愛される女になる

彼氏にますます愛される感謝法

彼氏にますます愛される感謝法

「ありがとう」という感謝の言葉は、恋愛だけでなく、人間関係においても本当に大切です。

お年寄りに席を譲ったとき「すみません」と言われるより「ありがとうございます」と言われるほうが、断然嬉しいでしょう?

「ありがとう」って、言われた方がとても気持ちがよくなる、素敵な言葉なんですね。

彼氏には、ついたくさん「好き」を伝えてしまう女性も多いかもしれませんが、「好き」をたくさん伝えるより、なにげない日常のなかで「ありがとう」をたくさん伝える方が、はるかに愛されます。

男性は女性からの「ありがとう」という言葉によって、自分は役に立てている、喜ばせることができた、と自尊心が満たされるのですね。

「好き」は言いすぎると言葉の重みがなくなってしまいますし、たまーに伝えるからこそ気持ちが伝わる言葉です。

しかし「ありがとう」は、そうではありません。

二人の間で「ありがとう」が圧倒的に少なくなってしまうと、冷たい空気が流れ込みます。

当たり前が増えていき、感謝の気持ちがなくなってしまうと同時に増え始めるのが、不満なんです。

男性の恋愛の悩みでは、「付き合い始めてから、彼女からの要求が増えた。」というものが多いのだそうですよ。

さて、彼氏が何かをしてくれた時に「ありがとう」と言葉にして伝えているのなら、ぜひそのまま「ありがとう」を言いつづけてください♡

彼氏がしてくれることを当たり前だと思わずに、彼氏がしてくれることに気づいて感謝ができる女性は、ずっと愛されつづけます。

しかし、さらに愛される感謝の仕方があります。

それは・・・

彼氏が過去にしてくれたことに対して、感謝をすることです。

彼氏が車道側に変わってくれた時に「ありがとう」と言ったり、プレゼントをもらった時に「ありがとう」と言う。

これは、多くの人がやっていることだと思います。

しかし、彼氏が過去にしてくれたことに感謝ができる女性は、もしかしたら少ないかもしれません。

わざわざ、「過去にしてくれたことに感謝しなくちゃ!」と思い出してまで感謝をしなくていいんだけれど、

男性って、自分が彼女からしてもらったことって、実はあんまり覚えていなかったりしますが、

自分が彼女にしてあげたこと、そして喜んでくれたことって、覚えているものなんです。

(あ、あと、自分の話に彼女が大笑いしてくれた時のこととかね)

自分が何かをやって、彼女に影響を与えたことは覚えているもんなんですよね。

彼女に過去のことをあらためて感謝されると、本当に感謝してくれているんだなと、嬉しさが増し、こうやって感謝してくれる女性とずっと一緒にいたいと思うようになります。

そして「これからも彼女にいろんなことをしてあげたいな」と、愛おしくなってしまうのですね。

たとえば一緒にテレビを観ていて、「あ、ここ、去年連れて行ってくれたところだ!はじめてアルパカ見て感動したんだよね〜♡ずっと見てみてかったから、すごく嬉しかったの♡忙しかったのに、連れて行ってくれてありがとね。」

とか、

「○○くんが沖縄に旅行したときに買ってきてくれた、このイヤリング、夏にぴったり!!このワンピースにすごく似合うの〜♡いつもお土産買ってきてくれてありがとう。」

とかね。

女性って男性より口が達者だから、口論になった時とか、過去のことを蒸し返して非難しちゃうことってあるでしょう?

「いっつも口だけじゃん!去年の誕生日だって結局どこにも連れて行ってくれなかったじゃん!」

なんて。

これって、男性がものすごく嫌がることです。

過去のことを蒸し返して非難するのではなく、過去のことに感謝すれば、一点してますます愛されるというのに!

長く一緒にいると当たり前が増えていき、ついつい感謝することを忘れてしまうもの。

過去のことはおろか、いま現在彼氏がやってくれたことに対しても「ありがとう」の気持ちを忘れてしまうようになるかもしれません。

しかし、大好きな人とずっと一緒にいたいのなら、感謝は絶対に忘れてはいけない気持ちです。

愛される女性って、ちゃんと「ありがとう」が言える女性で、これはもう絶対条件!

「俺がしてあげた」ことを受け取って「ありがとう」を言ってくれる女性に、愛情を募らせ、愛おしさが増していくのですよ。

私も利用してます♡OZmallが厳選したエステサロンで綺麗になろう。

イトイハナのお気に入り
イトイハナのお気に入り

美容系や雑貨、ファッションなど、私のお気に入りアイテムをたまに更新していきます。お時間があれば、ぜひのぞいてみてくださいね。

イトイハナのお気に入り