愛されオンナ磨き

こんな子ほかにいない!彼の特別な女性になる方法

こんな子ほかにいない!彼の特別な女性になる方法

大好きな彼の特別な女性になるにはどうしたらいいのでしょう?「こんな子、ほかにいない!」と彼が手放したくなくなる女性って、どんな女性なのでしょう?絶世の美女?それとも料理がプロ級の女性?いえいえ、どちらも魅力的ではあるけれど、たった一人の特別になるにはちょっと物足りないのです。それでは一体、どんな女性が、彼にとって特別な、「こんな子、ほかにいない!」そんな女性なのでしょうか?

スポンサードリンク

「こんな子、ほかにいない!」
「この子は、ほかの子と違う!」

そんな、彼にとって特別な女性になるにはどうしたらいいのでしょうか?

料理がプロ並みに上手な女性
芸能人のように可愛い女性
思いやりにあふれた優しい女性

たしかに、こんな女性がいたら惚れてしまうかもしれません。

だけど、彼にとって特別な
「こんな子、ほかにいない!」
になるには、これでは弱いのです。

それでは、

「こんな子、ほかにいない!」
そんな、彼にとって特別な女性って一体どんな女性でしょうか。

その答えは・・・ズバリ!

彼のことを、彼以上に信じている女性

これは、浮気をしないと信じるとか、そうゆう信じるではなくて、(もちろん、これも信じるの一つなのだけれど)

彼をまるごと信じている、ということ。

「あなたなら、なにがあっても大丈夫!」
という思いを心に秘めている、ということ。

人がなにかを信じる時には、信じるに値する根拠を求めがちです。

◯◯だから、信じる。
◯◯だから、信じられる。

そうではなくて、

そのままの彼を信じてあげる。

そのままの彼を、”よし”として受け入れることができる。

そんな女性は、彼にとって特別な女性になります。

とくに、

彼が今まで出会ってきた女性が、彼に対して不満や要望が多い女性ばかりだった場合は、

そのままの自分を受け入れてくれる女性と出会って、強く

「こんな子、ほかにいない!」
と感じるでしょう。

自分のことを否定せずに、受け入れてくれる、そんな女性にはただならぬ居心地のよさを感じ、手放したくないと思います。

そしてまた、

人は自分のことを理解してくれる人がいると安心します。

だから、

彼のことを一番理解している女性になれたら、やっぱり彼にとって特別な女性になります。

男性はかっこよくいたい生き物です。

とくに、好きな女性の前では、かっこよくいたいです。

だから、好きな女性だからこそ弱音を吐けない、なんて話も聞きます。

だけど、人間だもの、弱い部分だってあるし、弱音を吐きたくなるときもある。

そんなときに、

彼のことを理解している女性は、彼が弱音を吐けるような雰囲気を自然とつくれていたりするものなのです。

「この子になら弱音を吐いても大丈夫!」

そんな雰囲気をつくれているのです。

彼のことを理解しているからこそ、彼の気持ちをわかってあげられる。

彼がかけてほしい言葉をかけてあげられる。

これはもちろん、甘やかす、ということではなくて。

女性だって、そうですよね?

優しい言葉をかけてほしい時に、彼が絶妙に優しい言葉をかけてくれる。

そうやって自分のことを理解してくれている彼に、

「やっぱりこの人しかいない!」
って思ったりしますよね♡

これは、時間をかけてふたりで作り上げていくしかありません。

彼のことを、もっと知ろうとすること。
彼のことを、もっと見ること。

自分の気持ちばかりを押しつけないで、

彼がどうゆうことで喜んで
なにを言うと怒って

そうゆうことを、ちゃんと覚えていく。

そうやって、彼のことを一番理解している女性になる♡

そしたら、きっと、彼の特別な女性になれるでしょう。

↓↓恋愛ブログの人気ランキング♡↓↓
にほんブログ村 恋愛ブログへ

スポンサードリンク