愛される女

女性が夢中になりすぎると、男性が夢中になれない!

女が夢中になると、男が夢中になれない!

私ばかりが彼氏に夢中で、彼氏は全然私に夢中じゃない!

と嘆きたくなる気持ちは本当によーくわかります。

私も「彼氏を夢中にさせるにはどうしたらいいんだろう?」なんてずーっと考えていました。

しかし!

あなたが彼氏に夢中になりすぎていながら「彼氏にも、私に夢中になってほしい」と望んでも、それは無理ってもの。

あなたが、彼氏に夢中になりすぎていると、彼氏があなたに夢中になりたくてもなれないのです。

本来、男性は女性を愛したいし、夢中になれるぐらい好きになりたい!

Kinki Kidsの歌にもありますよね。

「愛されるよりも、愛したい、まじで!」

女性は恋をすると、ついつい好きな人に夢中になってしまいます。

いつもいつも、仕事をしていても、ひとりでいても、ご飯を食べていても、彼氏のことで頭がいっぱいになってしまいます。

これだけ思える人がいるなんて、夢中になれる人がいるなんて、とっても、とっても素敵なこと!

だけど、その夢中であるまま、彼にぶつかってしまうと、彼氏が夢中になる隙がありません。

本当は、あなたに夢中になりたいのに、夢中になることができず、彼氏だってモヤモヤしているのです。

彼氏だってあなたに夢中になりたい

あなたが彼氏を愛するばかりで、彼氏から愛情を感じられていない状態であるなら、信じられないかもしれませんが、男性は本来「女性を愛したい」と思っています。

男性は女性を愛したいと思っているし、
女性は男性に愛されたいと思っている。

需要と供給はあっている。

なのになぜ、彼氏からの愛情が感じられないのか?

それは、あなたが「好き、好き」をあげすぎているからです。

恋愛では、

片方が尽くせば、もう片方は尽くされる方。

片方が「好き」をあげすぎれば、もう片方は「好き」を受け取る方です。

そして、片方が夢中になれば、もう片方はその「夢中」のエネルギーを受け取る方になります。

うまくいく恋愛のかたちは、男性が与えて、女性が受け取るかたちです。

女性は、男性からの愛情や優しさを「ありがとう」と笑顔で受け取ることで、男性に「愛情」や「信頼」を与えるのです。

何かに夢中になれるのは素敵なことだけれど

本来、夢中になれる何かがあるって、すっごく素敵なことです。

趣味でも、仕事でも、夢中になれることがあるって幸せなことですが、趣味にしろ仕事にしろ、夢中になりすぎて体をこわしてしまったら、元も子もありませんよね。

「したい」だったはずのことが「しなきゃ」に変わって、自分を追い詰めては元も子もありません。

そう、何を差し置いても大切なのは、自分です。

恋愛でも「自分を大切にする」ことは、本当に大切なことなんです。

自分を大切にすることを忘れて恋愛をしていると、必ずどこかで「ストップ」がかかります。

潜在意識というものは、本来は私たちを守ろうとしてくれるものなので、自分に危機が訪れると「苦しい」などという感情で、お知らせしてくれるんです。

彼氏に夢中になることも、べつに悪いことじゃない。

だけど、彼氏に夢中になりすぎて、自分の日常がおろそかになってしまったり、心が苦しくなってしまったり、不調をきたすようになれば、それはもう黄色信号。

「もう少し自分にかまってあげてね」という合図です。

自分に夢中になることが大切

彼氏に夢中になりすぎると、それはやがて「依存」になります。

あなたの感情のすべてが彼氏の一挙手一投足にかかっていて、彼氏のひと言やLINE、行動によって、簡単に幸せ気分になったり、落ち込んだりします。

コントロールできない他人に、自分の感情や幸せが左右されるなんて、苦しくなるに決まっていますよね。

だから、自分に夢中になる!!

「私はなにがやりたい?」

って、自分をちゃんと気にかけてあげる。

自分のことを気にかけてあげると、ちゃんと彼氏からも気にかけてもらえるようになるから♡

綺麗ごとに聞こえるかもしれませんが、結局、彼氏以外に夢中になれることが見つかって、生き生きと輝いていると、勝手に彼氏が追いかけてくるようになります。

男性は「俺のことに夢中な女性」には魅力を感じないから。

彼氏のことは、もちろん「大好き♡」でいていい。

だけど、彼氏と同じぐらいに自分のことも大好きになってあげて、彼氏と同じぐらい好きなものを増やしていく。

彼氏と同じぐらい夢中になれることを増やしていく。

本当は連絡したくてたまらないのに「我慢をして連絡をしない」みたいな駆け引きって、うまくはいかないもの。

だけど、彼氏以外のことに夢中になっていたら、気づけば連絡していなかった!

なんてことになると、彼氏があなたに夢中になりだしたりする。

私がそうだったから。

彼氏は大好きだけれど、彼以外に夢中になれることがある。

こうなったとき、自然と彼氏に対する思いも軽やかになり、恋愛の歯車がうまくまわりはじめます。

Twitterしてます。フォローや「いいね」本当にありがとうございます♡

ABOUT ME
イトイハナ
イトイハナ
【愛されオンナ研究家】男性心理を中心に心理学や引き寄せの法則を学び思考を変え、追いかける恋愛から大好きな人に愛される恋愛が叶う。その経験などを元に”スルッと愛される女になる!” をテーマに恋愛ブログを執筆中。パートナーと暮らしながら、愛される女性について研究しています。→プロフィール
関連記事