愛され力を磨く

選ばれるのではなく、あなたが男性を選ぶ

選ばれるのではなく、あなたが男性を選ぶ

TBS系列の金曜ドラマ『凪のお暇』はご覧になっていましたか?

わたしは、ドラマの存在もしらず、たまたまテレビをつけたら第一話の開始30分を過ぎようかとしていた頃で、なんとなーくそのまま見ていたら、「面白そう!」とそのまま最終回まで見続けたドラマです。

そんな『凪のお暇』が、先日、最終回を迎えました。

そこで名言が飛び出しました。

最終回を見ていた方には、この記事のタイトルを見て、ピンと来ていることでしょう。

言葉は一字一句覚えていませんが、覚えている範囲で書いてみますね。

主人公の凪が「小さい頃、花いちもんめが嫌いだった。誰にも選ばれなかったら嫌だなぁって。」

みたいなことを言っていました。

そしたら、おなじアパートに住むおばあちゃんが、凪に言いました。

「花いちもんめは、選ばれる遊びじゃなくて、自分が選ぶんだよ。」って。

自分が選ぶほうが人生楽しいじゃない!って。

素敵な言葉ですよね。

好きな人に自分を選んでもらえるように、もっと可愛くなれるように、もっと綺麗になれるように頑張ることは、けっして悪いことではありません。

好きな人がいるから、可愛くなれるし、綺麗にもなれます。

だけど、好きな人に選んでもらうという思考で行動をつづけるということは、好きな人の下手に出る、ということです。

このブログで何度も書いていますが、人は自分より下だと感じる人を、ついついぞんざいに扱ってしまうことがあります。

そして、男性は自分より下だと思う女性を好きになるわけではなく、自分より少し上の女性を好きになります、好きになりたいのです。

好きな彼の下手に出ないで対等に!
好きな彼の下手に出ないで対等に!好きな人の下手には出ない! これってよく、男性向けの恋愛ネタとして書かれていることなんです。 好きな女性の下手にでるな! ...

以前、趣味仲間と飲んでいたとき、そこにいた男性陣が言っていました。

「恋愛って、女性は選ぶ方だからいいよね〜。男性は選ばれる方だから難しい」って。

これを聞いてどう思いますか?

好きな人に選んでもらうことばかりを考えていた方は、「えっ?男性ってそんなこと思ってるの?」って驚いたかもしれませんね。

だから、もしかしたらあなたの好きな彼も、「男性は女性に選ばれる側」と思っている可能性だってあるし、その可能性は大きいとも言えます。

男性は選ばれる方、ということはつまり、

恋愛とは、男性が好きな女性に振り向いてもらえるように、あの手この手でアプローチを頑張って、選ばれるように努力をするものだ。

と、男性側は思っている、ということです。

だったら、好きな人に選ばれるんじゃなくて、「私が男性を選ぶ!」という発想の転換をしてみましょう。

行動は思考から生まれるものです。

だから、考え方を変えれば行動も変わってきます。

「私が男性を選ぶんだ!」という考え方のあなたは、好きな彼に対してどのように接するでしょうか?

きっと、今までより自分らしくいられるようになります。

だって、嫌われる心配はいらないから。

「わたしに嫌われて困るのは、あなたの方よ!」なんて強気でいられます。

もちろん、ここまで高飛車な態度を本人を目の前にして行わなくていいですからね。

恋愛は自分らしさを出すからうまくいく
恋愛は自分らしさを出すからうまくいくわたしの恋がうまくいっていなかった時って、 彼に好かれたくて、いい子って思われたくて、 自分らしさを全く出せていなかった時。 ...

男性は、その女性がいい人だから好きになるんじゃなくて、その人らしさを感じるから好きになります。

好かれよう、好かれようとしているいちは、残念ながら好かれません。

自分らしさという、あなたの最大の魅力が彼に伝わらないのはもちろんのこと、先にも書いたとおり、好かれよう、好かれようでは、あなたは彼の下になってしまうからです。

好かれよう、好かれようとするあなたは、彼から見て価値をあまり感じられないからです。

好きな人に選んでもらう、じゃなくて、私が男性を選ぶ。

「私はあなたのことが好きだけど、あなたより素敵な男性が現れたらそっちを選ぶから!」ぐらい、女性であることの余裕と、自分らしさという魅力を信じて、そう思ってみてください。

好きな彼のあなたに対する気持ちに変化が見られるかもしれませんよ。

『凪のお暇』のおばあちゃんが言っていたように、「自分で選ぶほうが人生楽しいじゃない!」です。

==追記==

先日、フリーアナウンサーの加藤綾子さんと、EXILE NAOTOさんの交際の報道がされていました。ある週刊誌のメディア記事のタイトルはズバリ「加藤綾子はなぜNAOTOを選んだか」のようなタイトルでした。

NAOTOさんが選んだ、ではなく、加藤綾子さんが選んだ、になっているのが面白いなぁと思いました。

売れてる恋愛・結婚本TOP100
売れてる恋愛・結婚本TOP100

わたしも恋愛本を何冊も何冊も読んで研究しました!どの恋愛本を読もうか迷っている方は、Amazon.co.jpで売れている「恋愛・結婚本」のランキングをチェックしてみましょう。ランキングは1時間ごとに更新されます。

>> 売れ筋ランキングを見る!