愛される女になる

ずっと一緒にいたい!男性が離れたくない女性とは

ずっと一緒にいたい!男性が離れたくない女性とは

大好きな彼から「ずっと一緒にいたい!」とか「離れたくない!」なんて思われたいですよね。

はたして、男性が「ずっと一緒にいたい」「離れたくない」と思う女性ってどんな女性でしょうか?

男性が離れられない女性とは、ズバリ、俺が役に立つことができる女性です。

愛されない女性は、彼に何かしようとし、彼に何かをすることで愛情を得ようとしますが、それはまったくもって逆効果。

男性は、女性に何かをされて好きになることはなくて、自分が何かをしてあげたくなる女性、してあげる女性を好きになります。

そして、何かをし続けることで、その女性に愛情を募らせてゆくのです。

こんなことを知らない過去の私は、私が「彼にしてあげたい!」の思いの方が大きくて、せっせと彼に尽くしまくっていました。

尽くせば尽くすほど、男性にぞんざいに扱われるなんて、聞いたこともなかったんです。

尽くされたい!大切にされたい!愛されたい!のは自分なのに、「私も欲しい」からといって、それを彼にあげていても、あげたからもらえるわけではないんです。

大切なことなので、もう一度いいますね。

男性には何かをしようとしなくていい!

愛されたくて何かをしようとするなら、それは大間違い!むしろ、何もしない方が愛されてしまう。

男性は女性に何かをすることで、どんどん愛情を募らせてゆくんです。

男性が離れられない女性とは、俺が役に立てる女性、俺を必要としてくれる女性なんです。

「彼女には俺がいないとダメなんだ!」

そう思わせてくれる女性からは、離れようとしませんからね。

仮に、フェロモンムンムンの超絶美しい女性が彼の前に現れても、あなたが彼を必要としているなら、彼はきっとあなたの元へ帰ってきます。

旦那さんに愛されている友達を見ていると、旦那さんが彼女のためにいろいろなことをしてくれています。

彼女の苦手なことは、旦那さんが率先してやってくれます。

だから、あなたが苦手なことは、「悪いなぁ」なんて1mmも思わなくていいので、彼に任せてしまいましょう。

男性も、時には「えー」なんて顔をするかもしれませんが、照れ隠しの一種であり、内心では喜んでいるので大丈夫!

私は日テレでやっている『有吉ゼミ』の、ヒロミさんのリフォームコーナーが好きなのですが、

ヒロミさんは、芸能人から依頼された家具をつくりながら、「疲れたー」とか「なんで俺、こんなことしてんの?」なんて、言うんです。

私が観ていても、「わぁー大変そう・・・」と思うので、そんなことを言いたくなる気持ちはよーくわかるし、私には絶対にできないなぁと思いながら観ています。

だけど、その完成した家具や、リフォームされた部屋をみた、依頼人の芸能人の方たちが、めちゃくちゃ喜ぶわけです。

「えーーーーー!すごーーーーーい!」って。

ヒロミさんは、こうやって喜んでくれるのがたまらなく嬉しいから、やっているんだなぁ、と思うのです。

そう!

そもそも、男性がいくら女性の役に立ちたいと思って頑張っても、それを受け取ってもらえなければ、やらなくなるだけです。

男性が何かをしてくれたら、ちゃんと喜ぶ!

「ありがとう♡」って感謝を伝える!

これが、とーーっても大切です。

さぁ、あなたが苦手なことはなんですか?

これからは、それらを彼にお任せしちゃいましょう♡

私は地図を読むのが苦手なので、どこかへ出かける時は、彼に任せっきりです。

私は力がないので、重たいものは彼が買ってきてくれます。

私はスマホの設定などが苦手なので、メカ系はいつも彼に「これ、やって」などと言ってお願いしています。

私は長女なので、なんでもかんでも「自分でやりなさい!」と言われて育ってきました。

だけど、恋愛においては、自分でできることでも、彼に頼ってもいいぐらいです。

大人の女だもの、やろうと思えばできちゃうことの方が多いと思いますが、男性に頼ることは、男性のためでもあるんですよ。

彼があなたの役に立てることで、あなたが彼を必要とすることで、彼はあなたから離れられなくなるんです。

時間をかけて、こういうことを積み重ねていくことで、彼にとって特別な存在になるんです。

時間とともに、彼は大きな愛情をあなたに感じるようになっていくんです。

「俺をこんなに必要としてくれる女性はいない!」
「彼女は俺がいないと困るんだよなー!」

そんな女性と「ずっと一緒にいたい!」と思うのが、男性なのですね。

私も利用してます♡OZmallが厳選したエステサロンで綺麗になろう。

イトイハナのお気に入り
イトイハナのお気に入り

美容系や雑貨、ファッションなど、私のお気に入りアイテムをたまに更新していきます。お時間があれば、ぜひのぞいてみてくださいね。

イトイハナのお気に入り