愛される女になる

男性は女性に優しくしたい!優しくさせてくれる女性が好き

男性は女性に優しくしたい

男性って、女性に優しくしたいと思っているし、優しくさせてくれる女性が好きです。

「女性に優しい俺、かっこいい!」
「女性に優しい俺、めっちゃ男らしい!」

から。

女性が女でいられる男性が好きなように、男性も男でいさせてくれる女性が好きです。

そして、女性に優しくして、相手の女性がそれを受け取ってくれると、男性は心が満たされます。

だけど、大好きな彼が私に全然優しくしてくれない!というのなら、それは、彼があなたに優しくしたいと思わなくなってしまったから。

男性が優しくしたいと思う女性は、優しさに気づいて、それを受け取ってくれる女性です。

あなたはもしかしたら、彼の小さな優しさを受け取らずに、要求だけが増えていったのかもしれませんし、不満ばかりを言うようになったのかもしれません。

男性は「俺をコントロールしようとしている」女性に、優しくしたいとは思わないのです。

たとえば、彼からLINEをしてくれるけど、全然お誘いがなかったとしましょう。

2往復、3往復とLINEのやり取りを繰り返すなかで「今日もやっぱりお誘いがない」と落胆し、不満に思ったあなたは、ついに、そっけなく返信してしまいます。

そうすると、彼にしてみれば「俺がLINEをしても彼女は嬉しくないんだな、もしかしたら迷惑なのかもしれない」と、とんだ勘違いをする可能性が大きいのです。

そして、お誘いがないどころか、LINEさえくれなくなる、なんてことはありえることです。

「むかしは俺からのLINEを喜んでくれたのに!」と、彼はあなたに会えない分、あなたにLINEをしたのかもしれません。

男性は女性が喜んでくれたことを覚えて、ちゃんと学習してくれるんです。

優しいでしょう?

またLINEで「風邪大丈夫?」と彼が心配してくれたのに、「えっ?それだけ?お見舞いに来たりしないの?」なんて不満に思ってしまい、ついそっけなく「大丈夫!」とか、既読スルーしようものなら、やっぱり彼は「迷惑なんだな」と受け取ります。

男性の優しさは、あなたが優しさを見つけようとしないと、そのうち見えなくなってしまいます。

「彼は私にとっても優しい♡」と思っていないと、うっかり見逃してしまうのです。

それこそ、彼にたいして「あれしくてくれない、これしてくれない」と不満ばかりを募らせていたら、

彼がしてくれることから、「優しさ」ではなく「不満」だけを拾うようになってしまいます。

だからもし、好きな彼が「私に全然優しくない」と思うのなら、彼のすることから優しさを見つけてみてほしいのです。

彼がくれるLINEひとつにも、優しさを見つけようとしてみてください。

あなたが「彼って優しい♡」思って見つめつづけていると、どんどん優しくなっていくから。

あなたが「彼ってこんな人!」と思って見つめていると、そんな彼になっていくんです。

そして、彼があなたに優しくすればするほど、あなたのことが愛おしくなっていく。

なのに、恋愛下手さんはこれと全く真逆のことをして、彼をコントロールしようとしてしまうんですね。

愛されスパイラルではなく、愛されないスパイラルを自ら巻き起こしてしまっているんです。

彼がしてくれないことに「不満」を募らせるのではなく、彼がしてくれることに「感謝」をするのは、愛される女性の基本です!

だったら不満はどうしたらいいのさ!と言いたいところだと思いますが、

自分で自分を満たすことができないから、「あーしてほしい、こうしてほしい」と彼に満たしてもらおうとしてしまう、ということがひとつと、

やっぱり、不満をそのまんま伝えるのではなくて、不満の裏にある、やってほしいことを可愛く伝えればいいんですね。

誘ってほしいのなら「誘って♡」って可愛く言ってしまえばいい。

彼の事情があって誘ってくれないかもしれないけれど、不満をそのまんま伝えたところで、ますます愛されないスパイラルが止まらないでしょう。

あなたも母親に「いっつもぐうたらして、何もしないで!暇ならトイレ掃除ぐらいしてよ!」と不満を言われるより、「時間あったらトイレ掃除しておいてくれると助かるな♡」と、してほしいことを言われるほうがやりたくなるでしょう?

そして、掃除したあと、「掃除してくれたんだ、ありがとう♡」と言われたら、また掃除しようかなって思うでしょう?

男性は女性に優しくしたいと思っているし、優しさを発揮できる女性を愛したい!

あなたの大好きな彼に、たくさん優しくしてもらってくださいね。

私も利用してます♡OZmallが厳選したエステサロンで綺麗になろう。

イトイハナのお気に入り
イトイハナのお気に入り

美容系や雑貨、ファッションなど、私のお気に入りアイテムをたまに更新していきます。お時間があれば、ぜひのぞいてみてくださいね。

イトイハナのお気に入り