愛されオンナ磨き

本当に好きな人と付き合いたいのなら

本当に好きな人と付き合いたいのなら

「本当に好きな人」と付き合いたい!でも付き合えない人には、あるクセがあります。そのクセが無意識に刷り込まれてしまっているから、本当に好きな人と付き合えない、そもそも本当に好きな人に出会えなかったりします。日常生活の小さなクセを甘く見ちゃいけません。そのちいさなクセを変えるだけで、現実が変わっていくのです。

スポンサードリンク

好きな人とスルスルと付き合える人、
好きな人となかなか付き合えない人、
そもそも好きな人がなかなかできない人。

わたしの友達を見ていても、
この3つに綺麗にわかれています。

とくに、

好きな人とスルスルと付き合える人、
好きな人となかなか付き合えない人

の違いはなんだと思いますか?

それは・・・

自分の「好き」に正直か、
自分の「好き」な気持ちに蓋をしてしまっているか、

です。

彼を「好き」な気持ちに正直、
彼を「好き」な気持ちに蓋をする、
ということを言いたいのではなくて、

日常生活で、なにかをするとき、なにかを選ぶときに、

ちゃんと本当に「好き」なこと、「好き」なものを選んでいるか

ということ。

好きな人とスルスル付き合える人って、

ふだんから、
自分の「好き」にめちゃくちゃ正直なんです。

ランチを食べに行ってメニューを決めるとき、
「これ食べたい!」
って思ったものを食べる。

「これ欲しい!」
って思ったものを買う。

反対に、
好きな人となかなか付き合えない人や、
そもそも好きな人ができない人って、

「好き」の気持ちに蓋をするクセがついてしまっています。

「これ食べたい!」けど、
「こっちのほうが200円安いから、こっちにしようかな。」
と、一番食べたいものを選ばない。

「この服めっちゃかわいい♡」けど、
「若作りしてるって思われるかな」
と、無難な服を選んでしまう。

こうやって、

「本当に好き」なものを選ばない、
妥協するクセが無意識についてしまっているんですね。

だから、

そもそも本当に好きになれる人に出会えなかったり、
本当に好きな人と付き合えない。

「本当に好き」を選ばないクセ、
「これでいいや」と妥協するクセが、
無意識(潜在意識)に刷り込まれてしまっているから。

最近、無意識のことばかり書いていますが、無意識って本当に私たちの現実をつくっているんです。

だから、

心当たりのある人は、これからなにかを選ぶときに、「本当に好き」をちゃんと選んでみてください。

わたしは、近所のカフェで、
できれば顔を覚えられたくないと思っていました。

「このお客さん、いつもコレ頼むなぁ」
って、なぜか思われたくない(笑)。

それで、「あのカフェ行きたい!」
と思っても、

「最近よく行くから、違うところに行こう。」
とか。

「このスイーツ食べたい!」
って思っても、

「いつもコレ注文してるって思われたらやだから、違うの食べよう。」
って、

本当に行きたいカフェ、
本当に食べたいスイーツを選ばない。

「本当に好き」を選ばない時期がありました。

(だれも、私がなにを食べようか気にしないのに!!自信過剰か!(笑)って今なら思います。)

でも、それをやめました。

このカフェの例だけでなく、日常生活ではなるべく「本当に好き」を選ぶようになりました。

そうすると、
心も満たされるんです。

本当に好きなものを選んでいるから。

そして、

本当に好きな人、もの、場所を選んでいると、いつも幸せを感じられます♡

さらには、

自分を大切にすることにもつながるし、
自分から出すエネルギー(波動)も変わります。

波動が変われば、目の前に広がる現実も変わっていきます。

「好きなことが見つからない!」
「やりたいことが見つからない!」
という人も、

じつは、日常生活で「本当に好き」を選んでいないから、好きなこと、やりたいことがわからなくなってしまっているんですね。

だから、

「本当の好き」を選ぶことって、小さなことに見えて、めちゃくちゃ大切なことなんです!

コンビニでなにか買うにしても、
「本当に好き」なものを選ぶ。

「これでいいや」じゃなくて、
「これがいい!」を選ぶ。

そうすると、

「わたしは本当に好きなものが手にはいる」
って思える。

そうゆう思いが無意識にどんどん刷り込まれていきます。

だから、
「本当に好きな人と付き合える」
って思える。

人生は無意識による思い込みによってでてきています。

日常生活の小さな習慣が、無意識をつくっていきます。

「本当に好き」を選ぶ習慣を、ぜひ日常生活に取り入れてみてくださいね。

スポンサードリンク