片思い

好意を見せる、見せない問題!チラ見せぐらいがちょうどいい

好意は見せすぎない!チラ見せぐらいがちょうどいい

好きな男性に好意を見せる派と、見せない派にわかれるのですが、私は断然「好意を見せる派」でした。

その理由は、「私に好意を寄せられたら、嬉しいだろう」という、とっても、おめでたい思い込みがあったからです。

一方で、好きな男性に好意を見せない派の女性は、「好意を見せて嫌われたくない」という理由からでしょう。

まだ恋愛がはじまっていないのに好意を見せて、やんわりとでも拒否されたら嫌だから。

好意はチラ見せぐらいがちょうどいい

私がこれまでの恋愛経験で学んだことのひとつ、それは「好意はチラ見せぐらいがちょういい」ということです。

基本的に、男性は女性が大好きです。

それはきっと、あなたが思っている以上に、男性は女性が大好きです。

しかし男性は、女性に嫌われることをとても恐れていて、なので、モテる男性(モテると思っている男性もふくむ)をのぞいては、自分からなかなか女性に近づく、なんてことをしません。

そんな時、女性から好意を見せられると、とりあえず嬉しく思うのが男性なのです。

恋愛ベタさんは、自分の価値を低く見積もりすぎますが、大丈夫だから!!

あなたに話しかけられて、好意を見せられて嫌がる男性はいませんから!

そして男性は、女性からの好意を感じたことがキッカケで、相手の女性に興味をもちだすことが多いんです。

この手の話は本当によーーく聞きます。

だから、好きな男性がいるのなら、頑なに「好き」がバレないようにするよりは、好意はチラ見せした方が断然うまくいくでしょう。

そして、モテる女性というのは、「もしかして俺、イケるかも!」と男性に思わせるのが上手な女性なんです。

つまり、好意のチラ見せが上手なんです(なんとも思っていない男性にたいしては、無意識に思わせぶりな態度を取れてしまう、ということ)。

好意は見せすぎないこと!

私が片思いで失敗してきた原因は、ぜーんぶコレ(笑)と言っても過言ではありません。

そう、好意を見せすぎてしまっていたんですね。

なんとなーく、こちらから好意を見せると、たいてい相手の男性も興味を持ってくれるんです。

そして、まだ20代前半の頃は、こちらが好意を見せて、相手からグイグイ来られると、私が引いてしまっていたんです…。

究極の追いかけたい女子だったのですね。

しかし!

こちらが好意を見せて、相手からも興味を持ってもらえたんだけど、なんだかペースが遅かったり、一向に告白してこない。

なんてことになると、しびれを切らして好意を見せすぎてしまっていました。

好意を見せすぎるとはどういうことかというと、以下のようなことです。

・用もないのに連絡をしすぎる
・LINEで感情を伝えすぎる
・やたらと会いたがる

こうなると、明らかに相手の男性との間に温度差が生まれてくるんですね。

まだお付き合いがはじまっていない段階で、ガツガツ、グイグイと男性に好意を見せたところで、

男性のほうにまだ付き合うという気持ちや覚悟がなければ、距離を置かれます。

例えてみるなら、買おうかどうしようか迷っている商品にたいして、「早く買ってください!」「この商品はこんなにいいものなんですよ!」「今買わないと損しますよ!」などと、店員さんに詰め寄られているようなものですから。

恋愛はふたりでするものなので、相手のペースを無視してしまっては、うまくいくものもうまくいかなくなってしまいます。

そして、好き好きアピールをしすぎることで、余裕のなさや焦りを露呈するものとなってしまい、

最初は魅力を感じていた女性にたいしても、「そうでもないかも?」なんて思うようになったりするんです。

好意を見せすぎないで「追いかけたい」願望を満たしてあげる

挑戦して勝ち取ることが好きな男性にとって、価値のある女性を追いかけて手に入れたい!という楽しみも、

女性から好意を見せすぎることによって、奪われてしまいます。

相手の女性にたいして何も頑張っていないのに、いとも簡単に好きになられてしまっては、

男性の、

・女性を喜ばせたい願望
・女性の役に立ちたい願望

などの出番がなくなってしまう。

女性は、好きな男性に好かれたくて、外見を磨いたり、お洒落するのって楽しいでしょう?

同じように男性だって、好きな女性に好かれるために頑張りたいんです。

それなのに!

自分が何もしなくても、明らかな好意を見せられてしまっては、彼女を手に入れたくて、「どうしたら彼女は喜ぶかなぁ」なんて考える楽しみがなくなってしまうのですね。

恋愛がうまくいく「好意のチラ見せ」とは?

それではさて、恋愛がうまくいく「好意のチラ見せ」とは、どの程度のことなのでしょうか?

それはただ、彼のことを「好きだなぁ♡」と思うことです。

この気持ちを隠さなくていいし、無理に好きアピールもしなくていい、ということ。

たとえば、異性でなく同性からでも、「あ、私、なんか好かれてるなぁ」って感じることあるでしょう?

好きだから、話しかけたくなるし、好きだから一緒にいると笑顔になったりする。

好きだから、用事がなくても連絡したくなるし、好きだから会いたくなる。

べつに連絡してもいいし、会いたがってもいいけれど、過去の私のように、「やたらと」になると、距離を取られてしまいかねない。

「やたらと」になると、相手の男性には、「彼女は俺のことばかり考えているんだな」というがすっかりバレてしまうから。

とくに、相手の反応がにぶいときに、不安にかられて行動してしまうと、それはたちまち相手の男性にとって重たくなってしまいます。

そして、日常生活が彼だけにならないことが、ものすんごーーく大切です。

相手のことが大好きすぎると、頭の中が彼だけにならないことの難しさは私もよくわかりますが、

彼だけなってしまうと、一気に余裕がなくなってしまいます。

だから、ただ「彼のこと好きだなぁ♡」って思っていると、あなたからはただただ、キラキラしたオーラが出て、そんなあなたに恋をしてしまう、かもしれない。

男性は、楽しそうにしている女性が好きだから。

一緒にいるときに、楽しそうに、嬉しそうにしていると、彼もまた、

「俺といるとこんなに嬉しいのか!」
「彼女にもっといろんなことをしてあげたいな!」

などと、いつの間にか、あなたに恋心を抱いていたりするんですね。

つまり、

・彼のこと「好きだなぁ♡」
・でも、彼だけにならない

こういう気持ちでいられると、恋愛がうまくいく好意のチラ見せができるようになりますよ。

Twitterしてます。フォローや「いいね」本当にありがとうございます♡

ABOUT ME
イトイハナ
イトイハナ
【愛されオンナ研究家】男性心理を中心に心理学や引き寄せの法則を学び思考を変え、追いかける恋愛から大好きな人に愛される恋愛が叶う。その経験などを元に”スルッと愛される女になる!” をテーマに恋愛ブログを執筆中。パートナーと暮らしながら、愛される女性について研究しています。→プロフィール
関連記事