不安・寂しさ

自分の方が好きな気がして辛いあなたへ

自分の方が好きな気がして辛い時は

自分の方が好きな気がする。

私も過去の恋愛では、ずっとそう思いながら付き合っていました。

最初は彼氏からの「好き」を感じても、一ヶ月、二ヶ月…と時間が過ぎていくと、気づけば自分ばかりが彼氏のことを好きで、辛い。

そんな状態になっていました。

ところで、彼氏からの「好き」を感じるとは、彼氏がどうしてくれたら「好き」を感じるのでしょうか?

たとえば、以下のようなことだと思います。

・連絡をマメにくれる
・「会いたい」と言ってくれる
・「好き」と言ってくれる
・次の約束を決めてくれる
・私にくっつきたがる
・私の行きたいところに連れて行ってくれる
・週末は私を優先してくれる
・私を喜ばせようとしてくれる
・私に尽くしてくれる

つまり「私にゾッコン」ぐらいでないと、彼氏からの「好き」をなかなか感じられないのではないでしょうか?

そして、これらは、あなたが彼氏にしていることではないでしょうか?

あなたが彼氏にこれらのことをしている限り、彼氏はあなたにこれらのことをしません!

恋愛では一方が「する」方だと、もう一方は「される」方になってしまうから。

そして、「自分ばかりが好きな気がする」だけで、彼氏も「あなたのことがちゃんと好き」なことはよくあることだから、まずは安心してください♡

結局「追いかける」恋愛がしたい

私はずーっと大好きな人に「追いかけられる」恋愛がしたいと思っていました。

しかし気づいたのは、結局私は、追いかける恋愛がしたいタイプだった、ということ。

彼氏に「好き、好き、大好き」って言いたいし、彼氏にたくさん連絡をしたいし、「どうしたら彼氏は喜んでくれるだろう」など、四六時中彼氏のことを考えていました。

典型的な「追いかける」恋愛をしていたのです。

「自分の方が好きな気がする」と悩む女性は、結局「追いかける」恋愛がしたいんです。

だって、やりたくないことをやらないでしょう?

そして本心から「やりたくない」のなら、「やりたくない」ことをやっている限り幸せにはならない。

「追いかける」のが辛いと感じている人は、辛いのにやり続けてもうまくはいかないんです。

そもそも当たり前ですが、一方が追いかければ、もう一方は追いかけられる方になり、当然「自分の方が好きな気がする」という状態に陥ってしまいます。

「追いかける」というのは、なにも行動だけの追いかけるに限りません。

連絡を控えていたり、行動では追いかけないようにしていても、頭のなかで追いかけていれば、それは簡単に相手には伝わります。

予定をついつい彼氏に合わせてしまうとか、「それは嫌」が言えないなど、結局、「私はあなたのことが大好きなんですー!」「嫌われたくないんですー!」という行動をとってしまうので、

主導権はずっと彼氏が握ったままになります。

だから、「自分ばかりが好きな気がする」、そして、それが「辛い」とまで感じるのなら、それは、「もっと自分のことにかまってあげて」というメッセージです。

「苦しい」とか「辛い」という感情は、なにかが間違っていますよと、潜在意識が教えてくれています。

そして恋愛においては、たいてい、「もっと自分にかまってあげて」というメッセージです。

自分のことを疎かにしていると、辛くなるんです。

本来「好き」というのは、とっても幸せな感情なはずなんです。

なのに「辛い」と感じてしまうのなら、一度ちゃんと自分と向き合う時間が必要だということ。

恋愛は、自分にかまってあげるようになると、スルッとうまくいったりするものなんです。

このことは、私だけではなく、多くの女性が経験しています。

男性は「恋愛」が一番にはなりにくい

そもそもですが、男性は女性のように日常のすべてが「恋愛」に彩られることはありません。

付き合いはじめにはそんな時期があったとしても、多くの男性は、仕事・友達・趣味・恋愛が同じような優先順位で並んでいます。

とくに仕事は、男性にとって一生していかなくてはいけないものであり、女性とは仕事にたいする向き合い方がまったく違うのです。

女性のように「恋愛」だけになれないのが男性なのです。

たとえば、あなたの日常が恋愛一色に彩られているときは、友達の誘いより彼氏を優先させることもあるでしょう?

友達から「絶対に私に会わないと、友達やめるから!」なんて言われても(こんなことを言う人がいるのかわかりませんが)、「いや、あなたも大切だけど、彼氏に会いたいんだもん♡」でしょう?

男性が、仕事や趣味を優先するのも、これと似ています。

「彼女のことも好きだけど、仕事は大切だし、趣味も楽しみたいんだもん」です。

つまり、べつに「あなたのことが好きじゃない」わけではない。

しかし、もし「彼女は俺にゾッコンだからなぁ」というのがわかれば、趣味や男友達を優先したくなってしまうのも、男性ってもの。

だって、彼女は俺にゾッコンだから、俺の都合でいつでも会えるから。

「好き」を分散させる

「自分ばかりが好きな気がする」のなら、あなたの「好き」を分散させましょう。

あなたが彼氏を大好きな気持ちはそのままでいいし、大好きな気持ちはなくならないでしょう?

だから、彼氏と同じぐらいに好きなもの、好きなことを見つける。

「それができれば苦労はしない!」って言いたい気持ちはよくわかります、私も同じように思っていましたから。

だけど、どうしたって一方が「好き、好き、大好き」だと、もう一方は「好き」を受け取る側にまわるんです。

男性は、仕事や趣味、友達、恋愛と、分散させているでしょう?

そしてあなたは、そんな男性を「好き」と追いかけてしまっているんでしょう?

だから彼氏からの「好き」を感じたいのなら、あなたも「好き」を分散させる

男性は「俺にゾッコン」の女性より、「自分のこと(あなた)にゾッコン」になっている女性のほうが、魅力を感じるし、追いかけたくなるから。

男性でも「好き」の分散ができていない人は、恋愛で悩みます。

男性のなかにも「恋愛」だけになってしまう人もいて、そういう男性はやっぱり「俺ばかりが彼女を好きな気がする」って悩みます。

実際に私の男友達にも「恋愛」だけになってしまう人もいましたが、同じように彼女のことで悩んでいて、私はよく話を聞いていました。

そうやって追いかけられている彼女は「好き」が分散できているのですよね。

友達とも遊びたいし、自分の趣味も楽しみたい!そんな女性なんです。

Twitterしてます。フォローや「いいね」本当にありがとうございます♡

ABOUT ME
イトイハナ
イトイハナ
【愛されオンナ研究家】男性心理を中心に心理学や引き寄せの法則を学び思考を変え、追いかける恋愛から大好きな人に愛される恋愛が叶う。その経験などを元に”スルッと愛される女になる!” をテーマに恋愛ブログを執筆中。パートナーと暮らしながら、愛される女性について研究しています。→プロフィール
関連記事