引き寄せる女になる

自分の欠点を受け入れたときパートナーが現れる

自分の欠点を受け入れたとき愛してくれる人が現れる

あなたには欠点がありますか?

女性なら、片付けが苦手なこと、料理が苦手なことを欠点だと感じ、「私、片付けできないし・・・」「私、料理できないし・・・」と悲観的に思っている方もいらっしゃるかもしれません。

私は今でこそ料理は人並みにできますし、料理が好きですが、昔は料理ができませんでした。

そのことが自分の中ではけっこうコンプレックスで、心のどこかで「彼氏ができても料理できないのバレたら嫌われちゃうかも」と思っていたので、それが無意識のブレーキとなって彼氏がなかなかできない時期がありました。

結局、そのときは欠点をカバーしようと料理教室に通い出し、「私、料理向いてるかも!楽しい〜」と気づき、結果、「彼氏ができても困る!」という無意識のブレーキが外れたことにより、彼氏ができた、と思っています。

料理教室に通ったら彼氏ができた話
料理教室に通ったら彼氏ができた話料理教室に通いはじめて4ヶ月ぐらいした時に彼氏ができた、ということがありました。 といっても、料理教室で出会ったわけでではないので...

さて。

欠点は、自分で「足りない」と思っている部分です。

「足りない」にフォーカスしていれば、当然、足りない現実を引き寄せてしまいます。

だから、かつての私のように、欠点を補う方向へ進むのもありです。「補いたいなぁ」と思うのなら、それは自分で補っていい部分です。

しかし、「どうしても料理はやりたくない!」「どうしても片付けられない!」というのなら、無理に補う必要もありませんし、その欠点をダメだと思わないことです。

「自分で自分のことをダメな女性だ」と思っていれば、まわりも、あなたのことを「ダメな女性だ」と見るからです。

意識には、5%の顕在意識と、95%の潜在意識があると言われています。潜在意識というのは無意識のことで、引き寄せの法則が働くのは、この無意識の部分です。

そして、無意識の深層にはさらに「集合的無意識」と呼ばれる意識があります。この集合的無意識で、人はみんなつながっています。

だから、自分のことを好きになれば、同じように自分を好きになってくれる相手が現れるのですね。

よく「自愛」なんて言葉が使われたりしますが、自分に欠点があって、その欠点があるから私はダメだ・・・と思っていたら、とてもじゃないけれど、自分を愛しているとは言えません。

自愛とは、自分を愛する、自分のことを好きになることですが、その前に、自分のことをダメだと思わないことが重要なのです。

なんども言いますが、たとえば料理ができないことを、「料理ができるようになりたい!」と思うのなら、料理教室に通ったりなんなりして、できるようになっていいんです!!

向上心があるのは素晴らしいことです。

ただ、やりたくないことを、無理にやらなくていい、ということです。

欠点を「自分のダメな部分」とは思う必要はない、ということです。

私は料理が好きだし、彼にご飯をつくるのが好きです。

だけど、彼が「俺も料理を作れるようになりたい!」と料理教室に通い出し、私より料理上手になってしまったら・・・

私は「私の役目がない」と思うことでしょう。

まぁ、女性なら「ご飯作ってくれるなら、ラッキー!」って思うかもしれませんが、男性はそうはいきません。

好きな女性の役に立ちたいのが男性です。

もし、彼があなたを車で送り迎えをすることを「彼女の役に立ててる!」と思っているのに、あなたが「彼にいつも送り迎えしてもらうのは悪いから」と、免許をとって車を買ったとしたらどうでしょうか。

彼は、自分の役目が奪われた・・・と思うでしょう。

あなたが「片付けができない」自分を受け入れたとき、片付けるのが得意な男性がパートナーとして現れるかもしれません。

その彼にとっては、あなたの「片付けができない」部分は、そのままでいてほしい部分です。

だって、彼があなたの役に立てる部分だから。

だから、欠点は無理をしてまでカバーすべき部分ではないし、全然ダメじゃないんですね。

「欠点」というのは「欠けている点」と書きますが、欠けているからこそ、パートナーが補い合える部分です。

自分の欠点を悲観的に思っているのだとしたら、その欠点を受け入れてみてください。「今のままでもいいんだ」って受け入れたとき、その欠点をカバーしてくれるパートナーがひょっこり現れるかもしれませんし、「そのままのキミでいい!」と言ってくれるパートナーに出会えるかもしれませんよ。

私も利用してます♡OZmallが厳選したエステサロンで綺麗になろう。

イトイハナのお気に入り
イトイハナのお気に入り

美容系や雑貨、ファッションなど、私のお気に入りアイテムをたまに更新していきます。お時間があれば、ぜひのぞいてみてくださいね。

イトイハナのお気に入り