引き寄せ・潜在意識

恋愛はどうにかしようとしない方がうまくいく

恋愛はどうにかしようとしない方がうまくいく

私は必死になって、どうにかしようとして頑張っていた頃、恋愛はちっともうまくはいきませんでした。

「相手に好きになってもらいたい!」

ばかりに必要以上にLINEをして、可愛いと思われたくて自分をアピールして、そうやってがむしゃらになって、うまくいかないと勝手に不安になって感情が爆発する。

なんとか好きな彼とつながっていたくて、恋愛本を読みこんで、あの手この手で彼を振り向かせようとした結果、音信不通。

そんな時に「それでも諦めたくない!」と、引き寄せの法則や潜在意識、脳のことを勉強しました。

そして、もうどうにかしようとするのをやめて、「彼でも彼じゃなくても私が幸せになるならいっか」といい意味で諦めることができてから、うまくいったんです。

恋愛は、どうにかしようとしない方がうまくいきます。

恋愛だけにかぎらず「どうにかしたい」と思うときは、体に力がはいって緊張状態になるから、うまくいかない。

リラックスしているときに、うまくいくものだから。

どうにかしたい=相手をコントロールしたい

そもそものところで、「好きになって!」と言われて、好きになりますか?

好きにならないですよね。

自分がなんとも思っていない男性からは、放っておいても連絡がきたりお誘いがくることがある。

「好きになって」なんて態度を微塵も見せていないのに、勝手に好かれたりする一方で、「好きになって」と頑張る相手には好かれない。

そういうことなんです。

「どうにかしたい」という思いからは、相手をコントロールしようとする波動がビシビシと出ています。

そして、その「コントロールしたい」という波動を感じ取った相手は、逃げます、距離をとります。

それが、音信不通。

お店でも店員さんが近づいてきたときに「買わせようとしているな!」と感じると、逃げたくなるときあるでしょう?

それと同じ。

放っておいてくれて、こちらが商品について聞きたいときには答えてくれて、「あ、この商品はいい商品なんだ〜」と思ったら、買いたくなる。

しかし、この店員さんに質問したら「買って」アピールすごそうだなとか、強制的になんだか買わなきゃいけなくなるなーと思うと、そもそも質問だってしたくならない。

結局、その商品が魅力的だったら、「買って!」なんて言われなくても買うんです。

心理的リアクタンスという言葉を聞いたことがありますか?

簡単にいうと、人は「強制」を嫌う、というもの。

「やれ、やれ」と言われるとやりたくなくなることで、たとえば「掃除して!」と言われると、掃除をしようと思っていたのに、したくなくなることですね。

人の心にある天邪鬼な一面であり、コントロールされることを嫌う心理のことです。

だから、「好きになってもらいたい」「どうにかしたい」という気持ちから行動していると、相手の男性は、あなたから距離をとりたくなってしまうんですね。

「どうにかしたい」は思い通りにならない現実を引き寄せる

さて、脳は自分が見たいものを見る性質があります。

当たり前ですよね、自分の視界に入っているものすべてを処理していたら、脳はパンクしてしまいます。

だから、脳は自分が見たいものだけを拾うようにできていて、見たいものというのは、自分が意識しているものです。

つまり、

「私ってモテるんだよね〜♡」と思っている人は、私はモテるという現実が目の前に繰り広げられていくし、

「私はモテない」と思っている人は、私はモテないという現実が目の前に繰り広げられていきます。

そして、

好きな人に「好かれたい」とか「どうにかしたい」と思っているということは、「好かれていない」「思い通りになっていない」現実に意識を向けていることになります。

つまり、

どうにかしたい=思い通りにならない現実を見せて!

と言っているようなもの。

だから、必死になって恋愛をどうにかしようとしても、どうにもなっていない現実に意識が向いているので、脳は、その「どうにもなっていない」現実を、ずーっと見せてくれるんですね。

どうにかしようとするより自分を磨く

恋愛では「どうにかしよう」とするよりも、好きな彼が思わず惹かれてしまう、会いたくなってしまう、恋したくなってしまう自分になるほうが、断然うまくいきます。

コントロールできるのって、自分だけなんです。

「好きになってもらいたい」とコントロールしようとすると、どうしても不足や焦りの波動が出てしまい、うまくいくものもうまくいかなくなってしまう。

どうにかしたい=不足と焦り

が根っこにあるから、結果的に「不足」「ない」を引き寄せるので、やっぱりうまくいはいかない。

コントロールできないことに悩む時間を使うのは、本当にもったいないこと!

恋愛上手な女性と恋愛ベタさんの違いのひとつに、恋愛ベタさんは「どうにもならないこと」で延々と悩みつづけることがあります。

これでは、あなたの波動がずーっと「不足」「ない」に停滞しているままで、恋愛はなんにも動かない。

だから、相手との関係を「どうにかしたい」と頑張るのではなく、唯一コントロールできる自分に意識をむけて、自分の魅力を磨いてくことのほうが、恋愛は進んでいくものなんです。

自分のことを大切にして、自分を幸せにしてあげて、ご機嫌に過ごしていると、気づいたら好きな彼にかぎらず、そんなあなたに男性は恋に落ちたりするもの。

本来、「あの子を誘いたいなぁ、どうやって誘おうかな、どうやったら振り向いてくれるかなぁ」と頑張るのは男性の役目。

男性は自分の思い通りになる女性より、ちょっとぐらい思い通りにならない女性のほうに魅力を感じます。

なんでも「はい!」と言うことを聞く従順な女性より、わがまま(限度があります!)な女性のほうが気になります。

だから、「どうにかしたい」と恋愛を頑張るのではなく、「どうしたって私は幸せな恋愛ができる♡」と意識の矛先を変え、自分ひとりで勝手に幸せそうになる。

いつでも変えられるのは自分だけ。

自分の意識の矛先が変われば、恋愛も、見えている世界も変わっていくんですね。

Twitterしてます。フォローや「いいね」本当にありがとうございます♡

ABOUT ME
イトイハナ
イトイハナ
【愛されオンナ研究家】男性心理を中心に心理学や引き寄せの法則を学び思考を変え、追いかける恋愛から大好きな人に愛される恋愛が叶う。その経験などを元に”スルッと愛される女になる!” をテーマに恋愛ブログを執筆中。パートナーと暮らしながら、愛される女性について研究しています。→プロフィール
関連記事