愛されオンナ磨き

男性が弱音を吐いた時はどうする?

男性が弱音を吐いた時はどうする?

あまり弱音を吐くことがない男性が弱音を吐いた時。とくに相手が好きな男性や恋人だった場合、なんて言ってあげたらいいのだろう。ってことさら、悩んでしまうことがあります。信頼して弱音を吐いてくれたのに、彼の期待にそえない返事はしたくないし、余計なことを言って「弱音を吐くんじゃなかった・・・」とガッカリさせてしまったら・・・なんて考えてしまいますよね。では、男性が弱音を吐いたときは、どうしたらいいのでしょうか?

スポンサードリンク

男性は好きな女性に対して、かっこつけたいし、かっこよくいたい。

だから、好きな女性に対して、最初から弱音を吐く、なんてことはありません。

そうすると、好きな男性が自分に弱音を吐いたばあい、恋愛対象として見てくれていないのかなぁ・・・と早合点してしまいそうですが、もちろん、そんなことはありません。

そもそも、

「男性が弱音を吐ける女性は、どうゆう女性か?」

その答えはふたつあると思っていて

ひとつは、

かっこつけなくてもいい女性。

とりあえず、その男性にとって、今の時点では恋愛の対象としては見ていないので、気軽に弱音が吐けてしまう、ということ。

そしてもうひとつは、

弱音を吐いても、受け入れてくれそうな女性である、ということ。

つまり、男性は受け入れてほしくて弱音を吐くのだなぁ、というのが私のこれまでの経験で感じたことです。

おつきあいしている、していないに関わらず、”受け入れてくれそう”というのは、その男性にとって、かなり居心地のよさを感じている証拠です♡

ところで、2018年のフジテレビ系の秋ドラマ『黄昏流星群』の第一話をご覧になりましたか?

佐々木蔵之介さん演じる滝沢完治が、黒木瞳さん演じる目黒栞に弱音を吐いたとき、ダメな自分を吐露したとき、

黒木瞳さん演じる目黒栞は、ただ、ひと言、

「そうですか」

と優しい口調で言いました。

文字にすると、冷たい印象になってしまいますが・・・

男性が弱音を吐いた時は、これが正解!

と、ドラマを観ていて思いました。

男性は女性にアドバイスなんて求めていないし、励ましも求めていない。

ただ、ただ、受け入れて、ダメな自分も肯定してほしい。

それだけなんです。

で、黒木瞳さん演じる目黒栞は、

「そうですか」

と言ったあと、少し時間をおいて、

「外に出ましょう!」

と、笑顔で明るく言い、

佐々木蔵之介さん演じる滝沢完治も、
パーっと晴れやかな笑顔になったのでした。

(何とは無しにドラマを観ていたので、若干あやふやですが、こんな感じだったと思います)

心の荷物をおろせたのでしょうね。

よく、男性が弱音を吐いた場合は、

「あなたなら、大丈夫!」
と言うのが正解!

なんて言われたりもしますが、これは言っていい場合と、そうでない場合があるなぁと感じています。

「大丈夫!」と言ってほしくて弱音を吐いているのか

弱い自分を受け入れてほしくて弱音を吐いているのか

これは、相手の男性のことをどれだけ理解しているか、とか、ニュアンスで判断するしかありません。

どちらにしても、一旦、

「そうなんだぁ」
と受け入れてあげる。

そして、「大丈夫!」は、直接言葉にせずとも伝えることができます。

さきほどの『黄昏流星群』では、

「外に出ましょう!」
と、笑顔で明るく言ったことに

「大丈夫!」が含まれているのだなぁと、
わたしは感じました。

弱い自分、ダメな自分を受け入れてくれる女性は、男性にとって特別です。

男性が弱音を吐いたときは、どうぞ受け入れてあげてくださいね♡

↓↓恋愛ブログの人気ランキング♡↓↓
にほんブログ村 恋愛ブログへ

スポンサードリンク