愛されオンナ磨き

片思いは執着がなくなった頃に叶う

片思いは執着がなくなった頃に叶う

わたしの過去の片思いが叶った経験から、片思いが叶うときについて書いてみました。片思いを楽しんでいたら勝手に叶っていた、という経験がある一方で、一年以上の長い片思いが叶った経験もあります。どちらの場合も、片思いが叶ったのは「どうにかして付き合いたい!」という強い執着がないときだったと、今思います。

スポンサードリンク

わたしも片思いを経て付き合った経験は何度かあります。

片思いが叶う過程にも2種類あって、

片思いの期間を楽しんでいたら、
あっという間に付き合うことになった。

(どうにかして付き合いたい!という執着がうまれるまでもなく、付き合えた)

というパターンと、

つかずはなれずの関係がつづいて、
1年以上の長い片思いの末に
付き合うことになった。

というパターンです。

すぐに付き合うことになったパターンは、
お互いのタイミングがよかったのでしょう。

女性は付き合うことに対して「責任」を
あまり考えることはありませんが、

男性もある程度の年齢になってくると、
女性と付き合うことに対して「責任」を
考えます。

また女性と付き合うとなると、
お金が必要ですから、

仕事が順調だったり、
会う時間があるかどうかなど、

男性にはいろいろ考えることがあるのです。

しかしやっぱり、

片思いの相手とつかずはなれずの関係がつづいていて、
付き合うことができていないのは、

「好きは好きでもお付き合いするほどではない!」
と、どこかで男性が思っているのも、

確かです。

さて。

片思いに悩む暇もなく叶えば、
そんな嬉しいことはありません。

しかし!

ずーっとつかずはなれずの片思い期間がつづく時は、
不安な時間や満たされない時間が、
しだいに長くなってしまうものです。

私はつい焦って、

「どうやったら彼と付き合えるのだろうか」
「どうしたら彼は告白してくれるのだろうか」
「どうにかして私を好きになってほしい」

ということばかりを考えていました。

好きで、好きで仕方がなかったんですね。

しつこくLINEをしたり、
お誘いをしたりして、

だんだんと彼の態度がそっけなくなっていくのも感じました。

「男性は追いかけたい!」
のですから、

追いかけさせてくれない女性には、
そっけなくなるのも、無理はありません。

「追いかけさせてくれよー!」
って思っていたはずです。

で、私はどうしたか。

諦めました。

好きで、好きで仕方なくて、
自分からアプローチしまくって、
それで彼の態度がそっけなくなってしまった。

「わたし、なんかかわいそうじゃん!」
って思えてきたんです。

それで、

私をこんな思いにさせる男なんて、

「もう、いいや。」
と、執着がスーッと消えたんです。

縁があれば結ばれるだろうし、
ほかにイイ人が現れるかもしれないしって。

それからは、

「どうにかして私を好きになってほしい」
「どうやったら彼と付き合えるのだろうか」

という気持ちもなく、
彼に会うことができましたし、
彼とLINEをしていました。

不思議なもので、
「彼をどうにかしたい!」
という執着がなくなってからは、

彼との関係がよくなったんです。

”不思議なもので”と書いておきながら、
ぜんぜん不思議でもなんでもないということが、

今となってはわかるのですが・・・

「彼をどうにかしたい!」
という執着があった頃は、

その気持ちが重たい波動となって、
彼に伝わっていたのでしょう。

だから、彼は逃げるしかなかった。

そして、

「どうにかして私を好きになってほしい」
という気持ちの裏には、

「彼は私のことを好きじゃない」
という思いが自分の潜在意識に強く組み込まれていた。

だから、
「私のことを好きじゃない」
「彼と付き合えない」
という現実が、

潜在意識に組み込まれていたとおりに、
目の前に繰り広げられていた。

と考えられます。

執着がなくなってから、
執着を手放すことができてからは、

彼からの誘いも少しずつ増えていきました。

そして、数ヶ月が経ったころに、
晴れてお付き合いすることができました。

執着がなくなるときって、
一度思いっきり執着して、
それでダメだとわかったから。

だから、

今あなたが片思いの彼に執着しているのだとしたら、
それも、あなたの願いが叶う過程です。

片思いが叶う過程です。

いつか執着がなくなる日がやってくるし、

執着がなくなってから、
また彼との新しい関係がスタートしていきます。

縁があれば、必ず結ばれますから、安心してくださいね。

スポンサードリンク