男性心理

男性の言葉よりも行動を信じる

男性の言葉よりも行動を信じる

恋愛ベタさんは、男性の言葉をものすごく重要視します。

「彼があんなことを言った」
「彼が◯◯って言ってくれない」

などと、実際に彼が口にした言葉であれ、LINEの中の言葉であれをとても重要視して、彼のなにげない一言に悩み、それを「問題」にします。

私が数々の恋愛で学んだことは、男性の言葉より行動を信じる!ということです。

よく言われることなので、聞き飽きている方もいらっしゃるかもしれませんが、本当に言葉より行動だなぁと実感しています。

言葉から愛情を図ろう、気持ちを読み取ろうとするから、恋愛を難しくさせるんですね。

言葉は便利に使えるもの

言葉って時にはとても便利に使えるものです。

怒っている相手にたいして、「ごめんね」なんて思っていなくても、ひとまず「ごめんね」と言えば、その場が言えば丸く収まることだって、ある。

その場の雰囲気や、その場を丸くおさめたくて、なんとなく言葉を発することは、男性だけでなくて女性でもあることですよね。

たとえば「また飲みに行こう!」と、とくに好きな男性から言われたら、女性は「いつお誘いが来るんだろう?」とウキウキして待つことでしょう。

しかし待てど暮らせど彼からは連絡がなく「もしかして社交辞令だったのかな」と落ち込んだり、「いつ飲みに行きますか?空いてる日ありますか?」なんて急かしてしまう。

男性は、その時のテンションで「また飲みに行こう」と言っただけです。

ウソとまではいかないけれど、その時は「また飲みに行きたいな」と思ったから言ったし、その時に「また飲みに行きたいな」と思った気持ちは本当だった、だけ。

私も男性の言葉のひとつひとつに意味をもたせすぎたり、期待しすぎることをやめたので、恋愛をこじらせずにすみました。

行動を見るようにしたので、「あ、なんだか雑に扱われてるな!」と感じたら、ちょっと距離をとって離れたりすることができるようになりました。

男性は言葉で感情を伝えるのが苦手

彼が「好き」って言わない。
彼が「寂しい」って言わない。

男性は愛情表現のみならず、そもそも感情を言葉にするのが苦手です。

女性は「嬉しい」「楽しい」「寂しい」などの感情を言葉にすることに抵抗がないので気づかないかもしれませんが、

男性同士の会話を聞いていたり、男性と話していると、これらの感情を伝える言葉をあまり使わないことに気づくと思います。

わかっていても言葉がほしい女性にとっては、そんな男性が物足りなく寂しく感じるかもしれませんが、

苦手なことを「やって!」と言われても、苦手なものは仕方がないですよね。

私は彼に「バンジージャンプしようよ」と言われるけど、断固として私はバンジージャンプは飛びたくありません!!(笑)。

苦手なものは、苦手なんです。

言葉より行動を信じる

言葉は口で言うだけだけれど、行動するには、大なり小なりの労力が必要であり、時間も必要であり、お金が必要な場合もあるでしょう。

なにより「そうしたい」気持ち、感情がないと、行動ができないし(もちろん、嫌々やることはゼロではありませんが)、

なんとしてでも「そうしたい」と思ったら、ちゃんと行動します。

感情が行動を駆り立てるからです。

さきほど、私は断固としてバンジージャンプを飛ばないと書きましたが、もしかしたら口では「わかった、わかった、バンジージャンプしよう」と言って、その場を丸くおさめても、実際にバンジージャンプの施設へ行けば、飛ばないわけです。

言葉ではなんとだって言えるけれど、やりたくないものはやりたくない、できないことはできないんですね。

だから「好きだよ」なんて言葉も、その場を丸く収めたくてなんとだって言えてしまうし、「好きだよ」の言葉よりも、彼の行動を信じてください。

もちろん、彼女を安心させたくて「好きだよ」と言うのだとしたら、それも立派な行動ですけどね。

だけど「好きだよ」と言いながら、全然会おうとしないなら、それはやっぱりひとまず距離をおくべきです。

自分を大切にするためにも。

男性は言葉より行動を重視する

そもそも男性は言葉より行動を重視します。

言葉で軽々しく気持ちを伝えるよりも、「愛」は行動で示そうとします。

つまり、男性自身も、言葉ではなんとだって言えることを知っているし、軽々しく便利な言葉を使うことだってあるんですね。

LINEで気持ちや感情を共有したがる女性と、そうでない男性の違いからみても、わかるでしょう。

ということは、男性にとっても女性の言葉より行動を重要視する、ということなんですね。

このことは彼と一緒にいても、すごくよく感じます。

私が言葉で伝えたことよりも、結局行動を見ているんだなぁ、ということを感じるんです。

なんて言うと、彼は私のために「何もしてくれてない」と感じてしまう女性もいるかもしれませんが、まずは「してくれる」ことに気づくことからです。

彼があなたのためにしてくれる一つ一つの行動すべてが、あなたへの「愛」ですから、どうぞその「愛」を信じて受け取ってあげてください。

・「寂しい」ってLINEしたら電話してくれた
・ワガママを叶えてくれた
・体調が悪いときに心配してネットでいろいろ調べてくれた
・忙しいけど連絡してくれる
・忙しいけど会う時間をつくってくれる
・オチのない話を聞いてくれる
・私が疲れたときには料理をつくってくれる

小さなことに見えることでも、不器用な男性があなたのためにしてくれる行動を一つ一つちゃんと受け取ることで、彼もますますあなたを愛したくなるんです。

男性は女性がどうしたら喜ぶのかわからないし、女性のように察することもできません。

だから、彼女が連絡を欲しがっていることに気づいてなければ、連絡をしないかもしれません。

あなたがよく気がつく気の利く女性であればあるほど、気が利かない男性に対して愛情がないように感じるかもしれませんが、そうじゃない!

彼はただ「わからない」だけで、わからない中で精一杯あなたのために何か行動してくれているかもしれません。

「大好きな彼女の役に立ちたい」
「大好きな彼女を喜ばせたい」
「大好きな彼女を幸せにしたい」

彼女に対しては、ただ純粋にこう思うのが男性です。

うっかり見過ごしてしまいそうな、日常のなかの小さな行動のひとうひとつが、彼の愛情表現です。

そう思うと、彼はたくさんの愛情表現をしてくれていませんか?

男性は、「そうしたい」「そうする」と思ったことは、ちゃんと行動に表します。

行動しないのなら、「今」のところはそういうこと、なんです。

Twitterしてます。フォローや「いいね」本当にありがとうございます♡

ABOUT ME
イトイハナ
イトイハナ
【愛されオンナ研究家】男性心理を中心に心理学や引き寄せの法則を学び思考を変え、追いかける恋愛から大好きな人に愛される恋愛が叶う。その経験などを元に”スルッと愛される女になる!” をテーマに恋愛ブログを執筆中。パートナーと暮らしながら、愛される女性について研究しています。→プロフィール
関連記事