愛される女になる

男性とは正しさで勝負しなくていい!

男性とは正しさで勝負しなくていい!

正しさで勝負しようとする女性は、モテません!

反対に、素直に負けることができる女性は、モテます。

人間関係、こと恋愛をうまくいかせようと思ったら、負けるが勝ち、という場面はたくさんあります。

男性は女性より優位に立ちたいと思っていますし、女性より上に立ちたいと思っています。

だから、そのプライドを上手に汲み取ってあげられる女性が、男性にモテるんですね。

正しさで勝負をするというのは、文字通り、「自分のほうが正しい」と主張することであったり、自分の価値観こそが正しいと、自分の価値観をものさしにして、相手を良い、悪いとジャッジすること。

そして、正論をふりかざすこと。

基本的に女性は男性に比べて口が達者なので、ケンカになった時に、ついつい正論をかざしてしまったり、相手を思い通りにしたくて、正論をかざしてしまうことがあります。

彼女:「遅れるならちゃんと連絡してよ!」

彼氏:「ごめん、仕事が忙しくて連絡できなかった・・・。」

彼女:「忙しくてもLINEなんて数秒でできるじゃん!」

なんて、言ってしまう。

ごもっともです、忙しくても「30分ぐらい遅れるかも!」というLINEは数秒でできてしまいます。

しかし、これを言われてしまうと、彼はもう何も言うことができません。なぜなら彼女が言っていることは正しいから。

そして、なんだか微妙な空気が流れてしまい、せっかくの楽しいはずのデートが気まずい雰囲気でスタートしてしまいます。

彼は、また次回も同じようなことが起きた場合に、義務感から「あー彼女に連絡しないと・・・」という気持ちになります。

しかし一方で、「忙しくてもLINEなんて数秒でできるじゃん!」ではなくて、「そうなんだ、仕事忙しくて大変だったね」って言うことができると、

彼は彼女の気遣いを感じ、次からは自主的に連絡をくれるようになったりします。

彼は遅れた時点で、自分が悪いことはわかっています。

それに対して追い討ちをかけるように正しいことを言う女性と、潔く負けることができる女性とでは、愛されるのは後者です。

(いや、もちろん遅れるのに連絡しないのは困るんだけれど!)

また、彼が過去に言ったことと違うことを言っていることに対しても、正しさを主張する女性がいますが、そうとう面倒に思われてしまいます。

彼氏:「昨日、A君と飲んでさ〜。」

彼女:「えっ?健康診断まで、しばらくお酒やめるって言ってなかったけ?」

なんて具合に、正しさを主張します。

彼も、言ったそばから「あ、健康診断までお酒やめるって言ったんだった・・・」と思い出すかもしれません。

しかし、そこで彼女がそれを指摘しないことに、またしても気遣いを感じるし、居心地のよさを感じるのです。

人はそもそも矛盾しているもの。口約束だってしてしまうし、ついその場の雰囲気で口走ってしまうことだってあります。

小さな嘘だってつくこともあるでしょう。

それをいちいち揚げ足を取るように指摘する女性が、男性は苦手です。

男性は、逃げ場を奪う女性からは、離れたくなってしまうのです。

男性の小さな間違いに気づいても、見過ごすことができる、柔軟な女性がモテます。

男性とは正しさで勝負して勝とうとしなくていい!

むしろ潔く負けることができる女性が、恋愛をうまくいかせることができますし、正しさで勝つより楽しさが大切です。

正しさで勝ったところで、自分は気分がいいかもしれませんが、相手は心にモヤモヤとした気持ちが残るだけ。

それより二人が楽しいほうがいいでしょう?

恋愛は、相手の男性との勝負ごとではありません。

実際には、女性のほうが気づかないだけで、男性のほうが負けてくれていることだってあるのですから。

一緒にいて楽だなぁ、居心地がいいなぁ、好きだなぁと感じる相手は、正しさを主張しない人です。

あなたが彼といて楽だなぁ、居心地がいいなぁと感じているのなら、それは彼が正しさを主張することでコミュニケーションをとっていないから。

あなたに対して正しさで勝負していないからなんですね。

私も利用してます♡OZmallが厳選したエステサロンで綺麗になろう。

イトイハナのお気に入り
イトイハナのお気に入り

美容系や雑貨、ファッションなど、私のお気に入りアイテムをたまに更新していきます。お時間があれば、ぜひのぞいてみてくださいね。

イトイハナのお気に入り