思考・マインド

好きな人に好かれたいなら今すぐ媚びるのをやめる

好きな人に好かれたいなら今すぐ媚びるのをやめる

ついつい好きな人に媚びてしまう、なんてことありますよね。

好きな人に媚びるのは「好かれたい」「気に入られたい」からです。

好きな人を褒めたら喜んでくれて、だからもっと褒めて、褒めて、褒めまくろう、そしたら好きになってもらえるかも…

と褒めても、そこに媚びが入っていると、そのうち見破られてしまいます。

褒めたところで、だんだん相手の反応がにぶくなっていきます。

あなたもそうだと思いますが、「あ、この人、私に好かれたくて媚びてるな」と感じ取った瞬間から、その人の言葉が耳に入ってこなくなりませんか?

なぜなら、信用できないからです。

信用できるのは、媚びる人じゃなくて正直な人です。

信用できない人を好きになる人なんて、いませんよね。

そしてそもそも、媚びられている方は、じつはあんまり嬉しくない!あんまり、どころか普通に嬉しくない。

だから、好きな人には媚びなくていい!

媚びることは「自己卑下」につながる

好きな人に媚びて、相手が「この子、俺に媚びてるな」と感じとった瞬間から、彼はあなたのことを下に見るようになります。

つまり、彼のなかで主導権が自分にあることに気づきます。

そもそものところで「好かれよう」という気持ちで相手に接するということは、自分からすすんで相手の下の立場にいこうとするようなものです。

だから「好かれよう」とするほど、好かれません。

人はどうしても、自分よりちょっと上の人を魅力的に思ってしまうものだから。

そして、誰かにたいして媚びるということは、自己卑下につながります。

「媚びて好かれよう」とする行動をつづけていると、自分には価値がないという思い込みが強くなっていってしまうんです。

私も好きな人にはさんざん媚びていましたが(笑)、相手の反応がうすくなってくると、だんだん媚びている自分が嫌になってくるんです。

好きな人へのLINEには、とにかく「恋愛のさしすせそ」を散りばめていたものです…。

「好き」はバレてもいいけれど(ただし確信はさせない)、「好かれたい」がバレると、いくら「恋愛のさしすせそ」を使ったところで、やっぱり媚びているように思われても仕方がありません。

そして、相手の反応のにぶさに我れにかえり、なんだか媚びている自分が惨めに思えてきて、自己嫌悪に陥っていました。

だから、好きな人に好かれたいがために媚びているのなら、今すぐやめる!

自己肯定感を下げないためにも、今すぐやめましょう。

媚びるのではなく「いいところ」に気づく

いいところに気づいて褒めるのと、媚びるのは違います。

私の友達のSちゃん、Aちゃんは、私のことをいつも褒めてくれます。

だけど私は、彼女たちから媚びなんて一切感じません。

彼女たちは、私に媚びているんじゃなくて、人のいいところに気づくクセがあり、いいところを見つけるのが上手なだけ、なんです。

一度Aちゃんに、「Aちゃん、いつも私のこと褒めてくれるから嬉しい」と伝えたら、「ほんと〜?思ったこと言ってるだけだよ」と平然と言っていました。

好きな人に好かれる秘訣は、「好かれたい」という思いで近づかないことです。

なんども書きますすが、「好かれたい」と思うほど、好かれないんです。

だから、好きな人に好かれようとするのではなくて、ただ、好きな人のいいところに気づいたら、それを教えてあげればいい。

それが、正直な人です。

だって単純に、いいところを伝えたら、きっと相手も嬉しいでしょう?

媚びる人は、相手を喜ばせるためではなくて、自分が好かれるために褒めるんですね。

そして、Sちゃん、Aちゃんといて私が居心地がいいのは、彼女たちは私を認めてくれていると感じるからです。

つぎの項目の話にもつながりますが、私のそのまんまを「否定」せずに、私を認めてくれているから、一緒にいて居心地がいいんですね。

媚びるのではなく「否定」しない

いくら正直な人が好かれると言っても、人は自分を「否定」してくる人にたいして、いい気持ちはしません。

正直な人であれば、相手を嫌な気持ちにさせていいわけではありませんよね。

好きな人に好かれたくて媚びるのではなく、好きな人のことをそのまま認めて、否定しない。

相手のそのままを、ただ受け入れるんです。

「そんなのよくないよ!」
「それはちょっと違うんじゃない?」
「そんなのありえない!」

と思っても、それは、ただ自分の価値観と、相手の価値観がちがうだけであり、自分の価値観を押しつける人はどうしたって好かれません。

自分の価値観や意見とちがっても、相手の価値観や意見も尊重して、ひとまず受け入れるんです。

あなたもそれでいいし、私もこれでいい、です。

男性に好かれる女性って、正しさで勝負しようとしません。

好きな人に媚びるのはやめる!

先ほど「恋愛のさしすせそ」についてちょこっと触れましたが、とくに「さすが!」や「すごい!」は、男性にとっていい意味で破壊力のある言葉です。

何がすごいのかよくわからなくても「すごい」って言われるだけで、男性は笑顔になってしまうんです。

だけど、たとえば「さすが」に関しては、媚びが入っているのがバレてしまった途端に、なんだかバカにしているようにも思えてくる、不思議な言葉です。

好きな人にLINEするときは、「好かれたい」クセが身についていると、もしかしたらほぼ無意識に媚びが入ってしまうかもしれませんが、

もしLINEをした後で「あーわざとらしかったかな」なんて感じたのなら、それはあなたが媚びているから。

大丈夫!

あなたは媚びなくたって好かれるから。

もっと自分の価値を信じて、堂々と正直にいてください♡

Twitterしてます。フォローや「いいね」本当にありがとうございます♡

ABOUT ME
イトイハナ
イトイハナ
【愛されオンナ研究家】男性心理を中心に心理学や引き寄せの法則を学び思考を変え、追いかける恋愛から大好きな人に愛される恋愛が叶う。その経験などを元に”スルッと愛される女になる!” をテーマに恋愛ブログを執筆中。パートナーと暮らしながら、愛される女性について研究しています。→プロフィール
関連記事