愛される女

愛を求めるのではなくて愛を与える

愛を求めるのではなくて愛を与える

私は彼のことが好きだ、大好きだ!

だから、「愛」はあるし、ちゃんと愛を与えている。

私はずーーーっとそう思って、勘違いをしていました。

実際には、その時その時にお付き合いをしていた彼氏にたいして、愛を与えていたのではなく、愛を求めていたんです。

「愛をちょうだい!」って。

頭の中には愛されることしか、なかったんです。

好きだから、それはすなわち愛を与えていることには、全然ならないのですね。

愛を与えるから、愛がもらえることに気づいたのは、彼に出会ってからです。

最初の頃はやっぱり愛されることしか考えていなくて、愛を求めていました。

彼が趣味に時間を割くことにたいして、私は不機嫌で対抗していました。

不機嫌になることで、愛をもらおうとしていたんです。

彼から愛をもらえないのに、私は愛を与える、優しくするなんて、できなかったのです。

そして、彼が優しくしてくれれば、私も愛を与える、そういうスタンスの恋愛をしていました。

だけど、やめました。

そう、『北風と太陽』の太陽になろうと思ったんです。

たとえば子供の頃、どんなに親に悪態をついても、親は愛情をそそいでくれたでしょう?

これですよね、愛情って。

もちろん、彼氏に暴力を振るわれているとか、暴言を浴びせられるとか、あなたのことをあまりにぞんざいに扱う彼氏にたいしては、我慢なんてしないで、逃げ出すべきです。

だけど、彼氏が思い通りになってくれないからと言って、不機嫌になる、というのは、「愛」がないですよね。

不機嫌になれば、彼氏だって嫌な気持ちになりますもん。

そういう相手の気持ちを考えられない女性は、恋愛はうまくいかないのです。

とくに愛を求める女性は、自分のことしか見えていないので、相手の気持ちまで考える余裕がありません。

私もまったく相手の気持ちを考えていなかった・・・。

だって、自分は「愛をもらえていない」被害者だと思っているから。

かわいそうなのは、自分だと思っていたから。

それでね。

彼が趣味を優先することも、飲み会へ行くことも、連絡がないことも気にしないで、愛を与えることにしたんです。

以前の私なら、そっけないLINEを送って、彼氏の気分を悪くさせていたであろう場面でも、それをやめて、ただ愛を与えました。

どんなに子供に悪態をつかれても見捨てない親のように。

そうしたら!

ちゃんと、彼からも愛がもらえるようになったんです。

私に歩み寄ってくれるようになったし、愛を感じるようになったんです。

実際には、趣味を優先したり飲み会へ行くことも、べつにいけないことではないんですよね。

彼の楽しみですから!!

私は本当に、愛を与えるのがド下手でした。

愛を与えるって、彼を思いやる、彼を尊重することなんですよね。

「私を優先してくれない彼氏なんて知らない!」

ではなくて、「趣味もストレス発散には必要だよね!」などと受け入れる。

何かあるといちいち不機嫌になるような女性は、どう考えたって愛されませんよね、愛なんてもらえませんよね。

なのに、当時の私にはそんな当たり前のことがわかっていなかったんです。

もし、誘いを断っただけで不機嫌になるような人がいたら、友達になりたいなんて思わないでしょう?

こちらが思い通りにならないだけで不機嫌になるような人は、ただの自分勝手!

彼氏との関係がなかなかうまく行かない女性は、愛を与えているのではなくて、愛を押し付けています。

自分の「好き」という気持ちを相手に押し付けているだけなんです。

彼に出会って、本当に私は変わりました♡

優しくしてくれるから、優しくする。
私のことが好きかわからないから、優しくできない。

なんていう、条件付きで愛の出し入れをしない!

最初は難しいかもしれません。

「してくれない」ことに注目しているから、「ありがとう」なんて言えないんです。

だけど、「してくれている」ことに注目をして、最初はちょっぴり悔しくても「ありがとう」を言う。

そうすると、本当に変わるから。

先日も書きましたが、恋愛に勝ち負けを持ち込むと、ずっと関係が不安定です。

「ありがとう」を言ったら負けのように感じるかもしれないけど、負けていい。

恋愛を勝ち負けで考えるから不安な関係がつづく
恋愛を勝ち負けで考えるから不安な関係がつづくなんだかいつまで経っても、彼氏とは不安な関係がつづく。 それって、恋愛を勝ち負けで考えているからかもしれません。 というのも...

引き寄せの法則でも、自分が出したものが返ってきます。

だから、愛を与えれば、愛が返ってきます。

愛を求めている状態って、その原点が「不足」だから、結局返ってくるのは「不足」なんですね。

「愛をちょうだい!」の気持ちでいればいるほど、愛はもらえないのです。

瀬戸内寂聴さんは、愛とは相手の心を想像すること、そして思いやることとおっしゃっています。

「好き」って言うことや、彼に構うことは愛情表現のひとつですが、愛を与えることと愛情表現をすることは違います。

愛を与えるとは、相手の気持ちを考えることができて、思いやれることなんですね。

お知らせ: Twitterをはじめました♡恋に効く言葉をつぶやいていきます。

ABOUT ME
イトイハナ
イトイハナ
【愛されオンナ研究家】男性心理を中心に心理学や引き寄せの法則を学び思考を変え、追いかける恋愛から大好きな人に愛される恋愛が叶う。その経験などを元に”スルッと愛される女になる!” をテーマに恋愛ブログを執筆中。パートナーと暮らしながら、愛される女性について研究しています。→プロフィール
関連記事