愛される女

恋愛を制するのは先回りしない女性

恋愛を制するのは先回りしない女性

私が愛されなかった恋愛をしていた頃はやっていて、愛される恋愛ができるようになってやらなくなったこと、それが、先回りすることです。

というより、先回りするのをやめたら、愛される恋愛ができるようになった。

仕事では先回りした行動ができる女性が重宝がられても、恋愛の場面ではそうじゃない。

私は「気が利く女性が愛される」と、なぜだかずーっと思っていたし、そう思っている女性も多いと思いますが、

実際にはそうじゃない。

先回りした行動ができる女性ほど、なぜだか愛されない恋愛への道を進んでしまったりするんですね。

恋愛では女性は先回りしなくていい

恋愛では女性は先回りしなくていい。

なぜなら、先回りされたいのは女性のほうだから!

男性が、あなたのために素敵なお店を予約してくれて、寒いかもしれないと、あなたのために膝掛けを用意してくれて、あなたとの会話からあなたの行きたい場所をリサーチして、連れて行ってくれる。

(むかし、私のためにリュックにマフラーを忍ばせていた男性がいて、キュンときたことがあります♡)

こんなことをされたら嬉しいでしょう?
キュンときちゃうでしょう?
もっと好きになっちゃうでしょう?

恋愛の場面で先回りするのは男性であって、女性はしなくていいんですね。

これは恋愛がうまくいく法則のひとつなんだけれど、自分が男性にしてほしいことは、しない。

一方が「会いたい」って言う方になれば、もう一方は「会いたい」って言われる方になる。

女性がいつもいつも「会いたい」って言う方だったら、男性はいつもいつも「会いたい」って言われて「会ってあげている」方になる。

一方が尽くせば、もう一方が尽くされる方になる。

一方が先回りすれば、もう一方は先回りされる方になるんですね。

これじゃあ、いつまで経っても、女性が先回りされる方にはならないんです。

男性は先回りされたくない生き物

彼が困っているようだから、彼の役に立ちたくて、その悩みを解決する方法を率先して調べる。

そしてご丁寧にLINEで教えてあげる。

こういうことをやって欲しいのも、やっぱり男性ではなくて、女性です。

男性は、「助けて」って言ってないのに、勝手に助けられても嬉しくない。

男性は自分ひとりの力で解決したいし、勝手に助けられると、「俺をそんな弱い男だと思っているのか?」なんて感じてしまう。

男性は、どんなときも信頼してほしいのです。

女性には察する能力が備わっています。

本当に相手が助けてほしそうだと感じたのなら、助ければいいんですね。

恋愛では女性は先回りすると可愛くなくなる

男性って、好きな女性の笑顔が見られればいいし、ありがとうって言われればいいし、彼女が楽しそうで、喜んでくれれば、それでよかったりします。

しかし!

女性はそうじゃない。

女性は愛が欲しくてたまらないし、大切にされている実感がほしい。

女性が先回りすることの裏には、無意識でも、見返りを求めている気持ちがあるんです。

彼の笑顔が見られればいい、彼が喜んでくれればそれでいい。

たしかにそれも嬉しいけれど、それだけじゃ満足できないのが女性であって、やっぱり愛がほしくて、大切にされたいんです。

仕事なら、先回りした行動をすることで、「ありがとう、○○さんは気が利くね。」と感謝されるという見返りがもらえれば満足かもしれない。

しかし恋愛となると「ありがとう」だけじゃ満足できない!

「○○ちゃんは気が利く素敵な女性だよね」なんて言われるだけでは、到底満足はできないのです。

先回りした行動をしても、思うような愛はもらえず、大切にされている実感もなければ、女性はだんだん疲れてきます。

勝手に先回りしておいて、だんだん疲れてくるんです。

そして、可愛くない女になってしまう。

そもそも男性は、女性に先回りして欲しいなんて思っていないので、先回りしたからと言って、愛情をもらえるかと言ったらそうじゃないのですね。

女性は先回りするのではなくアシストする

私が愛されない恋愛をしていた頃は、当時の彼氏との会話のなかから、彼氏が好きな料理を覚えておいて、それを作ったり、彼氏が行きたい場所を覚えておいて、そこに行こうと提案したりしていました。

彼氏が困っていれば、私がどうにかして力になりたいと解決策を調べてLINEしたり、彼氏が欲しいものをチェックして、それをプレゼントしたりしていたんです。

彼氏はやっぱり喜んでくれました。

だけど、喜んでくれたからと言って、思っているように愛されることはなかった。

だってこれでは、男性は彼女の役に立つことはできないから。

「好きな女性の役に立ちたい」という男性の大きな楽しみを、私は平気で奪っていたんですね。

もちろん、会話の中から相手の好きな料理をリサーチしたりするのは、悪いことじゃない!

好きな人に、好きな料理を作ってあげたいというのは、自然なことだから。

わざわざ苦手なものを食べさせたいなんて思わないもの。

だけど、当時の私は、それを積極的にやっていたんです。

先回りした行動をすることに、一生懸命になりすぎていたんです、なぜなら愛されたかったから。

自分が「こうされたら嬉しい♡」ことを、相手にやっていたんですね、そうすると愛されると思ったから。

女性がすべきなのは先回りではなくて、アシストです。

男性は女性にくらべて察することができないし、気が利かない。

女性のように先回りできる男性が少ないのは事実です。

だから女性がついつい先回りしてしまうんだけれど、相手をただただ信頼して、アシストに徹するのが愛される女性なんです。

アシストというのは例えば、あなたがされて嬉しいことや、行きたいところを会話のなかで、さりげなく伝えること。

あなたを幸せにする方法を、あなたが教えてあげるんです。

ここだけは、サボらない。

見返りを求めない先回りが愛される

女性は先回りしちゃ絶対ダメ!なんてわけではんもちろんなくて、先回りしてもいいんです。

たとえばドライブデートでは、相手が長時間運転してくれるなら、好きなドリンクを用意しておくとか、そいう先回りはどんどんしてもいい。

これって感謝の気持ちだから。

男性だって「俺のことを想ってくれてる」というのは嬉しいものなんです。

なので過度に先回りしちゃダメ!なんて思う必要はないけれど、ただ彼を信頼することだけは忘れない。

「どうせ彼は…」なんて諦めず、彼のことを信頼する。

そして、愛されるための先回りなら、やらない方がいい。

\まずは一歩踏みだす♡/

婚活・再婚活マッチングアプリ
マリッシュ(marrish)
ABOUT ME
イトイハナ
イトイハナ
【愛されオンナ研究家】男性心理を中心に心理学や引き寄せの法則を学び思考を変え、追いかける恋愛から大好きな人に愛される恋愛が叶う。その経験などを元に”スルッと愛される女になる!” をテーマに恋愛ブログを執筆中。パートナーと暮らしながら、愛される女性について研究しています。→プロフィール