彼氏

どこにも連れて行ってくれない彼氏への不満を解消する方法

どこにも連れて行ってくれない彼氏への不満を解消する方法

彼氏がどこにも連れて行ってくれない!

私も過去に付き合った男性は、みんなこのタイプでした。

一方で、お付き合いをしていない男性にかぎって、私の行きたいところに連れて行ってくれたりしたものです。

じつは彼氏が「どこにも連れて行ってくれない」タイプなわけではなく、彼女側が「どこにも連れて行ってくれない」彼氏にしてしまってる、なんてことがあるんです。

まず最初に言っておくと、他人を、彼氏をコントロールしようとすると、うまくいきません。

恋愛は自分が変わることが大切で、自分が変わると彼氏も変わります。

彼氏を責める・不満をぶつけるは一番よくない

どこにも連れて行ってくれない彼氏にたいして、最もよくないのは責めることと、不満をぶつけることです。

そして、彼氏が「どこにも連れて行ってくれない」と不満を漏らす彼女は、たいてい、責める・不満をぶつけるやっています。

「せっかくのお休みなんだから、たまにはどっか連れてってよ!」

「いつも疲れてるばっかりじゃん!」

「友達とは遊びにでかけるのに」

人は命令をされるとやりたくなくなります。

こうして命令されたり責められて、彼氏が重たい腰をあげて、どこかに連れて行ってくれたとしても、彼氏は嫌々、どこかへ連れて行ってあげています。

愛される女性は、彼氏が自発的にそうしたくなるようにするのが上手なんです。

一方で恋愛ベタさんは、彼氏を無理やり動かそうとします。

人は「やらされている」と感じてやることは嫌になるんです。

また、「今日もどこにも行かないのー?友達の彼氏はみんなお休みの日はディズニーランドとか一緒に行ってくれるのに」なんていうのも、もちろんNG。

男性は比べられるのがとても嫌いな上、「俺はダメな男だ」と、自分を否定されている気分になります。

どこにも連れて行ってくれない彼氏にたいして、責める・不満をぶつけることによって動かそうとするのは、『北風と太陽』の北風戦法ですが、

恋愛では北風戦法はとことんうまくいきません。

恋愛では北風と太陽の太陽になろう!
恋愛では『北風と太陽』の太陽になるのが鉄則!イソップ童話『北風と太陽』をご存知の方も多いと思います。 北風と太陽が、旅人の上着を脱がせる力くらべをするお話ですね。 思い...

男性はお出かけが好きじゃない!?

もちろん全ての男性がそう、というわけではなく個人差はありますが、どうやら男性は、休日は家でゆっくりしたかったり、趣味に時間を使いたかったりと、女性ほどお出かけが好きじゃない。

私はずーっとこのことを知らなくて、はじめて知ったときには本当に驚いたものです。

旅行は好きでも、日常的な休日のお出かけとなると、話はべつ。

たしかに考えてみても、女性同士でお出かけするのはよく見かけても、男性同士ってあまりない。

男性同士だと、やっぱり趣味を楽しむか、飲むか、旅行か。

男性には目的が必要であり、休日に彼女をどこかに連れて行ってあげるのは、「彼女を喜ばせたい」という目的があるからなんですね。

お付き合いする前の男性であれば、彼女をゲットするために、行きたいところに連れて行ってあげたりするワケです。

たとえば彼女とディズニーランドに行って何が楽しいのかと言うと、彼女が楽しそうにしている姿、彼女が喜んでいる姿を見るのが、彼氏は楽しいのですね。

私もむかし、男性とお出かけしたあと、「今日は楽しかったです♡」と連絡をした返信には、

「僕も、楽しそうにしているハナさんを見ているのが、楽しかったです。」

なんて書かれていてキュンとしたことがありましたが、これが本音なんですね。

彼氏が自分から「どこか連れて行ってあげたい」と思わせるには?

愛される女性は、彼氏が自分から何かをしてあげたい!と思わせるのが上手です。

さて、どうすれば、彼氏が自分から「彼女をどこかに連れて行ってあげたい」と思うのでしょうか?

あなたが小さい頃、親に「勉強しなさい!」「遊んでばっかりいないで、宿題しなさい!」と言われて、勉強したくなったでしょうか?宿題したくなったでしょうか?

子供だから親に逆らうことはできず、「もぉームカつくなぁ!」と思いながら、勉強机に向かっていたのではないでしょうか。

勉強嫌いだった私が勉強をするようになったのは、テストでいい点数をとって「すごいじゃん!頑張ったねぇ!!」って褒めてもらえたから。

いい点数をとって褒められて、さらに自ら勉強をするようになってからは「勉強してたの?偉いねぇ!」って褒めてもらえたから。

そう、人は褒めてもらえるとやりたくなるんです。

『北風と太陽』の北風のように、相手を力任せに動かそうとするのではなく、太陽のようなあたたかい態度が、人の心を動かすんです。

彼氏がどこにも連れて行ってくれない、という場合には、褒めるというより、喜んで感謝をすること、になります。

彼氏がどこかへ連れて行ってあげたくなる彼女になる

まず、日常的に不満や要求ばかりの彼女を「喜ばせたい」と思う男性はいません。

彼氏がしてくれる小さなことを見過ごして、「あれしてくれない、これしてくれない」と不満をもらす彼女を、「どこかに連れて行ってあげよう」とは思わない。

本来、男性は好きな女性を楽しませたくて、喜ばせたいもの。

それなのに、そうしないと言うのは、彼氏のほうこそ彼女に不満があるからです。

・彼女が俺を変えたがる
・彼女が感謝をしない
・彼女が要求ばかり
・彼女が俺を否定する
・彼女が俺を信頼していない
・彼女が俺に不満ばかり

自分が彼氏にたいして不満があるときって、「私は悪くない」と思っているので気づかないのです。

彼氏が何かをしてあげたくなる、どこかに連れて行ってあげたくなる彼女って、こういう彼女とは正反対です。

彼氏がしてくれることに「感謝」をすることがベースになっているんです。

なんでこれができるかと言うと、彼氏だけに楽しませてもらおうとおもっていないから。

自分で自分の時間を楽しむ能力があるからなんです。

「彼氏しか私を楽しませることができない!」そんな状態だから、彼氏を変えたくなるし、彼氏に要求が多くなるんです。

「○○くんとディズニー行ってみたいな」
「この花畑見てみた〜い!」

などと、行きたいところや、やりたいことは、口に出して言う。

テレビやインスタを見ていて、なにげなく「ここ行ってみたい♡」と言うのもアリ!

しかし、もし彼氏の返事があいまいだったり、Noであれば、そこを責めない!(ここが、恋愛上手な女性と、恋愛ベタさんの大きな違い)

行きたいところ、やりたいことが伝わったので、それでOK!

いつか彼氏が連れて行ってくれるかもしれないのだから。

そして、どこかお出かけに連れて行ってくれた時には、喜んで感謝をする。

どこかへ連れて行ってあげた彼女が楽しそうだから、彼氏はまた彼女をどこかへ連れて行ってあげたくなるんです。

Twitterしてます。フォローや「いいね」本当にありがとうございます♡

ABOUT ME
イトイハナ
イトイハナ
【愛されオンナ研究家】男性心理を中心に心理学や引き寄せの法則を学び思考を変え、追いかける恋愛から大好きな人に愛される恋愛が叶う。その経験などを元に”スルッと愛される女になる!” をテーマに恋愛ブログを執筆中。パートナーと暮らしながら、愛される女性について研究しています。→プロフィール
関連記事