引き寄せ・潜在意識

恋愛において執着を手放すと叶うとは?

恋愛において手放すと叶うとは?

片思いの好きな人からの反応がにぶいとか、返信が来なくなったとか。

復縁したい彼がいるけど、やっぱり返信が来ないし、彼には復縁する気がないようだ、とか。

お付き合いをしていても、なんだか自分だけが大好きみたいで、全然会おうとしてくれないし、連絡も来ない。

そういう恋愛がうまくいっていないと感じるときは、手放すとうまくいく、手放すと叶う、諦めるとうまくいく、なんて話を聞いたことがある方もいるでしょう。

片思いがなかなか進展しなくて、もういいやと諦めたら、彼から連絡が来て誘われるようになった!

復縁したいけど相手にはその気がないようだ…。だから違う男性にも目を向けはじめたら、彼から連絡が来た!

などなど、執着を手放したり諦めたら、連絡が来たり、恋愛がうまくいったという話はよく聞きます。

まさに私も、その一人です。

執着は手放しても「好き」でいていい

恋愛において手放すというのは「執着」する気持ちを手放すのであり、彼のことを「好き」だという気持ちは持っていていいんです。

だって、好きな人をそう簡単に、好きじゃなくなるなんてできないもの。

むしろ「彼が好き」という純粋に「好き」な思いはエネルギーが高く、恋愛もうまくいきやすいんです。

恋愛がうまくいかないのは、「好き」より「どうにかしたい」という不安や焦り、そして執着のエネルギーが強くなるから。

私も恋愛がちっともうまく進まななかったときは、「好き」より「どうにかしたい」という思いの方が断然大きくて、そんな思いを向けられた相手は、さぞ居心地が悪かったことでしょう…。

「どうにかしたい」と、彼をコントロールしたいというエネルギーは相手に伝わってしまうので、彼は逃げ出したくなるんですね。

それが、返信が来ないとか、音信不通につながったりします。

「彼じゃなきゃダメ!どうしても彼と付き合いたい!」という重たいエネルギーも、本当はただただ「彼が好き」だからでしょう?

だから、執着してしまうなら、「そっか、私はこんなに彼のことが好きなんだ」と、ただその気持ちを認めてあげるんです。

「こんなに好きだと思える人がいるなんて、幸せなことだなぁ」って感謝してみるんです。

「好き」って本来は、とてもあったかくて幸せな気持ちのはず。

まずは、そのことを思い出してみてください。

執着を手放すといい理由

執着を手放すといい理由のひとつは、自分を苦しめるからです。

執着しているときって、すごく苦しいでしょう?

わざわざ自分を苦しめることをしなくていいし、自分を心地よくしてあげると、エネルギーが変わって現実も変わっていきます。

心地よさはホッとする安心感を引き寄せるし、苦しい気持ちは苦しい現実を引き寄せます。

感情というのは潜在意識からのお知らせであり、バロメーターで、「苦しい」という感情は、何かが間違っていますよ、というサイン。

あなたの幸せはそっちじゃないですよ、と教えてくれています。

だから、執着していることが苦しいのなら、やめる。

「好き」というあたたかくて幸せな気持ちが、苦しい気持ちになってしまったのなら、一旦お休みしましょうという、合図です。

そして自分を心地よくしてあげる選択をする。

それが、執着を手放すということです。

「執着を手放すって、どういうこと?」なんて考えてしまうのなら、自分を苦しい気持ちから解放してあげるんだ、と思ってみるといいと思います。

そうやって自分を心地よくしてあげる習慣をつけて、日々を過ごしていると、ある日ふと連絡が来たりするんです。

執着というのは、重たいエネルギーとなって相手に届きます。

無意識の深層にはさらに「集合的無意識」というものがあり、集合的無意識で人はつながっていると言われたりするんだけれど、それゆえ、会っていなくても伝わってしまうものなんです。

私も、本当は好きな人のことで頭がいっぱいなのに、我慢をして連絡をやめていたときは、まったく連絡が来ませんでした。

だから結局また、自分から連絡をして、また苦しい思いをしていました。

だけど、執着するのをやめて、いい意味で諦めることができてから、相手から連絡が来るようになって、うまくいったんです。

私が執着を手放せたのは、あまりに苦しかったからです。

「こんな毎日、全然楽しくない!もうやだ!」と、あるとき吹っ切れて、それから「私は幸せになる」と決めてから、ことが動き出しました。

もちろんすぐに良い方向へ動き出したわけではありませんが、好きな彼のことを考える時間も減り、毎日を楽しんでいたら、連絡が来るようになったんです。

客観的にみても、執着している女性より、毎日を楽しんでいる女性のほうが、断然男性だって恋をしたくなるに決まっていますよね。

執着していると自分で恋愛を壊すことも

執着というのは、「どうにかしたい」という表の意識の裏に、「どうにもならない」という裏の意識があって、潜在意識では「うまくいかないだろう」と思っているんです。

「この恋はうまくいく♡」と思っていれば、執着なんてしないはずなんですね。

そして、表の意識では「どうにかしたい」と思いながら、潜在意識では「うまくいかない」と思っているので、自分でも、恋愛を壊すような行動をとったりします。

人は無意識(潜在意識)による行動のほうが断然多いんです。

たとえば「こんなLINEしたら返信こないだろうな」なんて思っても、連絡せずにはいられなかったりした経験はありませんか?

これは、東京から沖縄に行きたいと思っているのに、あなたが設定した目的地が「北海道」になっているので、北海道に向かっているようなものです。

ちょっとわかりにくいでしょうか?

「彼とうまくいきたい!」と思っているんだけれど、あなたが設定した目的地が「うまくいかない」に設定されてしまっている、ということです。

そうすると、うまくいかせない行動をとってしまったりします。

だからやっぱり、執着を手放す。

もちろん執着を手放す難しさは私も知っていますが、とことん執着したら、そのうち手放すことができる日がやってきます。

だって、苦しいんだもの!!!!!

好き好んで苦しくなんてなりたくないでしょう?

「自分を幸せにしてあげる」って思ったら、執着を手放すほうを選びたくなるはずなんです。

そんな風に「自分を幸せにしてあげる」という意識に慣れてきて、それを行動にうつせるようになると、恋愛はスルッとうまくいくようになりますよ。

Twitterしてます。フォローや「いいね」本当にありがとうございます♡

ABOUT ME
イトイハナ
イトイハナ
【愛されオンナ研究家】男性心理を中心に心理学や引き寄せの法則を学び思考を変え、追いかける恋愛から大好きな人に愛される恋愛が叶う。その経験などを元に”スルッと愛される女になる!” をテーマに恋愛ブログを執筆中。パートナーと暮らしながら、愛される女性について研究しています。→プロフィール
関連記事