愛されオンナ磨き

追いかける、追いかけられるを一旦忘れる

追いかける、追いかけられるを一旦忘れる

スポンサードリンク

わたしも元・追いかける女子だったので、好きな人、彼氏を追いかけたい気持ちはとってもよくわかります。

相手から反応があるうちはものすんごく楽しいですよね!

だけど、相手からの反応が悪くなってくると、途端に焦りや不安に襲われて、余計に悪循環のスパイラルに陥ってしまう。

それで、追いかけられるにはどうしたらいいのだろう・・・

といろいろ調べて、結局、追いかけるのをやめるしかない、

と気づくのです。

そう、追いかけられたいなら、追いかけるのをやめるしかない。

で、本当は追いかけたいのに、追いかけてはいけないわけですから、

我慢の日々がはじまります。

LINEをしたくても我慢。
愛情表現をしたくても我慢。

一週間が長く感じて、それでも相手からは連絡がこなくて、さらに待って・・・。

で、しばらく追いかけるのをやめると、相手からもポツリポツリと連絡がくるようになって、

相手の反応もよくなったりする。

「よし!ついに追いかけられはじめたぞ!」

と思ったのもつかの間、

相手の反応がいいことに気を良くし、元々は追いかけたいわけですから、結局また知らず知らずのうちに追いかけてしまう。

愛情表現をこれでもかとぶつけてしまったりするのです。

そしてまた・・・

相手の反応が鈍くなって、あっという間に元どおり。

追いかけたり、追いかけられたり、追いかけたり・・・。

「もうどうしていいかわからない!」

という方に向けて、今日は書いています。

そう、「もうどうしていいかわからない!」

のなら、追いかけるとか、追いかけられるを、もう一旦忘れてしまう。

本当は追いかけたいのに我慢をして追いかけるのをやめて、結果、追いかけられても、お分かりの通り、またすぐに戻ってしまうんですね。

だから、追いかけるとか、追いかけられるにこだわるのをやめてしまうんです。

こだわらいでどうするのかというと、

「追いかけない」と決めるだけ。

追いかけないって、「好き」をやめるわけじゃないんです。

追いかけないって、そっけなくしたり、冷たくするわけじゃないんです。

追いかけるというのは、頭のなかが彼でいっぱいだから追いかけてしまうわけで、ちょっとずつでいいから、頭のなかに自分もちゃんと登場させてあげる。

「どうしたら追いかけられるだろう。どうしたら彼が追いかけてくれるだろう」って悩む時間を過ごしたり、

彼が追いかけてくれるのをひたすら待つのではなくて、

「追いかけられる」という発想を忘れてしまう!

ただ追いかけない。

そして、彼のことばかり考えるのではなく、自分に夢中になる。

男性は、自分に夢中になって、自分の人生を楽しんでいる女性を追いかけたくなるから。

そして、自分の人生を楽しんでいる女性って、男性を追いかけないものです。

彼のことが大好きだと、それが難しいんだよ!

と言いたくなる気持ちも、分かりすぎるぐらいにわかります。

わたしも経験してますから。

「彼のことを考えないようにしなくちゃ!」
と思うほど、

考えてしまうのが人間です。

だから「彼のことを考えない」より「自分に夢中になる」。

面白いもので、頭のなかにいる彼の存在が少なくなって、自分が増えていくほどに、今度は彼の頭のなかにはあなたが登場しはじめます。

「追いかけられたい!」にこだわっているうちは、たとえ追いかけられても、本当の意味で、望んでいるような関係にはなりません。

「追いかけられたい!」ではなくて、ただ「追いかけない」。

追いかけないって、LINEをしちゃダメというわけではないし、彼にLINEをしたいことがあるときにはすればいいと思います。

これって、ごくごく普通の恋愛のカタチだと思います。

追いかけないとは、自分の人生を楽しむということ。

この世で一番大切な自分自身の人生を楽しんでいると、そこに恋愛という素敵なオプションが加わるのです。

追いかける、追いかけられるにとらわれて、にっちもさっちも行かなくなってしまっているのなら、

「追いかけられたい!」という気持ちを一旦忘れてしまいましょう。

そして、自分の人生を楽しみましょう。

スポンサードリンク