男性心理

ツッコミを入れる男性心理とは?

ツッコミを入れる男性心理とは?

ちょっとした一言にツッコミを入れたり、なにげない行動をいじってくる男性っていますよね。

愛のあるツッコミができる人は、男性も女性もモテます。

とくにお笑い芸人さんって女性にモテると言われますが、その理由はツッコミを入れてくれるからですよね。

私は小峠さんのツッコミが好きなのですが、突っ込まれる女性タレントさんは一緒にいて楽しいだろうなぁ、なんて勝手に思いながら見ています。

蒼井優さんも、毎日、山里亮太さんにツッコミを入れられて楽しいだろうなぁって、勝手に想像しています(笑)。

「女性は主役になりたい」なんて言われるように、ツッコミでいじってくれることによって、自分が主役になれて楽しい気持ちになるんですね。

そうやって楽しい気持ちにさせてくれる人、満たしてくれる人は、男女ともにモテるのです。

それではさて、女性にツッコミを入れる男性は、どういう心理なのでしょうか?

それはもちろん、「楽しませたい、喜ばせたい、笑わせたい」と思ってツッコミを入れます。

そして、そうやって楽しませたい女性というのは、好意を持っている女性です。

といっても、好意がそのまんま恋愛感情であるかというと、もちろん必ずしもそうではなく、「嫌いじゃない」ぐらいの好意から「めっちゃ可愛くて好き」まで、度合いはさまざまです。

「女性を楽しませたい」というサービス精神から、ツッコミを入れてくれる男性も多いですからね。

しかし!

もし、あなたにツッコミを入れてくれる男性を、あなたが好きなのだとしたら、彼のツッコミには、どうぞ大笑いしてあげてください!

男性は、相手の女性を楽しませたくて、喜ばせたくて、笑顔にしたくてツッコミを入れます。

だから、自分のツッコミで女性が大笑いしてくれたら、男性の心は満たされます。

その日家に帰ってから「あーあのツッコミで彼女は爆笑してくれたなぁ」なんて、楽しかった思い出として、ふと思い出すでしょう。

「俺は彼女を楽しませることができた」という自信がつき、そうやって、男性にとって気になる女性になっていくんです。

しかし反対に、ツッコミを入れてもイマイチな反応だったら、「気に障ったかな?」なんて相手の男性も気にしてしまいます。

私にはツッコミやすいコンプレックスがありますが、そのことを男性にいじられることがあります。

だけど、むかしはコンプレックスだったことも大人になってからは個性だと思っているし、相手の男性も、意地悪でツッコミを入れるんじゃなくて、好意をもってツッコミを入れてくれるのをわかっています。

「楽しませてくれようとしている」という愛を感じるんです。

だから、私もゲラゲラと大笑いします。

たしかにね、他人のコンプレックスをわざと意地悪でツッコミを入れる人もいますが、そんな人は男性であっても女性であっても相手にしなくていい人です!

意地悪じゃなくて、愛のあるツッコミをする男性の場合は、その男性にとって、相手の女性のその「個性(あえて個性と書きます)」を「コンプレックス」だなんてまーったく思っていないから、そうやってツッコミを入れてくれるんです。

そう、全然気にする必要がないってこと!

それにね、ツッコミどころがある女性ってモテます。

ちょっと抜けたところのある天然の女性がモテるのも、ツッコミどころが多いから。

男性にとって、ついいじりたくなるツッコミどころのある女性って気になる存在になっていくんです。

なんだか可愛くて、隙があって、ついつい構いたくなってしまう。

男性が、あなたにツッコミを入れる回数が多くなるほど、好意は大きくなっていきます。

だから、男性(好きな人)にツッコミを入れられたら、とにかく笑おう♡

あなたも、好きな人からツッコミを入れられたら嬉しいですよね?

その素直な嬉しさや楽しさを表情にだして、笑顔を見せてあげてくださいね。

あなたのことを「可愛いなぁ♡」と、だんだん気になる存在になっていきますから。

以前、以下の記事で書きましたが、男性にとって「面白い」って「可愛い」が含まれているんです。

男性に「面白いね」と言われたらアナタに興味がある証拠
男性に「面白いね」と言われたらアナタに興味がある証拠よく「合コンで盛り上げ役の面白い女性はモテない!」と言われることから、男性に「○○ちゃんって面白いね〜」と言われたら、「恋愛対象に見られ...

ツッコミどころのある女性は、なんだか面白くって可愛い♡

男性にツッコミを入れられたら、彼があなたの虜になる日も近いかもしれませんよ。

私も利用してます♡OZmallが厳選したエステサロンで綺麗になろう。

イトイハナのお気に入り
イトイハナのお気に入り

美容系や雑貨、ファッションなど、私のお気に入りアイテムをたまに更新していきます。お時間があれば、ぜひのぞいてみてくださいね。

イトイハナのお気に入り