片思い

あなたが好きな人には好かれない3つの理由

好きな人とうまくいかない理由
本サイトはプロモーションを含みます

好きじゃない人には好かれるのに、好きな人には好かれない!

これって恋愛あるあるのひとつですよね。

好きじゃない人には好かれるのに、好きな人には好かれないのだとしたら、それは、好きな人の前ではあなたの魅力がだせていないからです。

あなたに魅力がないのではもちろんなくて、ただ出せていないだけなんですよ。

それではなぜ、好きな人の前では、あなたの魅力が出せないのでしょうか?

そこには3つの理由があります。

【1】好きな人には「好かれよう」としてしまうから

魅力って勝手に溢れ出るもので、「魅力的な女性に見せなきゃ!」などと自分をアピールするほど出なくなるものなんです。

力が入りすぎるほど、魅力は出ないし伝わらないのですね。

本当に魅力的な女性って、目立とう目立とうとしなくてもなんだか惹かれてしまうし、逆に目立とうとする安っぽく見えてしまいます。

そして、好きな人の前で魅力が出せないのは、好きすぎるから。

「好かれたい!」
「いい女って思われたい!」

そうやって、自分じゃない自分になろうとして、自分じゃなくなっていくと、あなたの魅力が出なくなってしまうんです。

あなたの最大の魅力って、あなたらしさだから。

好きじゃない人の前では自分らしくいられるのに、好きな人の前では自分らしさがなくなってしまうから、好かれません。

これが、好きな人には好かれない大きな理由です。

【2】好きな人には「嫌われたくない」と思うから

そして、好きな人には「嫌われたくない!」と思うから、たとえばワガママが言えません。

どうしても相手の顔色を伺い、相手に媚を売るようになり、そんな態度が、あなたの価値を下げてしまいます。

恋愛がうまくいくのは、対等であるか相手より少し上にいるときです。

「嫌われたくない」という思いがある女性が取る行動は、相手の男性からすると「俺の下にいる女性だ」と感じさせてしまうんです。

下手に出ると恋愛はうまくいかないし、恋愛をうまくいかせたいなら下手に出ない。 ものすごく大切なことなので、むかし書いた記事をリニューアルして書いています。 ”恋愛の基本” にしてもいいぐらい、下手に出ないことは大切です。 「好きな人の下手に出ない」 これは男性向けの恋愛ネタとして書かれていたりして、参考として男性向けの恋愛ブログや恋愛本を読みあさっていた時、何度も目にした言葉です。 男性の方こそ、男性にとって女性は尊くて価値のある存在だから、下手に出てしまい、下手に出てしまうことでうまくいかなかったりするのですね。 たしかに思い返してみると、私のことを「好きだー!」と追いかけてきて、下手に出る男性にはちっともなびかなかった。 あなたも、あなたに対して下手に出る男性に心は揺れうごかず、違う男性に恋をしているのではないでしょうか? 下手に出ると恋愛はうまくいかない 私が彼に片思いをしていた頃、彼をものすごく崇めてしまい、下手に出てしまっていました。 それは態度にもあらわれ、媚びたり、褒めまくったり、必ず私でLINEを終わらせるようにしたり、「あなたの都合に合わせますから」なんて感じて、とにかく相手を上の立場にしていました。 私にとって彼が素敵すぎたというのもあるけれど、なにより好かれたかった。 下手に出れば好かれると思っていた…。 テクニックだけで好かれようとしていたので、「男は尊敬されたい」「男のプライドを壊さない」「男を立てる」、そんな知識をうわべだけ吸収し、「尊敬」や「プライド」の意味を履きちがえて、下手に出てしまったんです。 見事にそんざいに扱われるようになり、紆余曲折、すったもんだあっての音信不通。 そりゃそうです、俺に好かれたくてしょうがない女性に魅力を感じるはずがありませんし、魅力を感じない女性からしつこく連絡がくるんだもの、音信不通にだってしたくなりますよね…。 あなたが下手に出れば、相手は上になる 好きな男性を、必要以上にスゴイ存在に仕立て上げてしまうと、恋愛がなかなかうまくいかなくなるパターンに突入してしまいます。 女性が下手に出ることで、必然的に男性は上の立場になり、「そっか、俺は、彼女より上なんだ」と気づいてしまうからです。 そうすると、魅力を感じていたはずの女性が、以前より色あせて見えてしまいます。 「最初は彼から好意を感じていたのに!」という恋愛のあるあるも、そのため。下手に出はじめたのが原因です。 「素敵な女性だなぁ」と思っていたのに、「あなたに好かれたいです!」的な態度で接してくるものだから、「あ、なんか違うかも」となるんですね。 「あなたのことが好き」と「あなたに好かれたい」では、相手の受け取る印象もずいぶん違います。 そして女性が下手に出てしまうと、ふたりの間での主導権を、男性が握ることになります。 男性にくらべて恋愛の比重が大きい女性にとって、恋愛では女性が主導権を握ったほうがうまくいきやすいですし、 男性が主導権を握ってしまうと、付き合う付き合わないや、会う会わないなど、すべての決定権が男性にあることになります。 女性にとって苦しい恋愛になるんですね。 ちょっと上にいる人に魅力を感じる 人は、なんとなく自分のレベルを相対的に感じていて(思い込みだったりもするんだけれど)、自分よりちょっと上にいる人に魅力を感じます。 すっごい上にいる人にも、そりゃもちろん魅力を感じるけれど、とくに男性は、頑張れば手が届きそうなぐらいの、ちょっと上にいる女性に惹かれます。 男性は追いかけたい生き物ですが、手が届かない女性も追いかけないし、ましてや自分より下の女性も追いかけない。 大切な時間やお金をつかって追いかけるのです、可能性がありつつも、それ相応の価値のある女性じゃないと追いかけません。 と考えると、「どうか私を好きになってください!」という、かつての私のような女性に、わざわざ大切な時間やお金を使おうなんて思わないですよね…。 男性って、好きになった女性には、ずっと追いかけたい対象でいてほしいんですよね。 ずっと、俺にとっていい女でいてほしいんです。 と言っても、あくまで対等でOK! 要するに、好きになってほしいあまりに、媚びて下手に出なければ、それでいい。 「私を好きになってくれませんか?」をやめる もしあなたが、好きな男性からぞんざいな扱いを受けていたり、すっかり「都合のいい女」になってしまっているなら、あなたが彼にたいして下手に出ているからでしょう。 相手の男性も「俺が上だ」と気づいているから、そんな態度をとってしまいます。 男性だって、女性にたいしてぞんざいに扱いたくないし、男性にとって「大切にしたい」と思える女性がいることは幸せなことなんです。 そんな女性に、なってあげましょうよ! 今からでも遅くありません、「私を好きになってくれませんか?」というスタンスで好きな男性に接するのをやめましょう。 そもそも男性にとって、女性は尊くて、価値のある存在です。 女性が自分から立場を下にもっていっているだけ。 勝手に下手にでて、自分で下げてしまったあなたの価値を、本来に価値に戻してあげればいいだけです。 下手に出ない方法って、「私は価値のある存在だ」と自分でそう思うしかない。 自分の魅力を信じていれば、いくら憧れの彼でも、対等でいられます。 おすすめは「私は彼が喉から手が出るほど欲しい、魅力的ないい女」スタンス。 女優のように、このスタンスを演じてみてください。演じるとそうなるから。
下手に出るから恋愛がうまくいかない!下手に出ないで対等に下手に出ると恋愛はうまくいかないし、恋愛をうまくいかせたいなら下手に出ない。 ”恋愛の基本” にしてもいいぐらい、下手に出ないこと...

