引き寄せ・潜在意識

引き寄せの法則・潜在意識で現実が変わらないのはナゼ?

引き寄せの法則・潜在意識で現実が変わらないのはナゼ?

引き寄せの法則を実践しているのに、現実が変わらない!

潜在意識を活用しているのに、現実が変わらない!

この気持ちはとてもよくわかります。

私もかつては、引き寄せの法則なんてちっとも効果がないじゃないか!

現実がちっとも変わらないじゃないか!

と愚痴っていた一人ですから。

しかし今では、現実がガラリと変わって、幸せだなぁと感じられる日々を過ごしています。

さて今回は、引き寄せの法則や潜在意識を学んで実践しているのに、現実が変わらない、その理由を自身の経験もふまえてご紹介していこうと思います。

引き寄せの法則で現実が変わるしくみ

まず簡単に、引き寄せの法則で現実が変わっていくしくみを書いていこうと思いますが、恐らくみなさんご存知のようにとてもシンプルです。

引き寄せの法則は、エネルギーの法則と言われるように、自分の出したエネルギーと同じエネルギーを引き寄せる、というもの。

だから、いい気分で過ごすことがいい、感謝の気持ちをもって過ごすといい、と言われたりするんですね。

本当に本当にとってもシンプルで、やることは、自分の感情、自分のエネルギーを整える、上げることだけなんです。

この引き寄せの法則というものが、近年は量子力学で説明されることが多くなり、科学的に証明できそうだと言われています。

潜在意識を活用して現実が変わるしくみ

意識には、ふだん私たちが意識している顕在意識と、意識していない潜在意識があります。

潜在意識(無意識)を発見したのは精神科医「フロイト」であり、潜在意識の中にはさらに「個人的無意識」と「集合的無意識」があるのを発見したのが精神科医であり心理学者の「ユング」です。

割合でいうと、顕在意識はたったの5%ほどと言われています。

たくさん(強く)意識していることが現実化していくのですが、顕在意識と潜在意識の割合をみてわかる通り、潜在意識で強く思っていることが現実化していくんですね。

顕在意識と潜在意識が同じ方向を向いていれば、現実は望むとおりに変わっていくし、違う方向を向いていれば、潜在意識で思っていることが現実化されます。

顕在意識で「こうなりたい!」と思っていても、潜在意識で「きっと無理だ、できない」と思っていると、「無理だ」のほうが現実になるというわけです。

引き寄せの法則・潜在意識で現実が変わらない理由

それではここから、引き寄せの法則や潜在意識を学んで活用しているけれど、現実が変わらない理由をご紹介していきます。

すべて過去の私の、現実が変わらなかった理由です。

【1】大きな変化を求めすぎている

引き寄せの法則で願いが叶うんだ!現実が大きく変わるんだ!などと、いきなり大きな変化を求めていると、小さな変化に気づけません。

ちゃんと気持ちを整えたりしていると、確実に現実は変わりはじめているんです。

ラッキーだなと思えることがあったり、なんだか最近周りが優しい気がするとか、小さな変化って必ず起きているんです。

だけど、大きな変化だけを求めていると、これらの小さな変化を感じることができず、「やっぱり何も変わらないじゃないか!」とエネルギーを下げてしまい、変わりはじめていたはずの現実が、また元に戻ってしまいます。

「変わらない」に意識の焦点が合ってしまうので、変わらないんですね。

変わらない状態でエネルギーが停滞してしまうんですね。

引き寄せの法則も、潜在意識も、日々の積み重ねです。

その日々の積み重ねで、ある時ドカン!と大きな引き寄せが起こったりするんです。

大切なのは「今」です。

【2】ポジティブとネガティブの割合

いい気分で過ごす時間が以前より増えたとしても、ネガティブな感情に支配される時間のほうが長いと、引っ張られるのはネガティブな方です。

ネガティブになってはダメ!と言っているわけではなく、物事には必ず二面性があるので、ネガティブな感情も必要な感情です。

ネガティブがあるから、ポジティブを感じられるのですからね。

ただやっぱり、1日のなかでネガティブな感情でいる時間のほうが長いと、現実はそっちに引っ張られます。

先ほども書いたように日々の積み重ねで、少しずつ少しずつ感情を整えてあげる習慣をつけることなんですね。

たとえばテレビやネットで、ネガティブなニュースやネガティブなコメントに触れない、ということも大切です。

ポジティブな考え方をする人たちの交流を増やすのもおすすめです。

これはリアルな場面だけではなくて、SNSをつうじでポジティブな考え方や幸せなものの捉え方をする人たちに触れるのもいいと思います。

【3】まだまだやれることはある

引き寄せの法則や潜在意識を活用しているのに、現実が変わらないと疲れてくることがあります。

もうどん詰まりになった気がしてしまうことがあります。

でもこれって、まだまだやれることはある、ということなんですね。

私のなかで、最近は愚痴も言わなくなったし、穏やかに過ごせているはずなのに、現実が変わらないなぁと思っていたことがあったんです。

そんな時に、引き寄せの法則をつかって願いを叶えて行っている女性と話す機会があって、そうしたら驚きました。

当時の私の、さらに上をいくポジティブな考え方や、物事の捉え方に、「あ、私、まだまだだなぁ…」と思い知らされたんです。

まだまだやれることはあるんだな、と希望を抱けたんです。

それでもたしかに、私は以前の自分に比べて変わったのを感じていました。

ここから続けていけば、彼女のように現実が変わっていくのだなと思い、エネルギーを整え、上げていくことを意識して過ごすことを続けていました。

引き寄せの法則・潜在意識で現実は変わる

みなさんもきっと、以前の自分に比べたら変わっていると思うんです。

愚痴を言っている人をみて同調しなくなったとか、穏やかな気持ちでいられる時間が増えたとか、変わっているはずです。

だけど、これまでご紹介したように、大きな変化を求めすぎていると、小さな変化を感じにくくなります。

「こうなりたい!」という未来を思い描くのは大切だけれど、そこから今に戻って、今の感情を整えていくこと。

今、心地よくしてあげる、今、自分が幸せになる思考を選んであげる。

この積み重ねで、現実が変わっていくんですね。

男性は女性の口元に目がいく…
歯医者のホワイトニング

スターホワイトニング
ABOUT ME
イトイハナ
イトイハナ
【愛されオンナ研究家】男性心理を中心に心理学や引き寄せの法則を学び思考を変え、追いかける恋愛から大好きな人に愛される恋愛が叶う。その経験などを元に”スルッと愛される女になる!” をテーマに恋愛ブログを執筆中。パートナーと暮らしながら、愛される女性について研究しています。→プロフィール