愛される女

恋愛上手はしている!自分を大切にする5つの方法

恋愛上手はしている!自分を大切にする5つの方法

大好きな人に愛されて大切にされる恋愛がしたい!

そう思ったとき、絶対にしなくてはいけないことがあります。

それが、「自分を大切にする」ことです。

「自分を大切にする」ことの大切さは、私自身、ものすごく実感していることであり、自分を大切にすることで、大好きな人に愛されて大切にされる恋愛ができるようになりました。

なぜ自分を大切にすると恋愛がうまくいくのか?

私が愛されない恋愛をしていた頃は、自分のことをおろそかにしながら「もっと愛して!大切にして!」と、心の奥で訴えていました。

愛されること、大切にされることを、欲しがっていました。

これでは、決して愛されないのです。

よく自転車のカゴで例えられますが、自転車のカゴにひとつゴミが入っていると、次々とゴミが入れられるようになります。

人の心理として、汚れているところは汚していい、と思ってしまうんですね。

ぞんざいに扱われているものは、自分もぞんざいに扱っていい、と思うものなんです。

同じように、自分を大切にしていない人は、「私を大切に扱わなくていいよ」というメッセージを発していることになります。

私がやっていたのは、これです。

「私のことを大切にしなくていいよ!」と言いながら、愛されること、大切にされることを望んでいたんですね。

反対に、自分のことを大切に扱っている人にたいして、他人は「この人は大切にしなくてはいけない、ぞんざいに扱ってはいけない」と思うようになります。

大好きな人からも大切にされる、というわけですね。

しかし、恋愛となると、自分を大切にしなくなり、結果、彼氏からぞんざいに扱われる女性が多いのです。

それは、自分より彼氏が一番になってしまうことも、ひとつの理由です。

自分を大切にするとは?

それではさて、自分を大切にするとは、どいうことでしょうか?

私も、数々の本を読んでいくなかで「自分を大切にしましょう」という言葉に出会いましたが、最初はちんぷんかんぷんでした。

なぜなら、それまでずーっと自分を大切にしてこなかったから、「自分を大切にする」という感覚がつかめなかったんです。

今まで「当たり前」のようにしてきた、自分をおろそかにすることに慣れすぎてしまっていたんです。

でもね。

今まで自分をおろそかにしていたのならチャンスです!

自分を大切にするようになるだけで、本当に変わりますから!

いま、恋愛がうまくいっていない女性のみなさん、期待していてくださいね。

それでは早速、自分を大切にする5つのことをご紹介してきます。

【1】自分の感情を大切にする

「自分を大切にするとはどういうことか?」

これをひと言で説明してください、と言われたら、「自分の感情を大切にすること」と答えます。

自分の感情を、ちゃんと気にかけてあげることですね。

そして、わざわざ自分を悲しませる、嫌な思いをさせる、苦しませる感情を選ばない、ということです。

私の場合は、なにかを選択するときに、自分が「心地いい」と思うほうを選択するようにしています。

誘われたイベントに行くか行かないかも、どちらが「心地いいだろう?」と問いかけて、心地いいほうを選びます。

「断ったらノリが悪いと思われるかな?」なんて考えずに、自分が「そうしたい」と思うほうを選びます。

大好きな人にたいしても、「疑う」という感情より「信じる」方がずっと心地よくありませんか?

そうやって、わざわざ自分が嫌な気持ちになる感情を選ばない。

また、自分を喜ばせてあげることも、自分を大切にすることです。

頑張り屋の女性のみなさんは、頑張ることや我慢することに慣れすぎてしまっているかもしれません。

だけど、もう少し自分勝手に、自分がやりたいことをやって、自分をよろ喜ばせてあげてくださいね。

【2】彼より自分を大切にする

大好きな人ができると、自分より相手を大切にする女性は多いでしょう。

しかし!

