LINE・連絡

男性へのLINEに「ごめんね」はいらない!

デートの後のLINEに「ごめんね」はいらない

好きな人であれ、彼氏であれ、男性とLINEをする時には、使わないほうがいい言葉があります。

それが「ごめんね」です。

もちろん、よっぽど何かをしでかしてしまった時には、人として「ごめんね」は必要ですし、謝れない女性は可愛くありません。

しかし、そうでない場合。

「ごめんね」は基本的には書く必要がない、のではなくて、書かないほうがいいです。

男性は「ごめんね」を言われたくない

例えば、好きな男性とデートをしたとしましょう。

そして、その後、あなたはこんな風にLINEをしたとします。

「私ばっかり、たくさんしゃべっちゃって、ごめんね」
「今日はたくさん連れまわしちゃって、ごめんね」

果たして、こんなLINEをもらって、男性は嬉しいでしょうか?

男性は、女性を喜ばせたいと思っています。

そして男性は「今日のデート、楽しんでくれたかなぁ」なんてことを、女性が思っている以上に気にしています。

おそらくデート中は、そのことしか考えていない、と言ってもいいぐらいです。

そんなときに、女性から「ごめんね」なんて謝られてしまえば、「彼女、今日のデート楽しくなかったのかなぁ…」「罪悪感を感じさせて申し訳ないなぁ…」なんて思うだけ。

女性が「ごめんね」と言いたくなるときって、「いい子」と思われたい、「嫌われたくない」みたいな気持ちが強いと思いますが、

「ごめんね」はネガティブな言葉のひとつで、あまりに「ごめんね」が多いとネガティブ女子だと判断されてしまいます。

「ごめんね」は「ありがとう」に変換できる

モテる女性は、自分が「どう思われるか、いい子と思われるか」より、男性を喜ばせる言葉を選びます。

だから、モテちゃう。

そしてモテる女性は、LINEでの「ごめんね」を「ありがとう」に変換するんです。

「私ばっかり、たくさんしゃべっちゃって、ごめんね」じゃなくて「今日はたくさん話聞いてくれて、ありがとう♡」

「今日はたくさん連れまわしちゃって、ごめんね」じゃなくて「いろんな所に一緒に行ってくれて、ありがとう♡」

たった一言で、ずいぶんと違うでしょう?

「俺、彼女の話を聞いてあげることができたんだ!」になるでしょう?

男性は、女性に気を遣われることがあまり好きではありません。

先ほども書いたように、男性は女性が楽しんでいるかをとても気にしているので、「ありがとう」と言われると、

「彼女、デート楽しんでくれたんだな」と、それだけで自信がついちゃう、可愛いところがあるんですよ。

女性には「男性を楽しませたい」なんて感覚はあまりありませんが、男性はあなたを楽しませたいと思っている、そのことだけはわかってあげてください!

そうすると、男性へのLINEでは「ごめんね」より「ありがとう」が嬉しいのはわかりますよね?

「このレストラン気に入ってくれたかなぁ」なんて男性は思っているもので、そんなところへ「ごめんね」なんて反省のLINEが送られてくるより、「すごく美味しかった!」の方が絶対的に嬉しい。

もし、

「デートでしゃべりすぎちゃったなぁ」
「いろんなところに連れまわしすぎちゃったなぁ」

と思ったら、それを彼に伝えるのではなく、自分のなかで

「次は彼の話をたくさん聞いてあげよう」
「次はゆっくりできるデートにしよう」

って、思えばいいだけどのこと。

仮に30分ぐらい遅刻しても、会ったときに「ごめんなさい」と言えばそれでOK!

デートの後のLINEではそのことに触れなくていいし、もしくは「30分も待ってくれてありがとう♡」って書いちゃえばいい。

これだけで「俺、器の大きい男だ!」と思えてしまう。

(男性は、器の小さい男だと思われたくないんです)

男性を怒らせたなら「ごめんね」は一回でいい

男性を怒らせてしまったときも、LINEでの「ごめんね」は一回でいいです。

じつは、何度も謝られるのって、謝られる方はちっとも嬉しくない!

とくに男性が怒る原因って、プライドが傷つけられたとか、信頼されていないと感じたとか、根本をたどると、だいたい「俺のことをスゴイと思っていない」みたいなことが原因です。

だから「ごめんね」より、彼のことを「スゴイ」と思っていることを伝えてあげるほうがいい。

もちろん「○○くんてスゴイね!」なんていきなり言うのではなく、彼を頼ってあげるとか、そういった態度を見せることですね。

女性もそうでしょう?

「ごめんね」が欲しいんじゃなくて、態度で誠意を見せてほしいんですよね。

男性へのLINEに「ごめんね」はいらない

女性はLINEで、相手の男性に気持ちや感情を伝えたがりますが、男性はそもそもLINEを、感情を伝えるためのツールだと思っていません。

そんな男性にとって、「彼女とLINEするの楽しいな」なんて感じるLINEは、どう考えても「ごめんね」が書かれているLINEではありません。

本当に「ごめんね」と伝えないといけない場面以外では、使わなくていい。

「ごめんね」をLINEで伝えたくなったら、「ありがとう」に変換できないかな?と考えてみてください。

この、たった一言が与える印象は、ずいぶん違いますからね。

Twitterしてます。フォローや「いいね」本当にありがとうございます♡

ABOUT ME
イトイハナ
イトイハナ
【愛されオンナ研究家】男性心理を中心に心理学や引き寄せの法則を学び思考を変え、追いかける恋愛から大好きな人に愛される恋愛が叶う。その経験などを元に”スルッと愛される女になる!” をテーマに恋愛ブログを執筆中。パートナーと暮らしながら、愛される女性について研究しています。→プロフィール
関連記事