愛されオンナ磨き

先回りして彼の楽しみを奪っていませんか?

先回りして彼の楽しみを奪っていませんか?

女性は男性よりも気が利くし、察することができるので、彼が求めていることがわかったりします。それで、彼のためにあれこれやってあげたり、彼の喜ぶことをやってあげるという方も多いと思いますが・・・なんでもかんでも先回りしていると、男性の楽しみを奪ってしまいます。男性は彼女を喜ばせたいし、楽しませたいし、役に立ちたい!たしかに女性のように察することはできないけれど、だからといってあなたが先回りしすぎず、彼にあなたが何をしたら喜ぶのかを匂わせて、彼にあなたを喜ばせる楽しさをたくさん知ってもらいましょ♪

スポンサードリンク

わたしが彼との関係において、気をつけていること。

それは、先回りしないこと。

まぁ、気をつけるというほど意識的ではなく、
今ではもう思考も変わって、
すっかり当たり前のようになってはいますが、

長女であるわたしは、どちらかというと男性に対してお世話をしがちだし、これまでの恋愛においても「あそこ行きたい、これ食べたい」と積極的に彼に提案をしていました。

だけど、これでは男性の楽しみを奪ってしまっているんです。

男性は彼女を喜ばせたいし、楽しませたいし、役に立ちたい。

それが男性の喜びであり、楽しみであるのに、

以前のわたしは、

わたしが彼を喜ばせたいし、楽しませたいし、役に立ちたい、って思っていました。

彼との会話のなかから、彼がほしいものとか、行きたい場所とかを、なんとはなしにリサーチして

(というか、頭のなかにデフォルトで「彼を喜ばせたい!」がインプットされているので、勝手に脳がリサーチしちゃうのですが)

サプライズでプレゼントをしたり、
彼が好きな料理のお店をリサーチして
「ここでごはん食べよ♪」
って言ったり、していました。

肩が凝ってそうなら、
「マッサージして」と言われなくても、
マッサージをしたり。

一見すると気が利く女性ですが、

これでは完全な尽くす女、先回りする女、ですよね。

たしかに男性は察することができないので、
”彼女がなにをしたら喜ぶか”
というのは言われないとわからなかったりします。

だけど、

「彼との会話のなかから、彼がほしいものとか、行きたい場所とかを、なんとはなしにリサーチ」

というのは、本来は男性がするべきことであり、男性の楽しみです。

彼女との会話のなかから、彼女がほしいもの、行きたい場所、困っていることなどをリサーチして、彼女のためにやってあげたい!

のです。

たとえば今の季節ですと、
彼とイルミネーションを見に行きたいですよね♡

そんなとき、

「どこそこのイルミネーション見に行こっ!」
「どこそこのイルミネーション見に行きたいな♡」
って彼にハッキリと提案するのも悪くはないのだけれど・・・

彼に楽しみを思う存分味わってもらうなら、

ふだんの会話などで、さりげなくイルミネーションを見に行きたいことを匂わせておくんです。

テレビの番組やCMでイルミネーションが映ったときに
「わぁ、すごい綺麗!!面白そうだね〜」
なんて言ったり。

彼と街を歩いていて、
たとえ小さな商店街のイルミネーションであっても、
イルミネーションを見かけたら、
「わぁ!!綺麗!!」
ってはしゃいだり。

そうすると、

「彼女はイルミネーションが好きなんだな、こんなに喜ぶんだな。」

「だったら、もっとすごいイルミネーションを見たら、もっと喜ぶかもしれない!」

って、彼は頭のなかで考えるわけです。

そして、

彼女が喜びそうなイルミネーションの情報を調べて、「どこそこのイルミネーションって関東最大級なんだって!見に行こっか?」なんて言ってくれるわけです。

彼女を喜ばせるために、あれこれ調べて、連れて行って、それで彼女がめちゃくちゃ喜んでくれたら、もう彼は最高にハッピー!

なのです。

まぁ、どうしても行きたくて、行きたいことを匂わせてみても彼がなかなか「イルミネーション見行こっか?」って言ってこなければ、

最終的には「どこそこのイルミネーション見に行きたいな♡」って言っちゃいましょう(笑)。

それでも、イルミネーションを見て喜んでいる姿を見られたら、彼はそれで大満足ですから♪

男性は、彼女を喜ばせたいし、楽しませたいし、役に立ちたい!

だから、

女性のみなさまは、先回りして、彼の、あなたを喜ばせたい、楽しませたい、役に立ちたいという楽しみを奪わないであげてくださいね。

彼に、あなたを喜ばせる楽しさをたくさん知ってもらいましょうね♡

↓↓恋愛ブログの人気ランキング♡↓↓
にほんブログ村 恋愛ブログへ

スポンサードリンク