片思い

好きになってほしいなら、好きになってほしがるのをやめる!

好きな人に振り向いてほしいなら、好きになってもらおうとしない!
本サイトはプロモーションを含みます

好きにな人に好きになってほしい!

これは、好きな人ができれば誰でももつ感情です。

好きになってほしくて、恋愛本に書かれているようなテクニックを駆使するわけなんだけれど、

それがうまくいかなかったりする。

ネットでいろいろ検索して試してみるんだけど、やっぱりうまくいかなかったりします。

一方で、好きじゃない人には好かれることって、ある。

(男性でも「好きじゃない人には好かれるのに…」っていうことはあるんですよ)

べつに「好きになってほしい」なんて思ってないし、恋愛テクニックを使っているわけでもないのに、勝手に好きになってくれたりすることって、あります。

それはズバリ、「好きになってほしい」と思って接していないからです。

好きになってほしい!だと自分が「下」になる

人は、自分と同じようなレベルの人を好きになると言われています。

とは言っても、自分より少し「上」に感じる人を好きになるもので、どちらにせよ、明らかに自分より「下」だと感じる人には魅力は感じないものです。

なのに!

好きな人に「好きになってほしい」という思いで接していると、勝手に相手の「下」の立場に成り下がってしまいます。

相手に媚をうったり、やたらと尽くしたり、好きな人に合わせたり…。

相手に「好きになってほしい」と思っている人がとる行動は、その人自身の価値を下げてしまうんです(相手からみた)。

そうすると、相手は、あなたのことを「俺より下」だと思うようになります。

だから、好かれなかったりする。

片思いがうまくいかなかったりする。

男性にとって、女性ってとっても価値がある存在なんです。

しかし、「好きになってほしい」という態度で接してくる女性には、最初は感じていたはずの魅力が、色あせて見えるようになってしまうんです。

下手に出ると恋愛はうまくいかないし、恋愛をうまくいかせたいなら下手に出ない。 ものすごく大切なことなので、むかし書いた記事をリニューアルして書いています。 ”恋愛の基本” にしてもいいぐらい、下手に出ないことは大切です。 「好きな人の下手に出ない」 これは男性向けの恋愛ネタとして書かれていたりして、参考として男性向けの恋愛ブログや恋愛本を読みあさっていた時、何度も目にした言葉です。 男性の方こそ、男性にとって女性は尊くて価値のある存在だから、下手に出てしまい、下手に出てしまうことでうまくいかなかったりするのですね。 たしかに思い返してみると、私のことを「好きだー!」と追いかけてきて、下手に出る男性にはちっともなびかなかった。 あなたも、あなたに対して下手に出る男性に心は揺れうごかず、違う男性に恋をしているのではないでしょうか? 下手に出ると恋愛はうまくいかない 私が彼に片思いをしていた頃、彼をものすごく崇めてしまい、下手に出てしまっていました。 それは態度にもあらわれ、媚びたり、褒めまくったり、必ず私でLINEを終わらせるようにしたり、「あなたの都合に合わせますから」なんて感じて、とにかく相手を上の立場にしていました。 私にとって彼が素敵すぎたというのもあるけれど、なにより好かれたかった。 下手に出れば好かれると思っていた…。 テクニックだけで好かれようとしていたので、「男は尊敬されたい」「男のプライドを壊さない」「男を立てる」、そんな知識をうわべだけ吸収し、「尊敬」や「プライド」の意味を履きちがえて、下手に出てしまったんです。 見事にそんざいに扱われるようになり、紆余曲折、すったもんだあっての音信不通。 そりゃそうです、俺に好かれたくてしょうがない女性に魅力を感じるはずがありませんし、魅力を感じない女性からしつこく連絡がくるんだもの、音信不通にだってしたくなりますよね…。 あなたが下手に出れば、相手は上になる 好きな男性を、必要以上にスゴイ存在に仕立て上げてしまうと、恋愛がなかなかうまくいかなくなるパターンに突入してしまいます。 女性が下手に出ることで、必然的に男性は上の立場になり、「そっか、俺は、彼女より上なんだ」と気づいてしまうからです。 そうすると、魅力を感じていたはずの女性が、以前より色あせて見えてしまいます。 「最初は彼から好意を感じていたのに!」という恋愛のあるあるも、そのため。下手に出はじめたのが原因です。 「素敵な女性だなぁ」と思っていたのに、「あなたに好かれたいです!」的な態度で接してくるものだから、「あ、なんか違うかも」となるんですね。 「あなたのことが好き」と「あなたに好かれたい」では、相手の受け取る印象もずいぶん違います。 そして女性が下手に出てしまうと、ふたりの間での主導権を、男性が握ることになります。 男性にくらべて恋愛の比重が大きい女性にとって、恋愛では女性が主導権を握ったほうがうまくいきやすいですし、 男性が主導権を握ってしまうと、付き合う付き合わないや、会う会わないなど、すべての決定権が男性にあることになります。 女性にとって苦しい恋愛になるんですね。 ちょっと上にいる人に魅力を感じる 人は、なんとなく自分のレベルを相対的に感じていて(思い込みだったりもするんだけれど)、自分よりちょっと上にいる人に魅力を感じます。 すっごい上にいる人にも、そりゃもちろん魅力を感じるけれど、とくに男性は、頑張れば手が届きそうなぐらいの、ちょっと上にいる女性に惹かれます。 男性は追いかけたい生き物ですが、手が届かない女性も追いかけないし、ましてや自分より下の女性も追いかけない。 大切な時間やお金をつかって追いかけるのです、可能性がありつつも、それ相応の価値のある女性じゃないと追いかけません。 と考えると、「どうか私を好きになってください!」という、かつての私のような女性に、わざわざ大切な時間やお金を使おうなんて思わないですよね…。 男性って、好きになった女性には、ずっと追いかけたい対象でいてほしいんですよね。 ずっと、俺にとっていい女でいてほしいんです。 と言っても、あくまで対等でOK! 要するに、好きになってほしいあまりに、媚びて下手に出なければ、それでいい。 「私を好きになってくれませんか?」をやめる もしあなたが、好きな男性からぞんざいな扱いを受けていたり、すっかり「都合のいい女」になってしまっているなら、あなたが彼にたいして下手に出ているからでしょう。 相手の男性も「俺が上だ」と気づいているから、そんな態度をとってしまいます。 男性だって、女性にたいしてぞんざいに扱いたくないし、男性にとって「大切にしたい」と思える女性がいることは幸せなことなんです。 そんな女性に、なってあげましょうよ! 今からでも遅くありません、「私を好きになってくれませんか?」というスタンスで好きな男性に接するのをやめましょう。 そもそも男性にとって、女性は尊くて、価値のある存在です。 女性が自分から立場を下にもっていっているだけ。 勝手に下手にでて、自分で下げてしまったあなたの価値を、本来に価値に戻してあげればいいだけです。 下手に出ない方法って、「私は価値のある存在だ」と自分でそう思うしかない。 自分の魅力を信じていれば、いくら憧れの彼でも、対等でいられます。 おすすめは「私は彼が喉から手が出るほど欲しい、魅力的ないい女」スタンス。 女優のように、このスタンスを演じてみてください。演じるとそうなるから。
下手に出るから恋愛がうまくいかない!下手に出ないで対等に下手に出ると恋愛はうまくいかないし、恋愛をうまくいかせたいなら下手に出ない。 ”恋愛の基本” にしてもいいぐらい、下手に出ないこと...