これが、恋愛がうまくいかなくなる大きな要因のひとつです。

誰よりも大切であるはずの「自分」より、彼が一番になってしまったら、恋愛に黄色信号がともります。

なんでも彼の都合にあわせ、彼の言うことを聞き、彼に「No」が言えず、彼を楽しませ、彼に尽くす。

これらをやっていたのは、愛されない頃の私なんだけれど、こんなことをしていたら、どんどん愛がもらえなくなるんです。

これらの行動って、彼にたいして「私を大切に扱わなくていいですよ!」と宣言しているようなものなんです。

彼より自分を大切にする、自分を一番にする。

これを肝に命じておきましょうね。

【3】自分に手をかけてあげる

たとえば、綺麗に手入れされた日本庭園を訪れたとき。

じゃり道をかけずり回ったり、ゴミをポイ捨てしたり、芝生のうえを歩いて芝を踏みつけたり、なんてことはしませんよね?

清掃員の方によって、毎日綺麗に手入れされている日本庭園では、このようなことはできないものです。

同じことは、人でも言えます。

自分に手をかけてあげている女性にたいして、男性は「雑に扱おう」とは思いません。

手をかけてあげるとは、たとえば以下のようなこと。

・綺麗な洋服を着させてあげる
・お風呂に入れてあげる
・お肌を保湿してあげる
・髪の毛を綺麗にしてあげる
・おしいご飯を食べさせてあげる

忙しいときにはつい自分のことが後回しになってしまったり、「面倒だなぁ」と思うときだってあるでしょう。

だけど、自分に手をかけてあげるって、本来なら心地のいいことなんです。

自分が喜ぶことであるはずなんです。

少しずつでもいいので、今より自分に手をかけてあげられるようになると、大切に扱われるようになりますよ。

【4】好きな人にするようにする

好きな人が仕事でうまくいかなくて落ち込んでいるとき、あなたならなんて声をかけますか?

「◯◯くんなら大丈夫だよ」などと声をかけてあげるのではないでしょうか?

少なくとも、

「◯◯くん、まだまだ頑張りが足りないんじゃない?」
「◯◯くん、全然ダメだね。」

なんて声をかけないでしょう。

しかし、自分にたいしては、このような声がけを頭の中で行なってはいないでしょうか?

「甘いもの食べないって決めたのにまた食べちゃったー。ほんとダメだ、私」

なんてことをやっている女性は、多いでしょう。

自分を大切にするということは、好きな人にするように、自分にもしてあげることであり、

好きな人にしないことは、自分にもしない、ということです。

好きな人が疲れていたら「もっと休んでいれば?」って言ってあげるでしょう?

だけど自分には「休んでちゃダメだ!」なんて言っちゃうこと、あるでしょう?

好きな人が寝るなら、シーツも綺麗に洗濯をして、フカフカの布団で寝てほしいって思うでしょう?

なのに、自分が寝るベッドのシーツをしばらく洗っていなかったりしませんか?

好きな人にするように、自分を大切にして、自分に優しくしてあげてくださいね。

【5】自分を大切に扱ってもらう

私はたまに、アロマの香りがふんわりと香るマッサージサロンへ行きます。

お客さんとして丁寧に扱ってくれるし、私の身体をとても丁寧に扱ってマッサージをしてくれます。

そして、施術のあとにゆっくりとハーブティーをいただく時間がたまらないんですよね。

こうやって、自分を大切に扱ってもらえる場所に身を置くことで、「大切に扱われる」感覚になれることができます。

そうすると、彼から大切にされることも、すんなりと受け取ることができるようになります。

お知らせ: Twitterをはじめました♡恋に効く言葉をつぶやいていきます。

ABOUT ME
イトイハナ
イトイハナ
【愛されオンナ研究家】男性心理を中心に心理学や引き寄せの法則を学び思考を変え、追いかける恋愛から大好きな人に愛される恋愛が叶う。その経験などを元に”スルッと愛される女になる!” をテーマに恋愛ブログを執筆中。パートナーと暮らしながら、愛される女性について研究しています。→プロフィール
関連記事