愛されオンナ磨き

好意は見せすぎない!チラ見せぐらいがちょうどいい

好意は見せすぎない!チラ見せぐらいがちょうどいい

追いかけるのが好きな女性は、その大好きな気持ちを「これでもか!」というぐらい、相手にみせてしまいます。愛情表現をするのが楽しくて仕方がないんですね。だけど、私はこれまでの恋愛で学びました。好意は見せすぎないほうがうまくいく、ということを。男性は自分から愛したい生き物です。男性があなたを愛する隙をどうぞあげてくださいね。

スポンサードリンク

これまでの恋愛経験で学んだことがあります。

それは

好意はチラ見せぐらいがちょうどいい!

ということ。

とくにまだお付き合いがはじまっていない段階で

ガツガツ、グイグイと男性に好意を見せたところで

男性のほうにまだ覚悟がなければ
距離を置かれかねません。

追いかけたい派の女性のなかには
このような経験がある方も多いのではないかと思います。

好き好きアピールのしすぎは余裕のなさや
焦りを露呈するものとなってしまうのです。

そしてまた

男性が自分からはなにもしていないのに
こんなに好意をみせられてしまっては

男性の
女性に尽くしたい願望
女性の役に立ちたい願望

そういった願望を叶える隙がなくなってしまいます。

だって

男性のほうからなんにもしなくても
好きだ、好きだアピールしてくれるのですから。

彼女を手に入れたくって
あれやこれやと
彼女を喜ばせる方法を考えるのは
男性だって楽しんですよ♡

たとえばLINEにしたって
ハートマークはたまにもらえるから嬉しいんです!!

当たり前のようにハートマークがついていたら
あなたのハートマークの価値がなくなってしまいます。

彼があなたにものすごーく優しい言葉をかけてくれたときに
「嬉しい、ありがとう♡」
ってハートマークをつけるとか。

彼がめったに言わないキュンとくる言葉を送ってくれたときにだけ
ハートマークをつけるとか。

ハートマークはご褒美ぐらいがちょうどいいんです!!

そうしたら彼も
ハートマークをもらいたくって
また照れ臭そうにキュンとする言葉をかけてくれるかもしれません。

好きだからこそ、好きがあふれて
彼に「好き、好き」を
言葉なり行動なりで伝えたい気持ちはよーくわかります。

だけど

そうゆうときって
頭のなかが彼ばかり、恋愛ばかりになっている時。

そうゆう女性は
男性にとってあまり魅力的にはうつらないものです。

恋愛がうまくいく女性は、恋愛だけにならない女性

恋愛だけになっていないから
そんな彼女を、追いかけたくなってしまうのです。

ところで、好意のチラ見せって、どうすればいいの?
と思うかもしれませんが

わたしが思う、好意のチラ見せとは
好意を見せよう、伝えようとしないこと。

「彼のことが好き♡」

それなら、好意は自分から見せよう、伝えようとしなくても

彼と一緒にいるときに楽しんでるあなた
彼と一緒にいるときに幸せそうなあなた

それだけで
十分に好意は伝わります♡

そしてまた

彼が優しい言葉をかけてくれた時
彼が手助けしてくれた時など

彼があなたに対してなにか嬉しいことをしてくれた時に

「ありがとう♡」
「嬉しい♡」

を伝えるのも、好意ですよね。

まだお付き合いがはじまる前なら

彼がLINEをくれたときに
「LINEしてくれて、ありがとう♪」
と返信する。

これだけでも、十分に好意は伝わります。

自発的に、好き好きアピールをして好意を見せすぎるのではなく

彼と一緒にいて楽しいこと、幸せなこと
彼がしてくれたことに対する嬉しさ

彼を好きだからこそあふれる
これらの自然な感情を表現するだけで十分伝わります。

そうして彼もまた
「俺といるとこんなに嬉しいのか!」
「彼女にもっといろんなことをしてあげたいな!」

って

あなたに尽くす喜び
あなたの役に立てる喜びを味わい

彼女にこんなにいろんなことをしている・・・
俺って・・・
彼女のことがこんなに好きなのか!!

と気づくのです。

↓↓恋愛ブログの人気ランキング♡↓↓
にほんブログ村 恋愛ブログへ

スポンサードリンク