好きになってほしい!だと「魅力」がなくなる

人の一番の魅力って、絶対的に、その人らしさなんです。

好きじゃない人にたいしては、「好きになってほしい」と思わないので、自分らしくいられて、それゆえ、好かれたりすることがある。

一方で、好きな人には「好きになってほしい」と思うので、自分をよく見せようとしてしまいます。

自分をよく見せようとすると、本来の魅力であるはずの「その人らしさ」が消えてしまうんです。

だから、好かれない。

不自然な態度になってしまって、相手は、あなたと一緒にいても楽しくないし、リラックスできなかったりして、

つまらない女に認定されてしまうんですね。

好きになってほしい!だと「コントロール」したい気持ちが出る

「好きになってほしい」という態度でいると、相手の男性もそんなことは察知してしまうものです。

男友達も言っていましたが「この子、俺のこと好きなんだろうなー」というのがわかる、と。

だけど、そこで彼女になびかないのは、やっぱり「俺より下」だと感じてしまったから。

「俺のこと、好きなんだろうなぁ」と同時に「俺の気をひこうとしているんだなぁ」と勘づくから。

とくに男性はコントロールされるのを嫌う傾向があります。

つまり、「好きになってほしい」からと、「俺を好きにさせよう」としているのがバレてしまった途端、男性は逃げたくなってしまうんです。

ちょっと距離を置きたくなってしまうんですね。

好きになってほしいなら、相手に関心をもつ

これまで書いてきたように、「好きになってほしい」と思っていると、自分をよく見せようとしたり、どうにかして好かれようと必死になったり、

結局、自分のことしか考えられなくなります。

そうすると、相手に関心をもつことを忘れてしまいます。

しかし!

恋愛がうまくいく人って、相手に関心をもっている人であり、相手に関心をもたない人は好かれないんです。

相手に関心をもつだけで好かれる
相手に関心をもつだけで好かれるこれは男女限らずで、好かれる人というのは相手に関心をもつ人であり、相手に関心をもたない人が好かれることはありません。 私の周りにい...

好きな人に好きになってほしいからと、自分を売り込むのでもなく、好かれようと恋愛テクニックを駆使するでもなく、

まずは、相手に関心をもつことからはじめる。

好きになってほしい、の前に、まずは相手と仲良くなることからはじめるのが、恋愛がうまくいく女性がしていることなんです。

好きになってほしいなら、好かれようとしない!

好きな人に好きになってほしいなら、今日から「好きなってほしがる」のをやめましょう。

「うまくいかせよう」とするほど、体が緊張状態になるので、あなたの魅力が発揮されないんです。

好意の返報性というものがあるので、相手を「好きだなぁ♡」「かっこいいなぁ♡」という気持ちで見つめるのはよくても、

そこに「好きになってほしい」という気持ちの割合が多くなると、本来の「好きだなぁ♡」を忘れてしまいます。

だから、相手は、あなたからの「好意」を感じるのではなく「コントロールさせよう」という思いの方を強く感じてしまうんですね。

そうすると、恋愛はうまくいかなくなってしまう。

一旦「好きになってほしい」を忘れて、ただただ「あー好きだなぁ♡」という気持ちで、好きな人に接してみてくださいね。

ABOUT ME
イトイハナ
イトイハナ
男性心理をはじめとする心理学や潜在意識を学び思考を変え、追いかける恋愛から大好きな人に愛される恋愛を叶えた恋愛ブロガー。