好きじゃない人には「嫌われたくない」とはそれほど強く思わないので、遠慮なくワガママが言えたりして、そんな態度に男性は惚れます。

男性って頼られるのが好きだし、女性の可愛いワガママが大好きだから♡

だから「嫌われたくない」をやめると、逆に好かれたりするんです。

【3】好きな人は思い通りにしたくなる

好きじゃない人には執着がないので「思い通りに動いてほしい」とは、それほど思いません。

だけど、好きな人には「思い通りに動いてほしい」と思ってしまうので、それが相手に伝わってしまいます。

女性の髪型やちょっとした変化には鈍感な男性でも、自分に対する変化には敏感です。

「俺をコントロールしようとしてるな!」と感じると、男性は逃げ出したくなってしまいます。

男性と話していて気づくのは、女性の駆け引きや、嫉妬させようとしていること、「好きにさせようとしているな」などの魂胆を意外に見抜いている、ということ。

男性が鈍感だと思ったら、大間違いなのです!

【まとめ】好きな人の前でも自分らしくいよう

好きな人の前でも、好きじゃない人に対するのと同じように「好かれよう」としないこと。

(これができたら苦労しない!と言いたい気持ちはわかりますが…これがなにより大切)

好かれようとしないで、自分らしさ全開でいくこと!

だけど、自分に自信のない女性は、こう思うかもしれませんね。

「自分らしさを出したら、嫌われそう」って。

私も、好きな人にはなかなか素の自分ではいられませんでした。

一方で、素の自分を出せている男性にはとことん好かれて追いかけられているのに、です。

それでもある時、「もういいや!」と吹っ切れてから、私は変わりました。

「嫌われてもいいや」と思えるようになってからは、好きな人の前でも自分らしくいられるようになって、結果、好きな人に好かれるようになりました。

そもそも、あなたの好きな人は自分らしさを出してるでしょう?

彼は、あなたの前では、なんにも無理をしていない、そのまんまの彼ではありませんか?

そして、あなたは、そんな彼が好きなんでしょう?

彼がちょっとぐらい愚痴を言ったところで、全然嫌いになんてならないでしょう?

その彼じゃなきゃダメだし、どうしてもその彼がいいんでしょう?

そのまんまの彼が、めちゃくちゃ大好きなんでしょう?

ほら!

あなたの好きな人は、そのまんまでいるから魅力的だし、そのまんまでいても嫌われることはないんです。むしろ好かれてしまう。

「彼じゃなきゃダメなの!」と思わせるのは、彼がそのまんまの自分を見せているからです。

彼が、彼だけの魅力を出しているからです。

同じように、あなたにはあなただけの魅力があって、その魅力に男性は惹かれます。

そして、このことが腑に落ちたときに、あなたの魅力が出るようになるんです。

好きな人には好かれない自分から、卒業できる日がくるんです。

ABOUT ME
イトイハナ
イトイハナ
男性心理をはじめとする心理学や潜在意識を学び思考を変え、追いかける恋愛から大好きな人に愛される恋愛を叶えた恋愛ブロガー。