引き寄せ・潜在意識

恋愛も!願い事を紙に書くと叶うのはなぜ?より叶いやすくするには

願い事を書くと叶うのはなぜ?より叶いやすくする方法とは

願い事は紙に書くと叶う、と言われます。

私もノートに書いた願い事をいくつも叶えてきましたが、なぜ書くと叶うのか?

かつてハーバード大学で行われた調査では、以下のようなことがわかりました。

84%の学生は目標がない
13%の学生は目標はあるけれど、紙に書いてはいない
3%の学生は目標があり、それを紙に書いている

その10年後、彼らを調査すると…

当時、目標をもっていた13%の人たちの平均年収は、目標がない84%の人たちの平均年収の約2倍。

そして目標を書いていた3%の人たちの平均年収は、あとの97%の人たちの平均年収の、なんと10倍。

願い事は書くと叶うのはなぜ

さて、願い事はなぜ、紙に書くと叶うのでしょうか?

脳の観点から説明すると、脳にはグーグルマップのような機能があるからです。

難しい言葉でいえば、脳幹の網様体賦活系(RAS)という機能によるものなのですが、

グーグルマップに目的地を入力すると、そこへ連れて行ってくれるでしょう?

同じように、あなたの目的地(願い事)を入力すると、そこへ辿りつくための情報がどんどん集まってくるんです。

そして、願い事を叶えるための行動が取れるようになっていく。

なので、そもそも、紙に書く、書かない以前に、目標(目的地)がないと、のらりくらり彷徨いながら時間を過ごすことになるので、当然年収は少ないでしょう。

そして手で書くことによって、RASの細胞が刺激されるのも、願い事が叶う大きな理由のひとつです。

手にはたくさんの神経があるのです。

このことは科学的に証明されていて、スマホでの文字入力よりも、手で書くほうが動きも複雑で、何十倍もの刺激が加わるのだとか。

また、頭のなかで考えただけでは通り過ぎていってしまうようなものも、手で書いて「見える化」することによって、願い事を「そうする」と決める、宣言になります。

そう、決めると現実に向けて動きだす。

「いつかオーロラ見に行けたらいいな〜」と漠然を思っていたことを、「やりたいこと」として「オーロラを見に行く」と書くことで、脳にスイッチが入るんです。

叶うと信じた願いが叶う

そして、大切なのが、ここです。

脳のグーグルマップには、目的地(願い事)を入力するんだけれど、「やっぱ無理だよねー」なんて思いが強ければ、その目的地は取り消しされてしまいます。

RASというのは、自分にとって必要な情報のみ、つまり自分が意識を向けているもののみを集めてくれるもので、

つまり「やっぱ無理だー」と思えば、「やっぱ無理だよね」という情報が集まってくるか、その願いを叶える情報は集まってこない。

結果、「やっぱ無理だよねー」が叶ってしまうんです。

だから「無理だよね」と思っても「いや、そんなことはない」と打ち消すことを続けるといいんです。

叶うと信じた願いが叶う、というより、抵抗のない願いが叶う、と言ったほうがわかりやすいかもしれませんね。

書いた願い事を、より叶いやすくする方法

これは、私が実際にやって効果を体感している方法なのですが、書いた願い事をより叶いやすくする方法があるんです。

それは、叶えたい願い事を書くのとはべつに、日課として、

朝、週はじめ、週末はじめ、月はじめに、「したいこと」を書くんです。

すべてでもいいけれど、どこか一つ、自分が書きやすい時でいいと思います。

私は、朝に「今日やりたいこと」を書くこともあれば、週末に「この週末にしたいこと」を書いたり、月はじめに「今月やりたいこと」を書いたりしていますが、たとえば週末を例にあげますと、

この土日にやりたいことを、金曜日に書くんです(土曜日の朝でもいいけど)。

・本を2冊読む(具体的に本の名前を書く)
・玄米ランチを食べに行く
・○○さんのオンラインサロンに入会する
・ストレッチローラーを買う

そして、こうやって書いた「やりたいこと」を、週末にちゃんと実現させてあげるんです。

そうすると「書くと叶うんだ」ということを、信じられるようになります。

それで、あなたが書いた願い事がより叶いやすい状態になります。

しかしポイントが3つあります。

【1】「しなきゃ」じゃなくて「したい」ことを書く

「しなきゃ」いけないことだと、単なるToDoリストになってしまいます。

「しなきゃ」じゃなくて「したい」ことを書くのが大きなポイントで、もし「掃除をしなきゃ」と思っていたとしても、そこを「掃除をして綺麗な部屋でゆっくりコーヒーを飲む」にすれば、「したい」ことになります。

【2】「したい」ことを盛り込みすぎない

2つめのポイントが、「したい」ことを盛り込みすぎないことです。

人ってどうしても過信してしまうので、たとえば、週末に「本を5冊読むぞ!」と意気込んで書いても、実際には2冊、3冊ぐらいしか読めなかったりします。

こうなると「あー5冊読めなかった」なんて、逆効果になりかねません。

また例えば週末に「したい」ことを20個などたくさん書きすぎても、そうすると「できなかった」ことが多くなるかもしれません。

「できたらいいなぁ〜」ではなくて、「やる」予定の「したいこと」を書きます。

これはあくまで「書くと叶うんだ!」ということを信じる力をつけるためのものなので、そうでない場合は、したいことはたくさん書いてもいいと思います。

【3】適度にハードルがあるものを書く

最後に3つめのポイントが、適度にハードルがあるものも書き加えます。

先ほどの例で言えば、オンラインサロンに入会することなんかは、適度にハードルがあるものです。(人にもよるかもしれませんが)

会費が高額であれば、オンラインサロンに入会しようか迷ったりしますが、それをわざわざ「したいこと」として書いて、それから実行することで、

書いたら叶うんだ、書いたらできるんだ、という自信につながります。

書くことで「どうしようかな」と迷っていたことを、「そうすると」と決める効果もありますね。

恋愛も書いて叶えよう

恋愛でも書いて叶えるという方法は有効です。

「結婚する」
「彼氏をつくる」

なんてのもいいですが、ここでは少しだけ違ったアプローチをご紹介したいと思います。

それは…

彼氏が欲しい人なら、「彼氏ができたらしたいこと」を書く。

彼氏がいるけどなんだかうまくいっていないのなら、「理想の彼氏としたいこと」を書く。

なぜこの方法をおすすめするのかと言うと、書いている間は、

「彼氏ができた自分」
「理想の彼氏といる自分」

を妄想しているからです。

その時の自分の感情が乗っかるからです。(ここが大切)

脳は現実と妄想を区別できず、なおかつ矛盾を嫌います。

それゆえ、その矛盾を埋めようと動き始めるんです。

理想の彼氏がいたら、あなたは何がしたいですか?

・浴衣を着て花火デートする
・富士山をのぼる
・ディズニーランドのホテルに泊まる

など、思いっきり妄想を楽しみながら書いてみてくださいね。

Twitterしてます。フォローや「いいね」本当にありがとうございます♡

ABOUT ME
イトイハナ
イトイハナ
【愛されオンナ研究家】男性心理を中心に心理学や引き寄せの法則を学び思考を変え、追いかける恋愛から大好きな人に愛される恋愛が叶う。その経験などを元に”スルッと愛される女になる!” をテーマに恋愛ブログを執筆中。パートナーと暮らしながら、愛される女性について研究しています。→プロフィール
関連記事