LINE・連絡

SNSは見ているのにLINE返さない!なんてよくあること

SNSは見てるのにLINEを返さない彼氏にイライラする。

イライラするのは、単純にLINEを返さないことではなくて、

「私のことを大切に思っていないからだ」
「私のことは後回しなんだ」

と、彼氏の、自分にたいする優先順位の低さにイライラします。

人には重要な人として扱われたいという心理があるので、「私とのLINEはSNSより下なのね!」とイライラするわけです。

お店で店員さんが、他の作業をしながら「ありがとうございました」と言うより、ちゃんと目を見て「ありがとうございました」と言ってくれる方が気分がいいですよね?

これは重要な人として扱われていると感じるからです。

しかし!

彼氏がSNSは見ているのにLINEを返さないなんて、目くじら立てて怒るほどのことではない!

よくあることです!!

愛され女子は「SNSは見てるのにLINEを返さない」ことにイライラしない

愛され女子は「SNSは見てるのにLINEを返さない」ことにイライラしないし、そもそも彼氏のSNSチェックをしていない。

なぜなら「私は愛されている」と思っているからであり、「愛される価値のある女だ!」と当たり前のように思っているからです。

彼氏がLINEを返さないのにSNSは見ている…と、わざわざそのような現実を見たがるのは、「私は彼氏に好かれていない」「私は彼氏に愛されていない」と思っているから。

そんなこと、わざわざチェクしなければいいのチェックしてしまうのは、「私はSNSより下なんだ」「私は後回しなんだ」「私のことを大切に思っていないんだ」という現実を見ることによって、

「私は彼氏に好かれていない」「私は彼氏に愛されていない」という思い込みを証明しようとしているからなんです。

人の脳は自分が思い込んでいることを、「ほらね、やっぱり」と証明したがるから。

だから、彼氏に好かれている自信のない女性ほど、彼氏に好かれていない現実を証明しようとしてしまうし、

無意識に好かれないような行動をとってしまい、自爆だってしかねない。

過去の私は本当にこのパターンを繰り返していて、どの恋愛でも「彼氏はいつか他の女を好きになるかも」と怯えていたので、重たすぎるLINEを送り、別れるつもりがないのに「別れる」と言い…愛想をつかされて別れる。

本当は大好きでずっと一緒にいたいのに、勝手な思い込みにより、その思い込みのほうを現実にしようとしてしまっていたんですね。

「SNSは見てるのにLINEを返さない」なんてよくあること

ハッキリ言います、「SNSは見てるのにLINEを返さない」なんてよくあることです。

女性からすれば「SNSを見ているならスマホを見られる状況というわけで、つまりLINEの返信ぐらいできるだろ!」という言い分なのでしょうが、

スマホ脳という本を読んだ方ならご存知かと思いますが、SNSは脳の報酬系を刺激して依存させてしまうんです。

つまりSNSって、ついつい見たくなるような仕掛けがされていて、作っている側は、人が依存したくなるようにSNSを作っているんです。

たくさん見てもらえば広告収入がドバドバ入ってくるから。

だからLINEを返さないのにSNSを見ることは、べつにあなたの優先順位が低いわけではなく、SNSを見たくなるからというだけ!

なにより男性は女性にくらべてLINEの文章をつくるのが苦手という人は多く、「なんて返そう」と考えるほど、後回しになったりします。

そうすると、ついSNSに手が伸びたりするのですね。

彼氏のSNSチェックをやめると愛され女子になれる

彼氏に好かれている自信がない女性、彼氏に好かれる自信がない女性ほど、SNSチェックがやめられません。

先ほども触れたとおり、脳が「彼氏に好かれない私」を見たがるからですね。

彼氏のSNSをみて嫌な気持ちになるのに、わざわざ見てしまうのは、ただ単に自分を苦しめているだけ!

私もかつては、その都度その都度、お付き合いをしていた彼氏のSNSをチェックしていましたが、楽しいことなんてひとつもない(笑)。

自分で自分のテンションを下げて、自分で自分を嫌な気持ちにして、彼氏にたいして嫌な女になっていました。

そんな私がSNSチェックをやめられたのは、自分を心地よくする選択をするようになったからです。

そうすると、SNSチェックは全然心地よくないので、スッとやめることができました。

「SNSは見てるのにLINEを返さない」と彼氏に不満をつのらせるように、恋愛ベタさんは、彼氏に意識が向きすぎているんです。

恋愛って相手に意識が向きすぎるほどうまくいかなくて、自分に意識を向けるようにするとうまくいきます。

私は自分に意識を向けることを心がけていたし、自分を心地よくすることを常に意識していました。

そうしたら愛され女子になれた。

自分で自分を心地よくして満たされている女性なんて、彼氏にとっても心地いいに決まっていますよね。

「SNSは見てるのにLINEを返さない」現実は愛され女子だって同じ

「SNSは見てるのにLINEを返さない」という現実は、愛されている女性であっても、そうでない女性であっても起こることです。

しかし愛され女性にとって、こんなことはどうだっていい。

一方で恋愛ベタさんは、「SNSは見てるのにLINEを返さない」事実に怒り新党で、そんな彼氏を許せない。

こんな小さなことを許せないのは、やっぱり「私は好かれていない」「私は大切にされていない」と感じるからですね。

そしてますます彼氏にとって嫌な女になっていく。

彼氏にとって嫌な女になるだけじゃなく、自分でも「こんな女になりたくない」という女になっていきます。

恋愛は自分が好きな自分でいられる選択をするってすごく大切。

自分が好きな自分でいようと思ったら、彼氏のSNSをチェックするなんてきっとしません。

自分を心地よくさせてあげることや、「どういう自分でいたいか」と考えることは、自分に意識を向けているということ。

恋愛ベタさんは相手に意識が向きすぎているから、ここまで発想がおよばないだけです。

相手に向きすぎている意識を、少しずつでも自分に向けられるようになると、気づいたら愛されているはずですよ。

全国の人気占い師が登録
1回1500円〜のメール占い(チャット形式)

ミラー占い
ABOUT ME
イトイハナ
イトイハナ
【愛されオンナ研究家】男性心理を中心に心理学や引き寄せの法則を学び思考を変え、追いかける恋愛から大好きな人に愛される恋愛が叶う。その経験などを元に”スルッと愛される女になる!” をテーマに恋愛ブログを執筆中。パートナーと暮らしながら、愛される女性について研究しています。→プロフィール