は、恋愛においても通じるところがあります。「人を動かす」のは、北風ではなくて太陽だということ。彼に冷たくしたりそっけなくしたり、不機嫌になって、彼を変えようとするのではなく、むしろ「彼を変えよう」という思いは捨てて、太陽のように暖かくにこやかな女性でいることが、最終的には彼を変えることになります。

スポンサードリンク

イソップ童話『北風と太陽』をご存知の方も多いと思います。

北風と太陽が旅人の上着を脱がせる力くらべをするお話ですね。

思いっきりビュービューと風を吹く北風に対して、旅人は上着を脱がされまいとしっかりとおさえ、脱ぐことはありませんでした。

一方、太陽はポカポカとあたたか日差しで旅人を照らし、旅人は一枚、もう一枚と自ら上着を脱いだのでした。

もしかしたら、恋愛において『北風と太陽』の北風のようになっている女性もいるかもしれませんね。

怒ってみせる。

そっけなくしてみせる。

無視してみせる。

拗ねてみせる。

その態度や無言の圧力によって、北風のように無理やり相手を思い通りにしようとする。

現に、そっけなく冷たくすることで、彼が追いかけるようになった。

という話もありますが、これはその女性が本当に冷めてしまった場合の話で、わざと駆け引きとして冷たくしようとすると、なかなかそう上手くはいきません。

なにより、冷たくしている女性のほうが、耐えられなくなってしまいます。

その冷戦状態に、すっかり心は不安になってしまいます。

それならば『北風と太陽』の太陽が、旅人をポカポカとあたたかい日差しで照らしたように、彼の前では、彼の隣にいるときには、優しく、あたたかく、ニコニコ笑って過ごしましょう。

そんなあなたに、彼が自らの意思で、「あぁ、やっぱり好きだなぁ。」とか。

「今度行きたがっていたところに連れていってあげたいなぁ。」とか。

そんな風に思ってくれるほうが、嬉しいですよね?

北風になって、彼に冷たくしたり、”わざと”LINEの返信をしなかったり。

本当は、あなただってそんなことはしたくないはずです。

そんなギスギスした関係よりも、彼も、そしてあなたも笑っていられる関係のほうがよっぽど楽しいですよね。

あなたがニコニコと幸せそうに笑っていることが、彼にとって嬉しくもあり、本望でもあります。

ときに、安心ばかり与えてはダメ、不安も与えないと!

ということも言われますが、彼に”わざと”不安を与えているとき、女性のほうがむしろ不安になってしまうもの。

気持ちはわかりますよ!

全然LINEをしてくれないとか。

遊びに連れていってくれないとか。

いろいろあるかもしれません。

だけどかといって、それに対して怒ったり冷たくするのは違うんです。

彼には彼の気持ちがあります。

彼には彼の時間があります。

不満があるのなら、北風のように無理やりではなく、太陽のように優しく、あたたかく彼に接し、ときに可愛く伝えてみるといいと思います。

「◯◯に行ってみたいな♡」って。

言ってすぐには応えてくれないかもしれないけれど、彼は大好きな可愛いあなたの喜ぶ顔がみたいと思っているし、願いを叶えてあげたいと、本心では思っています。

だから、あなたの願いは覚えているもの。

その願いを無理やり叶えてもらうのではなく、彼が自ら叶えてあげたくなるような、そんな、あたたかくにこやかな太陽のような女性でいてくださいね♪

実際にわたしも、北風から太陽になったことで、彼とのちぐはぐな関係が変わりました。

彼にガッカリさせられるのは、自分がガッカリさせているからかも?

彼をガッカリさせるような行動をとっていたことに気づいて、彼が喜んでくれるような私でいることを心がけたときから、次第に彼との関係が楽しく、あたたかいものに変わり始めました。

ときには、北風になりたくなってしまう時もある。

だけど本心では、北風になんてなりたくないんです。

あたたかく優しい太陽でいたいんです。

北風になるより太陽のような女性でいるほうが、ずっと彼に愛される、そう確信しています。

↓↓恋愛ブログの人気ランキング♡↓↓
にほんブログ村 恋愛ブログへ

スポンサードリンク