愛される女になる

愛され女子は彼氏にお願い事をして活躍の場をあげる

彼氏にお願い事をして活躍の場をプレゼントしよう

私が以前の恋愛とクルッと180°違う恋愛ができるようになったのは、行動の面でいえば、彼に活躍の場を与えられるようになったことが、とっても大きいと思っています。

恋愛となると、途端に自己肯定感が低くなり、「嫌われないように」が常に頭の中にあった私は、

彼氏に何かお願い事をするにしても、「あまり何度もお願いすると面倒に思われるかも」と思い、遠慮しすぎたり、

お金がかかると会ってくれなくなるかもと、彼氏の家の近くへ、いつも私が出向いていました。

これらは、典型的な愛されない女性の考え方です。

「嫌われないように」がベースの恋愛をしていて、愛されることはありません。

愛され女子は、この真逆。

遠慮なくお願い事をするし、彼氏が奢ってくれるなら遠慮なく奢られる。

自己肯定感が高く、おまけに彼氏のことも信頼しているから、それを素直に表現しているだけなんですね。

「お金がかかると会ってくれなくなるかも」だなんて、彼氏のことを見くびりすぎていたのです。

彼氏を、お金が稼げない男として見ていたのだから・・・。

彼女からそんな風に思われていた彼氏も、いい気分ではなかったでしょう。

そうじゃなくて、愛され女子は、彼氏がもっと仕事を頑張るエネルギーになるんです。

男性は、好きな女性を喜ばせたり、楽しませたり、役に立つことでますます愛情を募らせてゆくというのに、

私は、それとは真逆のことをやっていた、というわけですね。

愛され女子は、彼氏が私を喜ばせて、楽しませて、私の役に立てるように、ちゃんと活躍の場を与えています。

それが、お願い事をするということ。

彼氏のために、お願い事をするんです。

いまの私は、事あるごとに彼にお願い事をして、活躍の場を与えています。

たとえばブレスレットをつける時、自分ではつけにくいでしょう?

だから彼につけてもらう。

これ、男性はドキッとするので、ぜひ好きな男性にやってもらってください♡

デートの待ち合わせ場所で、「時間なくて、一人でつけられなかったからつけて!」ってお願いするんです。

女性の華奢な手首を見ることで「女の子だなぁ〜♡」って、めちゃくちゃドキッとしますから。

また、私が見たいテレビ番組と彼が見たいものが違ったとき、彼は私に譲ってくれます。

それで、私がその番組を楽しそうに笑いながら見ていたら、彼はそれで大満足!

外で食事をするときも、私が食べたいものをリクエストします。

だって、彼が「何食べたい?」って聞いてくれるから♡

以前の恋愛では、私は彼氏が食べたいであろうもの、彼氏が好きなものを、私がそんなに食べたいと思わないのに、気を利かせて言ってました。

彼氏の好きなお店を、私が「あそこ行こ!」って言っていたのです。

それで、彼氏が美味しそうに食べてる様子を見て、私が満足するという、今とはまったくの逆!

愛されない女性は、男性の役割を奪ってしまい、活躍の場を奪ってしまうんですね。

私自身、人に頼られると嬉しいこともあるけれど、あまり頼られすぎると「自分でやってよー」って言いたくなってしまうタイプだったこと、

また長女で、小さい頃から「自分でやりなさい!」と言われて育ったことで、

男性にたいしてお願い事をするのが、よくないことのように思っていました。

この考え方が、長年、愛されない女性であった理由のひとつです。

頼られたい男性が、彼女に頼られずに活躍の場を与えられないことは、言ってみれば、

大切にされたい女性が、彼氏から放っておかれるようなものです。

「そんなの嫌だ!」って思うでしょう?

だけど、彼氏に頼るのが申し訳ないとか、頼りすぎて面倒に思われたらどうしようと、女性が思うように、

男性は男性で、あまり彼女のことを気にかけすぎても、彼女を信頼していないように思われるかも、なんて考えたりするんです。

自分が、心配されたり気にかけられすぎると、信頼されていないように感じるから。

「女性は大切にされたがっている」ことを知らない男性って多いんですよ!

男性と女性では、されて嬉しいことが違います。

だから、彼氏には、好きな男性には、お願い事をして頼ってあげて、活躍の場をあげてくださいね。

もちろん、「やってくれて当然だよね?」という態度ではなくて、感謝は忘れないようにね♡

男性は、あなたの笑顔が見たい、ただそれだけなんです。

私も利用してます♡OZmallが厳選したエステサロンで綺麗になろう。

イトイハナのお気に入り
イトイハナのお気に入り

美容系や雑貨、ファッションなど、私のお気に入りアイテムをたまに更新していきます。お時間があれば、ぜひのぞいてみてくださいね。

イトイハナのお気に入り