綺麗になるには

お尻が大きいのはコンプレックスではない!

お尻が大きいのはコンプレックスではない!

今日は、コンプレックスについて、お話したいと思います。

ある日、夜中に起きてしまって「なんだか眠れそうにないなぁ」と思い、いさぎよく起きて、テレビをつけました。

そうしたら、水着を着た女の子が登場してきたんです(深夜っぽいですよね)。

で、その女の子をみて、私は瞬時にこう思いました。

「この子、お尻が大きいなぁ。」って。

それが、いいとか、悪いとか、そんなことでは決してなく、ただ単に、見た瞬間にそこに目がいってしまったのです。

お尻が大きい=くびれがある

しかし驚いたのは、男性陣(テレビの出演者の)のひとこと。

その水着の女の子がでてきて、私が「お尻が大きいなぁ。」という感想を感じていたときに、

男性陣が口を揃えて

「くびれ!!!!!」

と大きな声で叫んでいたのでした。

女性の私には、くびれなんて全く目に入ってこなかったから(なんせ、大きなお尻に囚われてしまって)、

男性はやっぱり、くびれが大好物なんだなぁ

と思わずにいられない出来事でした。

日本人の女性はとくに、お尻が大きいことをコンプレックスに思う人が多いようですが、

この一件を見てもわかる通り、男性にとっては、お尻の大きさよりくびれなんです。

むしろ、お尻が大きいほうが、くびれがわかりやすいんです!

だから「お尻が大きい」ことをコンプレックスに感じて悩んでいるのなら、ウエストのくびれをつくって武器にする。

コンプレックスは受け入れて武器にすれば、それはたちまち、あなたの魅力になります。

他人はあなたのコンプレックスを気にしない

じつは私もどちらかというとお尻が大きいと、自分で感じています。(感じてるだけじゃなくて、本当に大きいと思う)

しかし、私が「子供用の短パン(スポーツ用の)をはいている」と彼に言ったところ、「お尻ちっちゃいから、子供用でもはけるんだねー」と言われました。

そう、彼は、私のお尻が大きいことに全く気づいていない。

そんなものなんです。

そしてまた、私にとってはお尻が大きいことよりも、ふくらはぎが太いのがコンプレックスでした。

まぁ今も太いので、細くなれるならなりたい!

とは思いますし、そのために努力もしていこう、と思ってはいますが、むかしは今よりもずいぶんとふくらはぎの太さを気にしていて、

「脚を出せば、見られることによる緊張感で、脚が細くなる」

という名言を信じ、夏にはショートパンツ(といっても、そう短すぎるものではなく)で過ごすことが多くなっていました。

で、あるとき、仲間内での飲み会がありました。

私のショートパンツ姿に見慣れている男性陣も多く、お酒もはいって盛り上がっているころ、一人の男性が、私にこう言ったのです。

「ハナさん、脚綺麗だよね〜。」と。

私はふくらはぎの太さを相当コンプレックスに感じていたので、これは絶対にからかっているんだ!

と100%瞬時にそう思って、

「絶対うそ!私、脚太いから!!」

と反論しました。

しかし、その男性は、まわりの男性に同意を求めるように、

「ハナさん、俺らのあいだで、脚が綺麗って評判だよ!!」

って話はじめるのです。

お世辞なんかでもなく、からかっているわけでもなく、本当に「私の脚が綺麗だと思ってくれている」というのが、雰囲気でわかりました。

細すぎるより、健康的な脚のほうが男性は好きだ!

というのは本当なんだと、この時自信をもったのを今でも鮮明に覚えています。

大きなお尻とおなじように、コンプレックスって、いかようにも武器にできるし、個性になります。

そして、じつは案外、自分が気にしすぎなだけというのは多々あることです。

友達のコンプレックスの話を聞いても、「気にしすぎだよ〜。」って思うことありますよね?

それに、人が一番関心があるのは自分のことで、他人のコンプレックスより自分のコンプレックスのほうが、気になるものですから。

なにより、女性と男性は見るところが違いますからね。

だから、コンプレックスを気にしすぎずに、むしろ受け入れて味方にかえると、今悩んでいることが、途端に悩みじゃなくなりますよ。

Twitterしてます。フォローや「いいね」本当にありがとうございます♡

ABOUT ME
イトイハナ
イトイハナ
【愛されオンナ研究家】男性心理を中心に心理学や引き寄せの法則を学び思考を変え、追いかける恋愛から大好きな人に愛される恋愛が叶う。その経験などを元に”スルッと愛される女になる!” をテーマに恋愛ブログを執筆中。パートナーと暮らしながら、愛される女性について研究しています。→プロフィール
関連記事