愛されオンナ磨き

男性は「俺のこと好きなのかも?」で意識しはじめる

男性は「俺のこと好きなのかも?」で意識しはじめる

スポンサードリンク

一部の、ものすんごーくモテる男性をのぞいて、男性は女性に対して自信がもてません。

だけど、男性は女性が大好き。

男性は、10人の女性がいたら7、8人がストライクゾーンであるのに対して、女性は10人の男性がいても、1人いるかいないかです。

(どこかの記事で書きましたが、男友達が、コンパで3人の女性が3人とも可愛かった!と言ってました。どの子でも付き合えると。女性はなかなか、そうはならないですよね。)

だから、女性は男性に受け入れられる機会多いけれど、男性は基本的に異性に好かれるという経験が、女性に比べてうんと少ないのです。

そんなものだから、

男性は「この子、もしかして俺のこと好きなの?」と思うだけで、その女性を意識しはじめます。

そして、男性は「もしかして俺のこと好きなのかも」とポジティブに勘違いしやすい。

つまりは、好きな人がいるのなら、「もしかして俺のこと好きなの?」って思ってもらえれば、話は早いということ。

だけど・・・

「もしかして俺のこと好きなの?」で、男性が女性を意識しはじめて、それで女性が「彼も私のこと好きなのかも♡」「ここで攻めなきゃ!」と、ガンガンにアプローチをしはじめると、

その途端に男性は引いてしまいます。

あくまで「俺のこと好きなのかも」です。
「かも」が大事なんです。

(男性にも、「俺のこと好きなのかも」「え〜どうしよう♡」のようなトキメキの時間をあげましょうね)

「相手に好きなことがバレたくない!」とひたすらに隠そうとする女性がいますが、それって、好きなことがバレて嫌われたくなくて、ですよね?

でも、なんでもすべて男性から、というのは少々都合がいい話で、恋愛は女性がある程度リードして、それでもって、リードしているように見せない!

というのが、うまくいきます。

男性って、本当は女性の手のひらで転がされたい願望があるんです。

だけど、それが見え見えじゃなくって、そう見せないのに、じつは手のひらで転がされてる、という感覚がいい。

(ワガママですよね〜)

恋愛上手な女性は、こうゆうことが自然とできてしまうのですね。

さて。

「もしかして俺のこと好きなの?」
を相手に伝えるには、いろーんな方法があります。

・なんかLINEしたくなってLINEしちゃった
・会えてよかった〜!
・○○くんって、優しいね
・○○くんみたいな人好き(これはハードルが高い!?)

そして、ボディタッチ!

男性って、ボディタッチだけで、「もしかして俺のこと好きなの?」が脳内を占領します。

そして一気に、その女性のことが頭から離れなくなるんです。

ボディタッチがハードルが高ければ、とにかく笑顔。

自分に笑顔を向けてくれるということは、「もしかして俺のこと好きなの?」となります。

むかしお付き合いしていた男性に、「そうやって誰にでも笑顔をふりまくから、男は勘違いするんだよ」って怒られたことがあるぐらい、笑顔は勘違いしやすいのですね。

好きは溢れ出るもの

でも、好きって、隠そうとしなければ、自然と溢れ出てしまいますよね。

なかには隠そうとしても溢れ出てしまう人もいますけれど。

だから、「好き」という感情に素直になって、嬉しそうにニコニコしていたらいい。

そんなアナタの可愛い笑顔に、男性はキュンとするのです。
自分だけに向けられた、特別な笑顔にキュンとしちゃうのです。

もしどうしても「嫌われるのが怖い」というのなら、ガツガツと踏み込まなければいいだけの話。

自分に笑顔を向けてくれて、嫌に思う人なんていません!

「好き」って、とーっても素敵な感情です。

その素敵な感情に蓋をするなんて、もったいない!

そうやって「好き」を悪モノにしてしまうから、恋愛を拗らせてしまう。

好きな人には「もしかして俺のこと好きなの?」で、意識してもらいましょう♡

そこからがスタートです。

スポンサードリンク