思考・マインド

自分と向き合うことで幸せな恋愛ができる

恋愛停滞期は自分と向き合う絶好の時期!

なんだか恋愛がうまくいってない、それは「自分と向き合う時間」をプレゼントされたのかもしれません。

私はこれまで「自分と向き合う」ということをせずに恋愛を繰り返し、同じように恋愛がうまくいかなくなり…ということをやっていました。

恋愛がうまくいっていないと感じた時にやっていたことと言えば、ただただ相手のせいにしたり、ズドンと落ち込んで自暴自棄になったり、なんとしてでもうまくいかせたいと、相手の心を動かすことに必死になることでした。

しかし!

いよいよ本気になった私は、恋愛停滞期にとことん自分と向き合うことをやって、恋愛ベタを卒業することができました。

自分と向き合うとは?

自分と向き合うというのは、ひと言で言うと「自分の心の声を聞く」ことです。

自分の「本当」の心の声を丁寧に聞いてあげることなんです。

自分の心の声を聞いてあげること、自分のことを知ろうとしてあげることは、究極の自愛です。

現代人には、日常生活において思考が優位になっていて、自分の本当の心の声がわからなくなっている人が多いんです。

スマホが当たり前のように普及して、いつでもどこでも簡単に、さまざまな情報を手にいれることができるようになり、

どんどん自分の本当の心の声が聞こえなくなってきています。

思考が優位になっているというのは、

・こうした方がいいだろう
・これをするとどう思われるだろう

というように、自分の本当の気持ちではなくて、頭で考えたことを優先させて、選んでいく、ということです。

これって、他人に支配されている、ということになります。

こうやって、自分の心の声を無視して、思考で判断したほうを選んでいくと、生きづらい人生になっていくのは目に見えています。

なぜなら、自分ではなく、他人の望むような人生になっていくからですね。

恋愛でも「こうした方が彼に好かれるだろう」なんて、頭で考えて恋愛をしているから、幸せだと思えないのです。

なぜ恋愛は自分と向き合うことが大切なのか?

あなたを「幸せ」に導いてくれるのは、あなたの本当の心の声であり、あなたの「幸せ」を知っているのも、あなたの本当の心の声です。

自分の本当の心の声を優先させてあげると、うまくいくようになっています。

それを無視して突っ走ってしまうから、心や体に不調をきたします。

なんだか心がモヤモヤしているのだとしたら、それは、恋愛がうまくいっていなくてモヤモヤしている、というより、

自分の本当の心の声を無視しているからであり、本当は「どうしたいか」が、わかっていないからです。

たとえば、本当は我慢をしたくないのに我慢をしているから、モヤモヤしているのであり、本当は素直になりたいのに、素直になれなくてモヤモヤしています。

本当は我慢したくないのに我慢をしているのも、本当は素直になりたいのに素直になれないのも、

「そうすると、嫌われるから」などという思考で判断しているから。

だけど実際、我慢をしていても、思いっきり愛されいる、とは言えないわけでしょう?

我慢をしていても、幸せは感じていないのでしょう?

それはやっぱり、自分の心の声を無視しているから、なんですね。

我慢をしても、幸せじゃないけれど、我慢するのをやめることもできない。

つまり、本当は「自分がどうしたいのか」がわからなくなっているんです。

思考ではなく、本心から「自分がどうしたいのか」がわかって、それを優先させてあげられるようになると、恋愛はうまくいくようになります。

その、「自分が(本当は)どうしたいのか」に気づけるようになるのが、自分と向き合う、ということなんですね。

自分と向き合うことで幸せな恋愛ができる!

もし今、恋愛がうまくいっていないとするなら、それは、自分と向き合うための絶好の時期です。

いま、自分と向き合っておけば、これから幸せな恋愛ができるようになっていきます。

恋愛がうまくいっていないと落ち込んでしまいますが、幸せな恋愛のために与えられた時間だと思って、時間をとって、じっくりと自分の心の声に耳を傾けてあげてください。

・どんな恋愛がしたいのか?
・彼とどんな関係を築いていきたいのか?

からはじまり、

・私は何をしている時が幸せなのか?
・私はどんな人でありたいのか?

など、自分の心の声をとことん聞く。

(自分と向き合うための質問book系の本はたくさん出ているので、本屋さんで探してみてもいいと思います。)

そして「私はどうしたい」を優先させてあげられる、自分になる!

あなたが今、恋愛において幸せを感じられていないのだとしたら、もしかしたら、「私はどうなれば幸せなのか」がわかっていないから、かもしれません。

どういう恋愛が自分にとって「幸せ」なのかがわからなければ、どうすればいいかわからないし、「幸せ」が訪れても気づけない。

だから、永遠に幸せだと思える恋愛にはならないのです。

恋愛は、お酒に酔っている時と同じぐらい判断力を低下させる、なんて言われることもあるぐらい、

相手のことが大好きすぎると、「自分はどうしたいのか」が、わからなくなります。

それこそ、やっぱり私は「我慢しても、彼と一緒にいたい」という結論に達するかもしれません。

それなら、それでいいと思います。

恋愛がうまくいっていない時期は、どうしたら彼とうまくいくのか?ということを考えがちですが、

それよりも、まずは自分に向き合う。

自分の心の声を丁寧に聞いてあげて「自分にとっての幸せとは、幸せな恋愛とはどういうものなのか?」「自分はどうしたいのか」を知る。

そうすると、あなたにとって本当に幸せな恋愛ができるようになりますよ。

Twitterしてます。フォローや「いいね」本当にありがとうございます♡

ABOUT ME
イトイハナ
イトイハナ
【愛されオンナ研究家】男性心理を中心に心理学や引き寄せの法則を学び思考を変え、追いかける恋愛から大好きな人に愛される恋愛が叶う。その経験などを元に”スルッと愛される女になる!” をテーマに恋愛ブログを執筆中。パートナーと暮らしながら、愛される女性について研究しています。→プロフィール
関連記事